また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1443094 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

GW残雪の八ヶ岳(赤岳)

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月29日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR茅野駅からバスで美濃戸口へ。料金往復1550円。
茅野駅への最終は16時20分でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間40分
休憩
2分
合計
2時間42分
S美濃戸口11:1811:59やまのこ村12:0112:03赤岳山荘12:0412:09美濃戸山荘12:0913:03堰堤広場13:0414:01赤岳鉱泉
2日目
山行
6時間17分
休憩
2時間30分
合計
8時間47分
赤岳鉱泉07:1607:52行者小屋07:5808:12阿弥陀岳分岐08:1309:20文三郎尾根分岐09:3109:48赤岳09:4909:50竜頭峰09:5209:53赤岳10:1710:22赤岳頂上山荘10:2910:35赤岳10:4110:42竜頭峰10:4310:43赤岳10:4710:49竜頭峰10:5010:52赤岳10:5511:20文三郎尾根分岐11:2312:08阿弥陀岳分岐12:0812:16行者小屋12:2312:51赤岳鉱泉14:0114:42堰堤広場14:4315:17美濃戸山荘15:2015:23赤岳山荘15:2615:28やまのこ村15:2816:03八ヶ岳山荘16:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳鉱泉まではチェーンアイゼンとストック、行者小屋までは10本爪アイゼン、さらに文三郎尾根はピッケルが必要です。尾根に上がってから山頂までは岩場なので、露出した岩を選んで行けばアイゼン無しで大丈夫です。
その他周辺情報JR茅野駅からタクシー利用でアクアランド茅野利用。
タクシー900円、温泉600円。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

北沢に向かいます。
2018年04月28日 12:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢に向かいます。
林道脇の苔が綺麗。
2018年04月28日 12:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の苔が綺麗。
赤岳鉱泉到着。
2018年04月28日 14:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着。
明日登る赤岳がくっきり見えます。
2018年04月28日 15:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登る赤岳がくっきり見えます。
1
夕飯は名物のステーキ。ボリュームもあり満足!
2018年04月28日 18:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯は名物のステーキ。ボリュームもあり満足!
2
行者小屋。まだ営業してません。
2018年04月29日 07:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋。まだ営業してません。
1
赤岳。あそこに登るのだ!
2018年04月29日 07:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳。あそこに登るのだ!
行者小屋の広場の残雪。バックは横岳。
2018年04月29日 07:57撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋の広場の残雪。バックは横岳。
文三郎尾根の急登。アイゼン、ピッケル大事!
2018年04月29日 08:28撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の急登。アイゼン、ピッケル大事!
1
急登が続きます。階段は埋まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続きます。階段は埋まっています。
3
中岳と阿弥陀岳。
2018年04月29日 08:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳。
3
行者小屋があんなに小さく。
2018年04月29日 08:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋があんなに小さく。
稜線に出るトラバース。ここでコケたら下まで行ってしまうような箇所があるので慎重に歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出るトラバース。ここでコケたら下まで行ってしまうような箇所があるので慎重に歩きます。
1
富士山!
2018年04月29日 10:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山!
3
山頂から横岳、硫黄岳方面。
2018年04月29日 10:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から横岳、硫黄岳方面。
3
山頂の祠。
2018年04月29日 10:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠。
5
帰りも文三郎尾根。気をつけて慎重に慎重に降ります。
2018年04月29日 11:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも文三郎尾根。気をつけて慎重に慎重に降ります。
撮影機材:

感想/記録

残雪の八ヶ岳、赤岳に。
美濃戸口からは林道歩きが続き、完全に夏道なので雪なんてあるのかな?と思いますが、赤岳鉱泉に近づくにつれて雪が出てきます。

赤岳鉱泉ではお風呂に入れました!
夕飯はステーキで大満足。

赤岳鉱泉から行者小屋までは10本爪以上のアイゼンが必要です。朝は雪が凍結して締まって歩きやすいですが、一歩踏み跡を外すとガボッと踏み抜きますので注意が必要。

稜線へは文三郎尾根か地蔵尾根か迷いましたが夏に登ったことのある文三郎尾根を選択。階段はほとんど雪に埋まっていてピッケルがとても役立ちました。稜線に上がってからは基本岩場なのでアイゼン無しでも大丈夫です。

山頂からは360度の展望で北、中央、南アルプス、富士山が全部見渡せて最高の景色でした。

帰りも文三郎尾根を下りました。気温が上がって雪がだいぶ緩くなってましたが慎重に下れば大丈夫でした。アイゼンピッケルがある分、夏道の滑りやすい急降よりむしろ怖くなかったかも。

帰りも踏み抜きに注意しながら美濃戸口まで戻りました。がっつり登山を楽しみました。
訪問者数:1925人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ