また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 149429 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北鎌尾根、緊急ビバーグ

日程 1999年07月28日(水) 〜 1999年08月01日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路: 7/28(水) 夜行列車ちくま 21:09大阪発
復路: 8/01(日) 記憶に無いが、ぎりぎりの列車を乗り継いで帰った
     (高山で飛騨牛あじわった時、生きてて良かった! と実感した)
-
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

●7/29
10:00 中房温泉
14:00 燕山荘

●7/30
10:00 燕山荘
14:00 喜作レリーフ
15:00 大天井ヒュッテ 体力を蓄える。

●7/31
04:00 大天井ヒュッテ 出発
04:30 貧乏沢 乗越(2549m)
  (下りの途中で、飛び出した枝で目を突いてコンタクトを喪失。眼鏡に切替えるも遠近感が掴めず。)
  (天上沢の出合から、天上沢を少し遡行する)
07:00 北鎌沢出合 
  (右俣を詰める。最後の草付きの斜面がきつい。)
09:00 北鎌のコル、北鎌尾根
  (行ったり戻ったりを繰り返し、ルーファイに時間を食いまくる。)
16:30 北鎌平 ツェルトかぶって緊急ビバーグ
  (薄暗くなってきたためタイムアウトとした。)

●8/1
05:00 北鎌平 (朝が待ち遠しかった。)
07:30 槍ヶ岳ピーク -08:00
08:30 槍ヶ岳山荘
12:00 新穂高温泉
-
コース状況/
危険箇所等
●北鎌尾根は厳しかった。我々2人のレベルを超えていた。しかし、緊急ビバーグしたのは大正解だった。

●最大の原因は、体力不足、技量不足、経験不足だ。あちこち行っては行き詰り、また戻っては、疲れて休憩し、また進んでは、高度感にさいなまれてビビリ、心拍数があがって足元もふらつくので、弱い気合を込めなおした。要するに、ルーファイに時間を食いまくった。そのため、北鎌平で薄暗くなってしまって、タイムアウト。大槍に挑戦するのは翌日とした。

●北鎌平は寒かったが、真夏なので知れていた。それでも、ツェルトは自分のカラダが発する蒸気で結露し、ベトベトになった。喉が渇いていたので、何度かその結露を舐めようかと思った。緊急ビバーグは水がないので辛い。

●翌朝、北鎌平から大槍のピークまでは、それまでのルートと比べて、楽勝だった。昨晩は、覆いかぶさる様な大槍の登りにビビッたが、順調そのものだった。気持ちのあり方が、いかに重要かを思い知らされた。

●槍から新穂高温泉までの一般ルートの下りは、抜け殻の様にノロノロと下った。精も根も尽き果てていた。

-

感想/記録

山行から帰ってきて直後に、一緒だった相棒に送ったメイルをもって感想とします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
いま、ヌカガラの様なカラダに鞭打って仕事しています。
本当にお疲れさんでした。
冗談ではなく、今回は『命びろい』、しました。
二人とも、擦り傷程度で帰れたのが不思議なくらいです。

僕の登山感覚から言って、2年前に行った『剣岳北方稜線』が限界ですが、
これと同等か、それ以下と聞いていたので、キタカマを完全に甘く見ていました。
キタカマ尾根は、これを数倍超えていました。
約1年前に、計画を始めてから、雑誌、ホームページ、いろいろな登山家からの情報と。。。
相当に調べ尽くしたつもりでしたが、こんなに過酷とは思いも寄りませんでした。
キタカマの言いだしっぺとして、責任を感じています。

どんな山行にも、主として、体力・精神力・技術力の3つが必要となりますが、
キタカマに関しては、僕は、3つとも下回っていました。
体力は、最初のキタカマ沢右俣登高時に尽きていました。
精神力がもったのは、JUNJIが居たからと、ラッキー以外にありません。
技術力がなくて、ルートに上がれなかった所が、何箇所かありました。
(ハーケンを打って、ルートであることを示しているのに。。。)
ちょっとでも気を抜いたら、オダブツ だった箇所がいくつあったことか!
正規ルートだし行かざるを得なくて、命をかけて『エイヤッ』っと渡った箇所もいくつあったことか。。。
たかがレジャーに、なんという引換ゲームをしたことか!
たまたま二人とも、そのゲームに勝ったからよかったものの。。。。

今回の登山中、最も生命の不安を感じたのは、ルートを見失った時でした。
(トラバース行為などの、瞬間的なドキドキを除いて。。。。)
復旧に一時間以上かかりましたが、これで、ビバーグを決心できました。
つまり、このロスタイムは、いいほうに働いたかも知れません。
ルートに迷わなかったら、大槍に挑戦できる微妙な時間だったので、
多分挑戦していたと思います。時間と、だんだん暗くなってくるのに急かされて、
非常に危険な挑戦になっていたと思います。
実際は、翌日に、じっくりと超慎重に攻めたので、2時間強かかっていました。
ビバーグは寒かったけれども、これで正解です。
また、ツェルトによるビバーグは、自信にもなりました。
今後、この精神的な自信を、登山という方向ではなく、自分の『うつわ』の一つとして、
組入れていけたらと思います。

もう、2度とこの様な山行は、したくありませんが、
今回の山行は、上記デメリットばかりではありません。
まずなによりも、精神力が強化されました。集中力も相当に強化されています。
これも今後、登山という方向に生かすのではなく、人生に生かしたいと思います。
それと、当然、体力も強化されると同時に、この2日間で、体重が6Kも減っていました。

最後に、一番よかったことは、
肉体的、精神的に超過酷な環境において、それぞれが比較的に冷静に判断し、
自分を失うことなく、また喧嘩することなく、協力して、解決にあたれたことでした。
これは、おたがいの『うつわ』によるものでしょう。。。

ただし、今後は、今回のような登山はやめます。
万一(いや、今回は十一)のときの代償が大きすぎます。

以上 平成11年8月2日 記
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
-
訪問者数:990人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ