また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1444986 全員に公開 雪山ハイキング槍・穂高・乗鞍

今年は、奥穂高

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月29日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
松本駅までは、ムーンライト信州、松本駅からは松本電鉄で新島々まで。その後バスで上高地。。帰りは、バスで新島々まで、その後、松本電鉄で松本駅に。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間18分
休憩
2時間26分
合計
7時間44分
S上高地BS06:5007:00河童橋07:07無料トイレ07:48明神館09:0008:46徳沢園09:0010:00横尾山荘10:3011:38本谷橋12:0814:20涸沢ヒュッテ
2日目
山行
8時間32分
休憩
3時間20分
合計
11時間52分
涸沢ヒュッテ04:0806:08穂高岳山荘06:2007:08奥穂高岳07:1407:59穂高岳山荘08:1408:47涸沢ヒュッテ10:3011:30本谷橋11:4512:36横尾山荘12:4513:39徳沢園13:5914:46明神館15:0616:00上高地BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
穂高山荘から奥穂高岳までは気が抜けません。
その他周辺情報松本駅の立ち食い蕎麦の長野産蕎麦粉を使ったもり蕎麦は旨いです。580円。隣の売店で大雪渓を買って飲めば最高です。。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ストック シェラフ テント シェラフカバー

写真

一年ぶりの上高地。快晴です。
2018年04月28日 06:59撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年ぶりの上高地。快晴です。
アイスクリームはお預けです。
2018年04月28日 08:47撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスクリームはお預けです。
横尾山荘で少し休憩。
2018年04月28日 10:01撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘で少し休憩。
いきなり涸沢ヒュッテ。
2018年04月28日 16:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり涸沢ヒュッテ。
奥穂高岳山頂より槍さまです。
2018年04月29日 07:09撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂より槍さまです。
1
奥穂高岳山頂より。
2018年04月29日 08:04撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂より。
2
絶景と北アルプスブルー。
2018年04月29日 10:26撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景と北アルプスブルー。
1

感想/記録

去年は涸沢ヒュッテから北穂高岳に、今年は奥穂高岳。早々に信州ライナーを予約。あとは天候次第。当日は夜中に信州ライナーに。明け方松本前に。良く眠れました。松本からは松本電鉄とバスで上高地へ。一年ぶりです。天気は朝から北アルプスブルー。太陽がまぶしいです。去年はザックが肩に食い込んで瀕死の状態で涸沢ヒュッテに到着しましたが、今年は何とか去年の悪夢を絶ちきるため荷物を厳選し、約19キロに。結果は明神館までは去年より酷く、横尾山荘でテン泊を考えましたが、明神館からは楽になり、順調に横尾山荘に到着。ここで少し休憩、本谷橋に向かいます。本谷橋でお昼を取りました。ここからが長い道のりになります。涸沢ヒュッテが見えても近くて長い道のり。ヘロヘロで到着。早速、テントを張り、一段落。あとは晩飯とお酒で満足、19時前には寝ました。翌朝は4時8分出発。2時間後に穂高岳山荘到着。奥穂高岳には7時8分。3190mの山頂からは絶景でした。これがあるから山ハイは止められませんですね。今年も感動のハイク、ありがとう。でも穂高山荘から奥穂高岳までは核心部が2ヶ所有りました。気を引き締めて登らないと滑落もあります。まだまだ雪山は冬山でした。
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ