また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1459529 全員に公開 山滑走谷川・武尊

ナルミズ沢スキー(悪天につき...)

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候朝方曇り昼から小雨。稜線上は強風とガスだが、沢中は視界良く穏やか。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
16時間29分
休憩
16分
合計
16時間45分
Sスタート地点03:5609:57布引山12:49大石沢出合12:5013:57広河原14:1220:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いい山なんだけど、林道が長い。次はぜひ雪付きのもっといい時に。
コース状況/
危険箇所等
林道歩きは長い。布引尾根の取り付きでやっと安定して雪上。ナルミズ沢は広河原直前から完全露出。少なくとも大石沢出合いすぐ下ぐらいから登り返すべきだった。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール
共同装備 テント(持って行ったが結局使わず)

写真

今日は天気が下り坂。まだ暗いけどさっさと出発。
2018年04月14日 04:05撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は天気が下り坂。まだ暗いけどさっさと出発。
途中の滑り台。ぎりぎり道の端が出ていたのでスニーカーで通過。
2018年04月14日 04:29撮影 by EVA-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の滑り台。ぎりぎり道の端が出ていたのでスニーカーで通過。
トンネル。手彫り感があって良い。
2018年04月14日 04:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル。手彫り感があって良い。
沢は水量豊富。雪少なし。
2018年04月14日 05:47撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は水量豊富。雪少なし。
布引尾根取り付き。雪は着いた。
2018年04月14日 07:05撮影 by EVA-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引尾根取り付き。雪は着いた。
布引尾根1608付近より。眺望はこれが最初で最後。
2018年04月14日 09:11撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引尾根1608付近より。眺望はこれが最初で最後。
烏帽子山付近にて。薮スキー
2018年04月14日 11:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子山付近にて。薮スキー
ナルミズ沢の大岩(沢登りで言うS字ゴルジュの上)
2018年04月14日 12:40撮影 by EVA-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナルミズ沢の大岩(沢登りで言うS字ゴルジュの上)
滑ってきたナルミズ沢。天気は相変らずだが、とにかく広かった。
2018年04月14日 12:42撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってきたナルミズ沢。天気は相変らずだが、とにかく広かった。
ナルミズ沢、夏道徒渉点にて偵察中(左下のスノーブリッジ渡りました。)
2018年04月14日 14:46撮影 by EVA-L09, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナルミズ沢、夏道徒渉点にて偵察中(左下のスノーブリッジ渡りました。)
広河原手前で見かけたテン
2018年05月10日 17:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原手前で見かけたテン
まだこちらに気づいてない。
2018年05月10日 17:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだこちらに気づいてない。
気づいた。この後脱兎のごとく逃げていった。
2018年05月10日 17:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気づいた。この後脱兎のごとく逃げていった。
1
大石沢出合い付近。
2018年05月10日 18:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石沢出合い付近。
滑るぞ。沢中はガス少なく、斜度もゆるくて快適。
2018年05月10日 18:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑るぞ。沢中はガス少なく、斜度もゆるくて快適。

感想/記録

白巻稜線の横にいい斜面があると聞いて。
天候が悪かったので日帰りの強行軍になり、体力的にはかなりしんどかった。沢が広くていい斜面だっただけに悔しい。
ぜひ3月で天気のいい日にリベンジをしたいところだ。

-----------
林道上にはほとんど雪無し。結局1000m付近までずっとスニーカーだった。
布引尾根からは雨立方面が見えて美しかった。最後の眺望。
低気圧の影響をもろに食らう前に山頂につけるかと期待していたものの、やっぱり無理。山頂直下は北西風が吹き荒んでいたいたので山頂はあきらめ滑走へ。沢の中は稜線上とは打って変わって風も弱く穏やか。ガスも晴れてきていい感じだ。広くてゆるい沢で、こんな天気の中ですら癒し系。これで晴れていたらさぞかし天国なのだろう。沢割れを警戒していたが、上部は、大石沢出合い直前に穴が開いている以外は大丈夫だった。
ただしちょうど広河原直前から沢が完全露出。登り返しの徒渉点が通れなかったため仕方なく夏道方面へ。夏道の徒渉点はスノーブリッジの端を使って河原にいったん降り、そののちまたスノーブリッジの端を使って対岸に渡る。一応ロープを出した。
そこからの夏道(?)は崩落と薮(スキー引っかけ)で完全に修行系。途中で抜け出して台地状に戻り、何とか帰ってきた。林道についたのは日没とほぼ同時。そこから長い林道を歩いて、行動終了は八時半。お疲れさまでした。
訪問者数:111人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ