また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1445083 全員に公開 トレイルラン関東

UTMF 2018

日程 2018年04月27日(金) 〜 2018年04月30日(月)
メンバー
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間10分
休憩
20分
合計
12時間30分
Sスタート地点15:0016:20五辻17:20富士宮AS17:20林道終点22:30麓AS22:5023:50上佐野分岐23:50天狗岳23:50A沢 貯水池23:50端足峠00:30竜ヶ岳01:10湖畔登山口・石仏分岐点02:10中之倉峠04:10宿泊地
2日目
山行
13時間9分
休憩
0分
合計
13時間9分
鳴沢氷穴06:0006:00宿泊地09:00段和山11:00富士吉田口 河口湖IC11:20富士ビジターセンター16:01平尾山16:20石割山16:30石割の湯19:00鉄砲木ノ頭(明神山)19:09宿泊地
3日目
山行
6時間51分
休憩
0分
合計
6時間51分
富士岬平(パラジマノ頭)20:3020:30宿泊地01:20大棚ノ頭巻道分岐02:50大棚ノ頭(山神峰)03:50日向峰04:50産屋ヶ崎08:11ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

スタートの富士山こどもの国。あいにくの曇り空だが、富士山はくっきり!
2018年04月27日 11:40撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートの富士山こどもの国。あいにくの曇り空だが、富士山はくっきり!
1
熱気ムンムンのスタート直前!
2018年04月27日 14:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱気ムンムンのスタート直前!
1
ついにスタート!
2018年04月27日 14:57撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにスタート!
1
UTMF名物(?)、鉄塔下のトレイルでの渋滞。
2018年04月27日 16:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
UTMF名物(?)、鉄塔下のトレイルでの渋滞。
1
最初の山場、天子山地への登山口。
2018年04月27日 17:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の山場、天子山地への登山口。
長かった天子山地も熊森山で一気に下山。
2018年04月27日 20:39撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった天子山地も熊森山で一気に下山。
熊森山を下りたところで、マーシャルとして大会を支えていた前職の同僚、田村さんと鉢合わせ!
2018年04月27日 20:58撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊森山を下りたところで、マーシャルとして大会を支えていた前職の同僚、田村さんと鉢合わせ!
2
遠かった麓エイド。
2018年04月27日 22:17撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠かった麓エイド。
龍ヶ岳を目指す。
2018年04月28日 00:19撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍ヶ岳を目指す。
77卉賄世寮鎖文侈噂病AS。ここから失速が始まった・・・
2018年04月28日 04:33撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
77卉賄世寮鎖文侈噂病AS。ここから失速が始まった・・・
ペースダウンするなか、何とか足和田山到着。
2018年04月28日 06:57撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペースダウンするなか、何とか足和田山到着。
1
足和田山からの富士山。
2018年04月28日 06:58撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足和田山からの富士山。
1
大平山からの富士山。
2018年04月28日 15:49撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山からの富士山。
1
中山湖ASで応援に来た親戚一同。
2018年04月28日 18:04撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山湖ASで応援に来た親戚一同。
1
夕暮れの山中湖と富士山。
2018年04月28日 18:29撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの山中湖と富士山。
1
登りが非常にきつかった杓子山。
2018年04月29日 01:36撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りが非常にきつかった杓子山。
1
最後のエイド富士吉田。
2018年04月29日 05:25撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のエイド富士吉田。
1
最後の霜山への取り付き。
2018年04月29日 05:54撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の霜山への取り付き。
霜山から絶景富士山。
2018年04月29日 07:18撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜山から絶景富士山。
1
河口湖へ戻ってきた!
2018年04月29日 07:50撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河口湖へ戻ってきた!
2
長かった旅がようやくゴール!
2018年04月29日 08:16撮影 by TG-625 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長かった旅がようやくゴール!
2

感想/記録

3年連続で抽選に落ち続け、4年目にしてようやく出場の切符をつかんだUTMF (ウルトラトレイル・マウントフジ)を走って来た。

今回はコースが富士山一周ではなく、3/4周してから河口湖へ折り返すという初めてのパターン。

4/27 奈良の自宅を6時に出発。満員電車に揺られ、電車を乗り継ぎながら10:00にJR新富士駅に到着。今回、サポートしてくれる母親と合流してレンタカーでスタート地点の富士山こどもの国へ向かった。

会場に到着すると、空は一面雲に覆われていたが、目の前に富士山の雄姿がそびえて、その存在感のの大きさに感動する。

受付とギアチェックをすませ、12:00にスタートしたSTYの選手を見送ってから、スタートまでの時間をのんびりと過ごす。が、風が冷たく、思いのほか肌寒かった。

スタート直前、鏑木毅実行院長の挨拶でセレモニーが始まり、スタート前の緊張が一気に高まった。会場を埋める多くの選手の熱気もひしひしと伝わり、興奮は最高潮に。

そして15:00、号砲とともに1400人のランナーが一気にスタートした!

今回は自分にとって3回目となる100マイルレース。完走のみを目的とせず、自分にとっての好タイムを目指すことにした。目標タイムはずばり35時間以内。

スタートから最初の山場である天子山地までは標高900mから500mまで30kmかけて緩やかに下るルート。下り基調であるため、スピードに乗って走り抜けた。

予定通り、天子山地の登山口まで3時間30分ほどで到着。ここから本格的な山岳エリアにはいる。最初のピークである長者ヶ岳までは標高差800mを一気に登る。急こう配の坂道に、さすがに息も上がった。

この辺りから、3時間前に出発したSTYの後続の選手に追い付くようになった。「もう、追い付いたの?」と、少々ビックリした。

その後もSTYの選手を抜き、無数のピークを越えて天子山地最後の熊森山に到着。山頂には疲れて休んでいる選手が大勢いたが、休むことなく一気に山を下っていった。

トレイルから舗装された林道に出たところでマーシャルに遭遇。なんと、その中にかつての職場の同僚だった田村さんに遭遇してビックリ!思わず写真を撮ってしまった。

田村さんに見送られて麓ASを目指す。

熊森山を下りたらすぐにつくかと思いきや、意外に遠くでゲンナリ。さらに一緒に出場していた会社の秋田さんにも抜かれ、ハイドレの水もなくなり、山から下りてきたのにかなり辛くなってきた。が、何とか麓ASに到着。最初の山場である天子山地を抜けた疲労も手伝って、20分ほどゆっくりした。

麓エイドを出発してからは本栖湖ASを経て、ドロップバックの受け取れる77劼任△訐鎖文侈噂病ASに到着した。スタートから13時間が経過していた。予定では15時間ほどかかると思っていたが、予想よりは早めに到着することが出来た。

ここから先も順調に進めるかと思ったが、胃腸の調子がおかしくなった。好きなコーラを飲もうとすると、気持ちわるくなり吐き気を感じるように。更に行動食のジェルも口にしようとすると、同じように気持ち悪くなってしまった。

食べたいものが食べられず、飲みたいものも飲めない。ここから予定は大きく狂いだし、ペースが落ちてしまった。

紅葉台、足和田山を過ぎて勝山ASに出発から17時間経過した08:00過ぎに到着。エイドに来ていた母親に薦められマッサージと1時間程の仮眠を取って出発した。

勝山ASから忍野ASまでの19劼蓮△修里曚箸鵑匹市街地を走るロード区間だった。かたいアスファルトが足にこたえ、練習中に痛めた右の踵とひだりのくるぶしの痛みが再発しだしてしまった。

コンディションは悪くなり、歩く時間が圧倒的に増えてしまった。

忍野AS手前の山越えの間、リタイヤすることだけ考えていた。「忍野についたらリタイヤしよう・・・」

スタートから23時間後、112卉賄世稜μASに到着。リタイヤした選手の回収バスが目の前に停まっており、「これに乗ればゴールへ行ける!」と、誘惑にかられた。

結局、ここで30分ほど休憩しながらもリタイヤせずに先へ進むことを目指した。

忍野をスタートして大平山、石割山と険しい山山を乗り越え、スタートから27時間で山中湖到着。日中はあれだけ暑かったのに、この辺りから急に寒くなってきた。

ここでも30分ほど滞在してゆっくり補給を行った。

山中湖ASを出発すると、辺りは暗くなり始め、レースはついに二晩目に突入。二十曲峠ASまでは13劼世辰燭、山を3つ超える非常に厳しいエリアになった。
とくに石割山には中々たどり着けず、頭が爆発しそうなくらいイライラが募ってしまった。

スタートから31時間でようやく二十曲ASに到着。標高が1000m以上あるこの場所は気温が低く、持っている服を全部着込んでも寒さが堪えた。エイドにあるストーブの前には大勢の選手が集まって暖を取っていた。

二十曲ASを出発して最後のエイドである富士吉田を目指す。途中の杓子山はトレイルランのコースというよりロッククライミングのルートでは?と勘違いするくらい険しい登りパートだった。寒さと眠気て体はフラフラ。途中、何度も腰を下ろして休んでしまった。

出発から37時間で最後のエイドに到着。あまりの寒さと眠気で仮眠室へもぐりこんだ。身体を横たえるとすぐに眠ることができ、30分くらいであったが幾分すっきりした。

仮眠室のテントを出ると周りはすっかり明るくなっていた。吉田うどんを食べてからエイドを出発。ゴールの河口湖を目指す。

最後の山である霜山までは標高差800Mの登り。だが、富士吉田でしっかり休めたのが功を奏したのか調子よく登っていった。

峠では誘導のスタッフによりゴールまであと7劼塙陲欧蕕譽薀好肇好僉璽函2爾蟶笋魄豕い砲け下った。

そしてスタートから41時間後、ついにゴールテープを切ることが出来たのだった。
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/3
投稿数: 1
2018/5/1 7:59
 はじめまして♪
UTMFお疲れ様でした(^^)/今年は天候に恵まれてよかったですね♪
登録日: 2014/10/29
投稿数: 4
2018/5/1 19:23
 Re: はじめまして♪
Funky さん、ありがとうございます❗ 今年はロードパートが多く、大変でした。しかも昼間と夜の気温差もあってシンドカッタ😢 
登録日: 2014/1/3
投稿数: 1
2018/5/3 21:21
 Re[2]: はじめまして♪
厳しい気象条件の中、UTMF完走すごいですね❗フォローさせていただきます🎵
登録日: 2014/10/29
投稿数: 4
2018/5/5 9:22
 Re[3]: はじめまして♪
funkyさん ありがとうございます。走っている間は辛すぎて「二度と出るもんか!」と思いましたが、来年はもっといいタイムで完走しようと既に思っていますww また1年、色々とトレーニングを積んで頑張ります!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ