また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1458163 全員に公開 ハイキング 北陸

荒島岳(中出コース)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年05月03日(木) [日帰り]
メンバー
 yoshidasakura(記録)
, その他メンバー1人
天候小雨、ただし頂上付近は風強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
住宅街を越えて進むと登山道案内があり駐車場に着きます。水が出る(わき水らしい)トイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
1時間2分
合計
7時間33分
S中出コース駐車場09:0309:08中出コース登山口09:0911:28小荒島岳11:3211:57しゃくなげ平12:17もちが壁12:4813:40しゃくなげ平14:32小荒島岳14:5616:30中出コース登山口16:34中出コース駐車場16:3616:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
荒島岳山頂に登りましたが、スマフォの電池の問題で記録されていません。
コース状況/
危険箇所等
今回、雪渓が残っており、踏み抜くことがありました。
その他周辺情報下山後、まずは越前大野城へ。その後、九頭竜温泉「平成の湯」へ。そして翌日から北陸地方の観光のため、福井市内に泊。
過去天気図(気象庁) 2018年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ レインウェア上下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 靴紐予備 スパッツ チェーンスパイク
備考 スマフォをレインウェアのポケットに入れていたため、冷えて充電量不足となり(温めれば回復しますが)、GPS記録が止まってしまいました。これは充電率が20%を切るとGPS記録をやめる設定になっていたため。スマフォはできるだけ身体に近い、暖かいところに所持しておくべきと思いました。

写真

中出の駐車場綺麗な水洗トイレもあります(写真中央)。
前日から(予報通りの)雨。このため我々以外に登山グループは一組でした。天気良かったらきっと満車だったんだろうな。
出発を送られましたがいっこうに雨が止む気配が無いので出発しました。
2018年05月03日 08:51撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中出の駐車場綺麗な水洗トイレもあります(写真中央)。
前日から(予報通りの)雨。このため我々以外に登山グループは一組でした。天気良かったらきっと満車だったんだろうな。
出発を送られましたがいっこうに雨が止む気配が無いので出発しました。
1
しばらくは舗装された道路を進みます。
2018年05月03日 09:07撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装された道路を進みます。
舗装されていない林道に入ります。入口に登山コースの案内があってわかりやすいです。
2018年05月03日 09:09撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装されていない林道に入ります。入口に登山コースの案内があってわかりやすいです。
林道を進みます。結構距離があります(下山時に感じました)
2018年05月03日 09:35撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進みます。結構距離があります(下山時に感じました)
今回の登山で初めて残雪を確認。
2018年05月03日 09:42撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の登山で初めて残雪を確認。
その残雪発見の場所から本格的な登山道に入ります。
2018年05月03日 09:42撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その残雪発見の場所から本格的な登山道に入ります。
けっこう急な登山道を進みます。
2018年05月03日 09:46撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう急な登山道を進みます。
所々で廃林道と交差します。登山道を見逃さないように注意が必要。
2018年05月03日 09:47撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で廃林道と交差します。登山道を見逃さないように注意が必要。
急なだけならまだしも、雨なのでポンチョ着ているので、暑くなっても自由に服を脱ぐことができない(というか面倒、濡れるのが嫌でやらない)
2018年05月03日 09:53撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なだけならまだしも、雨なのでポンチョ着ているので、暑くなっても自由に服を脱ぐことができない(というか面倒、濡れるのが嫌でやらない)
落ち葉の下に結構雪が残ってますね。
2018年05月03日 09:59撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の下に結構雪が残ってますね。
残雪、いよいよチェーンスパイクを装着する必要出てくるか・・・
2018年05月03日 10:04撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪、いよいよチェーンスパイクを装着する必要出てくるか・・・
トラバース、雪が残っていたら谷側へ滑落の危険性大
2018年05月03日 10:37撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース、雪が残っていたら谷側へ滑落の危険性大
完全な雪渓、ここは幅3mで渡りました。
2018年05月03日 10:44撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全な雪渓、ここは幅3mで渡りました。
雪を避けて歩くことはできません。
2018年05月03日 11:03撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を避けて歩くことはできません。
ここは雪渓を歩かなければなりません。しっかりと踏みしめながら歩けば、軽アイゼンなど無くても行けました。
2018年05月03日 11:05撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは雪渓を歩かなければなりません。しっかりと踏みしめながら歩けば、軽アイゼンなど無くても行けました。
とはいえ、自分は二本のストックを使っているのでチェーンスパイク無しで行ってしまいました。(本当は安全のためつけるべきだったと思います)
2018年05月03日 11:06撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とはいえ、自分は二本のストックを使っているのでチェーンスパイク無しで行ってしまいました。(本当は安全のためつけるべきだったと思います)
雪渓は続く。GW前半、この地も結構暖かだったと思うのですが、解けずに残っているのですね。さすが雪国ですね。
2018年05月03日 11:06撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓は続く。GW前半、この地も結構暖かだったと思うのですが、解けずに残っているのですね。さすが雪国ですね。
このようなところでは登山道が分からなくなります。遭難する危険性あり。雪が無くなったところで登山道を見つけて安心。
2018年05月03日 11:13撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このようなところでは登山道が分からなくなります。遭難する危険性あり。雪が無くなったところで登山道を見つけて安心。
どこが登山道なのだか・・・今の時代、GPSで自分の位置が確認できるので安心ですが
2018年05月03日 11:38撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこが登山道なのだか・・・今の時代、GPSで自分の位置が確認できるので安心ですが
雪渓だとどこが登山道か分からなくなりますね。しかし何となく勘が働くようになりました
2018年05月03日 11:44撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓だとどこが登山道か分からなくなりますね。しかし何となく勘が働くようになりました
最後はかなりの急な道、鎖場あり。雨でもあり写真を撮る余裕は無くなりました。
2018年05月03日 12:48撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はかなりの急な道、鎖場あり。雨でもあり写真を撮る余裕は無くなりました。
頂上です。晴れなら白山が見えるのでしょうが、今日は雨のため何も見えません。
2018年05月03日 13:09撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上です。晴れなら白山が見えるのでしょうが、今日は雨のため何も見えません。
上りの時には撮影しませんでしたが、急な雪渓を登って(降りて)いきます。ここは一歩間違えば滑り落ちますね。(軽アイゼンまたはチェーンスパイクを装着するべきでした)
2018年05月03日 13:20撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りの時には撮影しませんでしたが、急な雪渓を登って(降りて)いきます。ここは一歩間違えば滑り落ちますね。(軽アイゼンまたはチェーンスパイクを装着するべきでした)
下山時に見れば雪の下に空洞ができています。ここを踏んだらどうなるだろう?
2018年05月03日 13:29撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時に見れば雪の下に空洞ができています。ここを踏んだらどうなるだろう?
佐開コースへの分岐点。地図では勝原コースとの分岐点とほぼい同じところ(シャクナゲ平)に見えますが、実際この分岐点は荒島岳ピークよりでシャクナゲ平より低いところにあります。
2018年05月03日 14:03撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐開コースへの分岐点。地図では勝原コースとの分岐点とほぼい同じところ(シャクナゲ平)に見えますが、実際この分岐点は荒島岳ピークよりでシャクナゲ平より低いところにあります。
帰り道ですが、登山道がどこだか分からなくなりました。不安ですね。迷ったと思ったら(分からなくなったら)とりあえずその周囲でもっとも高い場所で見渡すことで何とか解決できました。
2018年05月03日 14:22撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道ですが、登山道がどこだか分からなくなりました。不安ですね。迷ったと思ったら(分からなくなったら)とりあえずその周囲でもっとも高い場所で見渡すことで何とか解決できました。
帰りは気分的に余裕があったので小荒島岳頂上に寄り道しました。ここで昼飯と思ったのですが、雨が降っているし屋根代わりの木もなく諦めました。
2018年05月03日 14:36撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは気分的に余裕があったので小荒島岳頂上に寄り道しました。ここで昼飯と思ったのですが、雨が降っているし屋根代わりの木もなく諦めました。
トラバースで滑落危険なところ。
ここまで来たところで体力の限界で写真撮影は省略。
2018年05月03日 14:39撮影 by COOLPIX S570, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースで滑落危険なところ。
ここまで来たところで体力の限界で写真撮影は省略。

感想/記録

天気予報から雨とは分かっていましたが、訓練だと思って登りました。
実はGW前半の天気が良い日に大山(だいせん)に登りました。ここは荒島岳よりも高い約1700mで登山道上にはほぼ雪が無かったので、今回の荒島岳でも登山道上に雪は無かろうと思い込んで行きましたが予想外。
また雪渓も多く本来なら軽アイゼン等をつけるべきと思いますが、雨でポンチョをかぶり非常に動きずらい状態であったため、つけずにいきました。これは反省すべき点です。
またスマフォも寒い環境に置くと電池が無くなり(実際に無くなるのではないが)、GPS記録に支障をきたすこともあるので、なるべく暖かい場所(肌に密着できるところとか)工夫が必要。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:159人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ