また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1486615 全員に公開 沢登り氷ノ山

八木川源流ー高巻敗退

日程 2018年06月03日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
30分
合計
7時間31分
Sわかさ氷ノ山キャンプ場登山口06:3406:38町道登山道・キャンプ場登山道合流06:42北探勝路分岐06:4506:47旧伊勢道石畳06:5106:58木原八丁07:07氷ノ山越07:1407:37木地屋跡07:3907:45地蔵堂07:57布滝08:0308:40入渓10:00高巻で撤退を決める11:45登山道へ戻る12:18布滝12:41地蔵堂12:50木地屋跡12:5213:35氷ノ山越13:3813:45木原八丁13:51旧伊勢道石畳13:5313:56北探勝路分岐14:03わかさ氷ノ山キャンプ場登山口14:0414:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
45m滝の右岸は巻けない。
その他周辺情報わかさゆはら温泉、キャンプ場領収書で400→200円
過去天気図(気象庁) 2018年06月の天気図 [pdf]

写真

キャンプ場からスタート
2018年06月03日 06:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場からスタート
鹿よけの電気柵
2018年06月03日 06:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけの電気柵
氷ノ山越え、今日も昨日に続いて快晴
2018年06月03日 07:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山越え、今日も昨日に続いて快晴
右俣を越える
2018年06月03日 07:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右俣を越える
入渓地点の20m滝は右岸簡単
2018年06月03日 08:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓地点の20m滝は右岸簡単
1
ここが雪渓が残る60mの壁。わずかに残っていた。
2018年06月03日 08:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが雪渓が残る60mの壁。わずかに残っていた。
1
トポ通りに右岸を高巻いてみると
2018年06月03日 08:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トポ通りに右岸を高巻いてみると
すごい崖で降りられず、ここで早いけど敗退を決断!
2018年06月03日 09:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい崖で降りられず、ここで早いけど敗退を決断!
登山道でののどを潤す
2018年06月03日 13:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道でののどを潤す
1
キャンプ場へ戻ってきた
2018年06月03日 14:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場へ戻ってきた

感想/記録

昨日の来見野川に気分を良くして、本日は氷ノ山八木川源流へ行く。本日も快晴で暑くなりそう。沢が気持ちよさそうな天気だ。だがこののち思わぬ結末になる。

若桜側から入り氷ノ山越えを越えてから入渓するアプローチを選択。昨日の来見野川との土日欲張りセットで、どのように日程とコースを組み立てるかかなり思案した結果、車の移動の少ないこのコースを選択。氷ノ山越えの往復分のエキストラは仕方ない。5月末に一緒に渓流釣りに行った沢の神様からは「意欲的なコース」と事前にありがたいお言葉をいただいた。しかし神様からの期待は裏切られる。

昨日の沢での疲れが溜まっていて辛い。1名の変態を除いて自分を含めた少なくとも2名は足が筋肉痛でつらい。残りの1名はまあまあか。氷ノ山越えまでで結構しんどい。天気は快晴。氷ノ山越えからの下りも結構長い。沢に入ってしまえば涼しいしそれまでの我慢と期待が高まる。

福定公園の手前の堰堤から入渓。20mは右岸から余裕。すぐに遅くまで雪渓が残る60mの崖にでる。ほんの少しだけ雪渓が残っていた。前を見ると、先行Pが45m滝の右岸を登っていた。5名おり時間がかかりそうだったので、トポ通りに少し戻って右岸を高巻くことに。

踏み跡らしき道を登っていくがすぐに道が分からなくなる。右を覗いたりするが切り立っており行けない。しかたないのでだんだんと上に登って行ったところ、とうとう行き詰る。懸垂下降しようにも下の状況は分からないし50mロープ1本ではおそらく届かない。また45m滝も結局のところまだ巻けていなそう。

ここですでに高巻で1時間を使ってしまった。足場も悪くて落ちたら命はない。まだ10時と早いが、これから戻ってさらに登るのは時間がかかりすぎる。いさぎよく撤退を決める。

ロープを3回だして、うち2回は懸垂下降をし、1時間以上かけてようやく廊下の入口まで戻る。残念ながら敗退である。12年前のトポでは右岸巻きだったが、もはや高巻はない。廊下には角ばった岩がゴロゴロ転がっており、おそらく崩壊したのではないかと思われる。

60m壁の反対側の斜面を登るとすぐに登山道に出た。着替えてお昼を食べて戻る。行きにはこの登山道を戻ることはないと思っていたのに、登り返す羽目に。辛い。「意欲的ルート」が裏目に出てしまった。暑いし昨日の疲労は残っているのでへろへろ。途中のひえ水でコップ2杯がぶがぶ飲む。冷たくておいしい。

氷ノ山越えで小休止。疲れているヘタレ3名に対して変態様から森三中と呼ばれてしまった。誰が黒沢のポジションになるかで3名で喧嘩になる(嘘)。氷ノ山越えからの下りは早い。タコメーターのついていない状態の体なので7000回転くらいかな。所詮、俺はイツキポジション。

下山後、ゆはら温泉に入っておとなしく帰る。非常に疲れていて帰りの車でいつの間にか寝る。注意力が散漫で車にヘルメットを忘れる。月曜も筋肉痛。

土日日帰り沢登り欲張りセットは1勝1敗。天気が快晴だったでの機会を生かせきれなかったのが残念。1つは水平の沢で、もう一つは登りの沢なのでいい組み合わせだと思う。リベンジをしょう。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ