また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1518209 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

小袖山の登り尾根から雲取山

日程 2018年07月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小袖の丹波山村営駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り尾根は、奥多摩詳細図に破線で記載のバリルート。小袖乗越と堂所を結ぶメインコースに並行して、ずっと尾根筋を歩きます。メインコースが植林されたスギやヒノキの林をずっとトラバースしているのに対し、こちらは原生林の尾根を歩くので、景観は圧倒的に良いですが、急な坂、多少のアップダウンがあります。さらに、踏み跡が消えたりする所も多く、一方指導票は一切ありません。たまにテープが出るくらいなので、山慣れない人には無理と思います。逆に、山慣れた人には、静かな静かな尾根歩きが楽しめます。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル

写真

日曜朝五時半では、駐車場の車もまだまばら。
2018年07月08日 05:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日曜朝五時半では、駐車場の車もまだまばら。
ここが小袖山への登り尾根の取り付き点。何とかタワとあります。この石垣を登って行きます。
2018年07月08日 13:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが小袖山への登り尾根の取り付き点。何とかタワとあります。この石垣を登って行きます。
始めは広い尾根で、結構急斜。くぼんでよくわかる道型がありますが、落ち葉でふわふわで歩きにくい。
2018年07月08日 05:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めは広い尾根で、結構急斜。くぼんでよくわかる道型がありますが、落ち葉でふわふわで歩きにくい。
1
やがて痩せ尾根になり、木の根をつかんだりして登る所もあります。道も不明瞭ですが、結構美尾根で、造林された山腹をひたすらトラバースするメインのコースよりずっと楽しいです。
2018年07月08日 06:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて痩せ尾根になり、木の根をつかんだりして登る所もあります。道も不明瞭ですが、結構美尾根で、造林された山腹をひたすらトラバースするメインのコースよりずっと楽しいです。
2
1214mピークの蒲鉾板看板。ちなみに看板があったのはここだけで、小袖山や1274mピークには何もありませんでした。
2018年07月08日 06:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1214mピークの蒲鉾板看板。ちなみに看板があったのはここだけで、小袖山や1274mピークには何もありませんでした。
1
堂所の少し手前にりっぱな小屋。今まで気付きませんでした。
2018年07月08日 07:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所の少し手前にりっぱな小屋。今まで気付きませんでした。
で、最後はメインコースのこの立札の所に合流しました。メインコースより、ずいぶん時間が掛かりました。あとは、りっぱな登山道が続きます。
2018年07月08日 07:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、最後はメインコースのこの立札の所に合流しました。メインコースより、ずいぶん時間が掛かりました。あとは、りっぱな登山道が続きます。
七ツ石にも寄ります。
2018年07月08日 08:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石にも寄ります。
1
踊る木の周りはフキが沢山。
2018年07月08日 09:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踊る木の周りはフキが沢山。
1
雲取頂上では曇ってパラパラ小雨。富士は見えず。でも下界に比べ涼しく天国。
2018年07月08日 10:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取頂上では曇ってパラパラ小雨。富士は見えず。でも下界に比べ涼しく天国。
2
南アルプスの南部が見えていました。聖、赤石、荒川と思うけど、手前の山名の浮彫ではよくわかりません。
2018年07月08日 10:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの南部が見えていました。聖、赤石、荒川と思うけど、手前の山名の浮彫ではよくわかりません。
避難小屋で昼寝をして下山を始めると黒富士が出ていました。
2018年07月08日 11:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋で昼寝をして下山を始めると黒富士が出ていました。
1
小雲取周辺にはいつもシカがいます。人を怖がりません。
2018年07月08日 11:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取周辺にはいつもシカがいます。人を怖がりません。
2
奥多摩小屋の上の斜面からの富士。お気に入りの所。
2018年07月08日 11:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋の上の斜面からの富士。お気に入りの所。
2
フキの蕾が大きくなっています。今はグロテスクな形ですが、咲いたら綺麗。
2018年07月08日 11:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フキの蕾が大きくなっています。今はグロテスクな形ですが、咲いたら綺麗。
1
さて、帰りはメインコースをおりましたが、小袖近くで、突然電柱が!前はこんな電柱ありませんでした。いったい誰が何の為に?東電はとんでもない無駄使いしてませんか?
2018年07月08日 13:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰りはメインコースをおりましたが、小袖近くで、突然電柱が!前はこんな電柱ありませんでした。いったい誰が何の為に?東電はとんでもない無駄使いしてませんか?
いつもの看板。2018年にはちょっと空しい。
2018年07月08日 13:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの看板。2018年にはちょっと空しい。
午後の駐車場は車は増えてましたが、この時期なら余裕ですね。
2018年07月08日 13:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の駐車場は車は増えてましたが、この時期なら余裕ですね。

感想/記録

当日朝、急遽予定変更して雲取に来ました。この小袖山登り尾根は前から気になってたんです。
概して日原側からの道が自然林が多く、奥多摩湖側は人工林が多いのですが、このルートは自然林が多く、意外に楽しめました。
訪問者数:249人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ