また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1456728 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 鬼石沢(沢登り講習)

日程 2018年05月06日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り(夕方から風強し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
◆マウントファーム登山学校(JMIA加盟)
 http://mt-farm.info/

◆鬼石沢(大滝沢本流)
  F1ともいえる雨棚(あまんたな 50m)はスルーし、東海自然歩道上にある
  一軒家避難小屋から右(北)に進み入渓する初級沢。
  F2−12mは右のザレから乾いた壁を登る。(掘次
  続くF3−20mは右の乾いた花崗岩を登ればフリクションはよい。
  残置ハーケン4カ所(1カ所緩い)で、落ち口上流の木までロープスケール
  25m。(卦蕁
  流芯左も登れる。残置2〜3。(掘棔
  または草生えた左壁も登れる。(掘棔
  高巻きはF2よりかなり下流部のアプローチで使う右岸作業径路を上がれば
  F3の上で沢に戻れる。
  中流部で名物「胎内潜りの岩小屋」(勝手に命名)。積み重なった大岩の中に
  入りボルダーチックに這い上がる。(掘棔
  それが面倒ならば大岩右のコーナーから巻ける。
  さらに進めば石積み堰堤上にせり出すように鎮座した大岩。これも名物。
  堰堤左コーナーを登る。
  時折現れるナメと砂岩の沢床、春に見られる苔庭園に心和む。
  上流部に現れるCS4m。テイクオフ地点に流木が立てかけられており
  これに乗って落ち口のガバに両手をマッチし、右足をコーナーに止めるか
  思い切ってヒールフックをロックさせ腰の回転で登れる。(検次
  詰めはこの界隈の沢では平穏に畦ケ丸南西のコルに上がれる。

  トポは『丹沢の谷200ルート』8山と溪谷社刊)P242〜243参照ください。

写真

昔、赤軍が爆弾を作っていたとされる一軒屋避難小屋
2018年05月06日 10:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔、赤軍が爆弾を作っていたとされる一軒屋避難小屋
2
鬼石沢へ進みます
2018年05月06日 10:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼石沢へ進みます
1
堰堤巻いて
2018年05月06日 10:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤巻いて
最初のナメ
2018年05月06日 10:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のナメ
突き当りで沢は北から西へ向きを変えます
読図しやすいポイント
2018年05月06日 10:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当りで沢は北から西へ向きを変えます
読図しやすいポイント
1
F2見えてきました
右側からは湧き水あり
2018年05月06日 10:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2見えてきました
右側からは湧き水あり
1
湧き水美味しい
2018年05月06日 10:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き水美味しい
1
講習なのでひとつのリスク管理方法としてムンターミュールによる固定を指導
2018年05月06日 10:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
講習なのでひとつのリスク管理方法としてムンターミュールによる固定を指導
3
すぐにF3−15m
2018年05月06日 10:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにF3−15m
1
ギッシーリード
2018年05月06日 11:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギッシーリード
ヌン掛けはしておいたよ
2018年05月06日 11:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌン掛けはしておいたよ
1
リップ越えて
2018年05月06日 11:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リップ越えて
1
この木でビレイポイント作る
2018年05月06日 11:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木でビレイポイント作る
1
Tさんさっさか登ってきます
2018年05月06日 11:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんさっさか登ってきます
1
あとでクイックドロー回収の仕方教えておきました
2018年05月06日 11:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとでクイックドロー回収の仕方教えておきました
1
水がきれい
2018年05月06日 11:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がきれい
平和な渓相
2018年05月06日 11:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和な渓相
釜も浅くきれい
2018年05月06日 12:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜も浅くきれい
胎内潜りの岩小屋
2018年05月06日 12:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内潜りの岩小屋
這い上がれー
2018年05月06日 12:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這い上がれー
1
名物のひとつ堰堤上の大岩
2018年05月06日 13:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物のひとつ堰堤上の大岩
1
この岩ボルダリングできそうよ
2018年05月06日 13:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩ボルダリングできそうよ
2
後半のちょっとした核心CS4m
2018年05月06日 13:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半のちょっとした核心CS4m
両手マッチして右足ヒールフックで突破♪
2018年05月06日 13:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両手マッチして右足ヒールフックで突破♪
2
Tさんも続く
2018年05月06日 13:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Tさんも続く
苔の階段が美しい
2018年05月06日 14:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の階段が美しい
1
ツツジも見頃
2018年05月06日 14:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジも見頃
1
右砂岩壁を崩さないように登る
2018年05月06日 14:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右砂岩壁を崩さないように登る
この界隈の沢では平和な詰め
2018年05月06日 14:09撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この界隈の沢では平和な詰め
登山道に出る
2018年05月06日 14:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に出る
ステタロー沢と鬼石沢中間尾根の取付きを探してね
2018年05月06日 14:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステタロー沢と鬼石沢中間尾根の取付きを探してね
1
ミツバツツジかな
2018年05月06日 14:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジかな
1
ここが中間尾根下降点
2018年05月06日 14:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが中間尾根下降点
1
もちろん要読図
2018年05月06日 14:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん要読図
1
一軒屋避難小屋上にある山神様に感謝の参拝
2018年05月06日 15:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋上にある山神様に感謝の参拝
2
お、かわいいワンちゃんだ
2018年05月06日 16:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、かわいいワンちゃんだ

感想/記録
by kamog

GW最終日。遠出した方々は渋滞などで大変だろうな。
こちらは鬼石沢で沢登り講習でした。
他にはマスキ嵐沢1PTのみで鬼石沢は貸切状態。
点在する滝登り、砂岩床の美しい水とナメ。
この沢の名物ともいえる胎内潜りの岩小屋と堰堤上に鎮座する大岩。
上流部のCS4mは新たなムーブ、ハイステップヒールフックで突破♪
沢登りだってクライミングムーブは必要なんだよぉ。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/1
投稿数: 215
2018/5/10 18:54
 この沢かもしれません。
kamogさん、こんにちわ。はじめまして。自分は40年ほど前の学生の時に2回沢登りをしました。

奥秩父の東沢からの甲武信岳(全くザイル不要)と丹沢の沢です。丹沢の沢の名前は覚えていません。最近、あの時に登った丹沢の沢は何処だったのか気になるようになりました。記憶にあることは、|安湖より少し北側で76号線の西側の沢 途中に1〜2個15mほどの滝があったこと N農近くで数mの内面登攀のようなことをしたこと の農は笹薮が酷く、ノ農から右(北)に笹薮を10分(?)程歩いたら頂上に出たこと δ詐紊ら一般道があって下山時に立派な滝があったことです。

偶然に本レコを発見しました。2009年4月5日以後、kamogさんは鬼石沢のレコを数回報告されていますが、レコを拝読しますと自分が行った沢は鬼石沢で頂上が畔ヶ丸。そして善六ノタワ経由で下山した感じがしてきました。

現在、沢登りができる体調でなく、体力もありませんが(学生の時はクライミングもしてました)、善六ノタワ経由で畔が丸に行けば、あの時の下山路かの判別は可能かと思います。もし、その道があの時の下山路と確信がもてたなら、40年ぶりに貴重な落とし物が戻ったようなルンルン気分になると思います。

貴重な情報有難うございました。
また、たわいない長いお話しをお詫び申し上げます。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 523
2018/5/10 23:32
 Re: この沢かもしれません。
fujikitaさん、今晩は。

40年前というと私などはハイキングのハを始めたくらいの若僧でした。
文章から察すると間違いなく鬼石沢だと思われます。
あの頃はまだ笹薮も密生していたことでしょうね。
今はかなり枯れてしまったり、シカさんたちに食べられたりで
西丹沢もかなり藪が少なくなってきてしまいました。
是非お身体の回復を図って再訪してみてくださいませ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ