また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1446854 全員に公開 山滑走鳥海山

鳥海山 千蛇谷スキー 20180429

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月29日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴(稜線は強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
各地で雪が少ないとの話でしたが、鳥海山は例年より多い印象でした。なので雪が少ないときは山頂直下等の急登が応えますが、今年は非常に傾斜が緩やかで楽な登りでした。午前七時には祓川登山口の一番上の駐車場は満杯。数年前はGWなんかでもあんまり混雑してなかったのに、最近は来る人が増えてますね。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ スキー板 シール ゾンデ スコップ

写真

6:45 すでに駐車場は満杯。何とか停められました。Tくんありがとう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:45 すでに駐車場は満杯。何とか停められました。Tくんありがとう。
雪はここ数年で一番多いかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はここ数年で一番多いかも
今年はちょっと茶っぽいですが、やっぱり綺麗ですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はちょっと茶っぽいですが、やっぱり綺麗ですね〜
6:50 元気に出発です。シールを忘れて背負う者一名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:50 元気に出発です。シールを忘れて背負う者一名。
今年はまだクラックも少ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はまだクラックも少ないです。
今回は時折吹く強風のおかげで、下部は暑すぎず快適に登れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は時折吹く強風のおかげで、下部は暑すぎず快適に登れました。
だいたい30分経過。祓川の山荘が小さくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい30分経過。祓川の山荘が小さくなってきました。
板背負って頑張ります。
昔はシールなんて持ってなかったから、どこの山も背負って登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板背負って頑張ります。
昔はシールなんて持ってなかったから、どこの山も背負って登りました。
七ツ釜も雪で埋まっています。
それでも直登はせず、左中央部の藪の切れ目から隣の斜面に移りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ釜も雪で埋まっています。
それでも直登はせず、左中央部の藪の切れ目から隣の斜面に移りました。
8:00 七ツ釜避難小屋の真横あたりです。山頂が近くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:00 七ツ釜避難小屋の真横あたりです。山頂が近くなってきました。
8:25 このあたりから強風が烈風になって来ました。時折耐風姿勢をとりながら進みます。気を抜くと煽られてひっくり返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:25 このあたりから強風が烈風になって来ました。時折耐風姿勢をとりながら進みます。気を抜くと煽られてひっくり返ります。
氷のつぶてが顔に当たるとイタイ(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷のつぶてが顔に当たるとイタイ(>_<)
9:40 山頂まであとちょっと。たくさんの人が登っていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:40 山頂まであとちょっと。たくさんの人が登っていますね。
素敵なところを登ってきました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なところを登ってきました〜
10:30 山頂着 たいへん賑わっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:30 山頂着 たいへん賑わっています。
標柱が頭を出しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱が頭を出しています。
まだまだたくさん登ってきます。
雪の質、量ともに今年は登り安かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだたくさん登ってきます。
雪の質、量ともに今年は登り安かったです。
新山。今から行きますよ〜
そして奥の千蛇谷。滑走が楽しみです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山。今から行きますよ〜
そして奥の千蛇谷。滑走が楽しみです。
分かりにくいですが、スノーブリッジもしっかりあります。
ここを渡って新山に行きます。

稜線は爆風。立っていられないほどです。まっすぐ歩けません。体を低く斜めにして何とか歩けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりにくいですが、スノーブリッジもしっかりあります。
ここを渡って新山に行きます。

稜線は爆風。立っていられないほどです。まっすぐ歩けません。体を低く斜めにして何とか歩けます。
七高山には人いっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山には人いっぱい。
スノーブリッジ渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーブリッジ渡りました。
11:50 さて、お楽しみの滑走開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 さて、お楽しみの滑走開始。
神社の直下は真っ白いストップ雪と汚れたザラメが交互に出てきて、ちょっとばかり滑走に難儀しましたが、それも山の楽しみ。流れる景色は最高です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の直下は真っ白いストップ雪と汚れたザラメが交互に出てきて、ちょっとばかり滑走に難儀しましたが、それも山の楽しみ。流れる景色は最高です。
時間にして滑り出しから5分、標高差200mも下れば最高のザラメが待っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間にして滑り出しから5分、標高差200mも下れば最高のザラメが待っていました。
扇子森から千蛇谷を登ってくる方は少なめですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇子森から千蛇谷を登ってくる方は少なめですね。
12:05 あっという間に下りてしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:05 あっという間に下りてしまいます。
扇子森の下にはまだ、でかい雪庇がついてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇子森の下にはまだ、でかい雪庇がついてました。
12:20 最高の一杯ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20 最高の一杯ですね。
12:50 だいぶ山頂が遠くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:50 だいぶ山頂が遠くなってきた。
13:00 標高約1000m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:00 標高約1000m
山が眺められるのもこの辺まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山が眺められるのもこの辺まで。
13:20 905mピーク横を通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:20 905mピーク横を通ります。
13:40 標高約700m 雪解け水があちこちで湧いています。
滑れる雪も限界かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40 標高約700m 雪解け水があちこちで湧いています。
滑れる雪も限界かな。
14:00 歩行修行の始まり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 歩行修行の始まり。
10分で木道の端っこに出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分で木道の端っこに出ました。
14:55 赤川を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:55 赤川を渡ります。
15:05 中島台レクリエーションの森に帰ってきました。最高の一日でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:05 中島台レクリエーションの森に帰ってきました。最高の一日でした。
素敵な千蛇谷でした。
次は新山北面を狙いますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な千蛇谷でした。
次は新山北面を狙いますか。

感想/記録

千蛇谷滑走
毎年GWには祓川から鳥海山にお邪魔し、七高山から祓川への滑走を楽しんでいたが、今年は参加メンバーと天気に恵まれたため、前々から滑ってみたかった千蛇谷にトライしてみました。
距離も長く登山道も整備されているわけではないので、誰にでもおすすめできるルートでは全くありませんが、しっかりとした計画、技術と体力があるメンバーに恵まれ素敵な山行となりました。

登山前日に中島台に車1台をデポ。その後フォレスタ鳥海にお世話になります。移動時間は約一時間。冬季や工事のための通行止め情報を要確認。




訪問者数:578人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ