また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1445254 全員に公開 トレイルラン支笏・洞爺

礼文華から小幌駅

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
5分
合計
4時間19分
Sスタート地点08:2410:55小幌駅11:0012:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 着替え ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

感想/記録

礼文華山道(れぶんげさんどう)は、地形図には記載されていません。地形図に破線で記されているのは、1966年まで使われていた道で、現在の国道37号線の旧旧道にあたります。森林公園から山道への行き方は2通りあります。1つ目は森林公園入り口から道路を400mほど戻ったところにある礼文華山道入り口の看板から。2つ目は森林公園のバンガロー脇から。2つ目は案内看板は今はなく、丸太の階段があるが朽ちて脆くなっています。トレイルも整備されていなく、薄いが藪漕ぎが必要な場面もありました。今回は往路は1つ目から、復路は2つ目を利用しました。旧旧道を進むと、「礼文華山道古道への近道」と書いた看板があるのですが、木材の伐採で出来た作業道のようなトレイルが縦横無尽に走っています。尾根の上に上がれば山道があるので、好きなように登ります。山道は尾根伝いに続くのですが、所々途切れていて旧旧道を走ることになります。山道との交差には、看板があります。山道はボランティアの方が整備しているとネットで見たのですが、傾斜の急なところにはロープや丸太の階段が整備されていました。地形図では礼文華トンネルの上を通過した辺りで旧旧道の破線が途絶えるのですが、実際には道は続きます。落石があるので注意は必要です。
小幌駅周辺ですが、案内看板通りに進むと礼文華トンネルの脇から岩屋観音を経由して小幌駅へ向かう事になります。看板はありませんが、山側ホームの裏手から沢伝いに礼文華トンネル脇まで通じるトレイルがあります。整備されているので、走ることに心配はありません。
訪問者数:100人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ 近道 落石 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ