また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1518302 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山

日程 2018年07月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:JR奥多摩駅下車、東日原行8:35に乗るつもりが、今回もハイカーが大勢いて臨時増発が出て、やや早めに出発。
帰り:JR奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、東日原バス停から少し中日原側に歩くと駐在所があり、その前にある。
中日原の少し先の登山口を入ると、一旦日原川に下る。巳の戸橋までの道で狭い箇所があり、要注意。
巳の戸橋から稲村岩分岐間では、谷側に切れ落ちている箇所があり、要注意。特に稲村岩分岐直下は、かなり急。
稲村岩分岐から、鷹ノ巣山頂までは、ヒルメシクイノタワ付近に平坦な箇所がある以外は、ずっと急登が続く。ゆっくりペースを保って登りたい。
水根山、城山と歩き、カラ沢ノ頭のピークの手前でルートが右にカーブし、その後急な下りとなるので、足元に注意しながら下ること。
将門馬場は、一般ルートから外れて踏み跡を辿る。GPSなどで、位置を確認しながら行くとよい。
六ツ石山は、将門馬場から下ってきた鞍部から尾根伝いに六ツ石山に直登した。このルートは最初は踏み跡があるが、山頂直下は、踏み跡ははっきりしない。自分の現在地をこまめに確認しながら登りたい。
六ツ石山分岐から300mほど進んだところで、ルートは右にカーブして山腹を巻くようになるが、このカーブの始まりで尾根伝いに直進する踏み跡は狩倉山へのルートでそのまま行くと日原側に下りていってしまう。道迷いも発生しているようだ。狩倉山の山頂付近から石尾根のルートに戻る道もあるが、判りにくいので、自信のない人は行かない方が無難である。
三ノ木戸山は、北斜面を巻くルートを行ったが、三ノ木戸山頂から十二天山への尾根を越えた少し先辺りからしばらくの間、植林帯の中のえぐられてくぼんだ道が続く、雨降りや、その後は、ぬかるみ滑りやすい箇所。
その後、林道に出たら左側に林道に沿って進み、Uターンすると民家が見えてきて、林道の左手からショートカットの道がある。道標に従って進むと、羽黒三田神社を通り過ぎ、しばらく行くと再び林道に出る。ここまで来れば奥多摩駅はさほど遠くない。その後のショートカットを示す道標を見つけて進むこと。
その他周辺情報奥多摩に下山後は、いつも「むら㐂」で、一杯やって帰ることになっている。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 手袋 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ナイフ ツェルト ゲーター

写真

今日も、暑そうな日になりそう。
2018年07月08日 09:05撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も、暑そうな日になりそう。
巳ノ戸沢沿いの道標
2018年07月08日 09:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巳ノ戸沢沿いの道標
苔生した木の橋と岩
2018年07月08日 09:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した木の橋と岩
キノコ(イグチの類)
2018年07月08日 10:08撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ(イグチの類)
名前は知らない。
2018年07月08日 10:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前は知らない。
管孔の様子。
2018年07月08日 10:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管孔の様子。
エゾハルゼミの脱殻
2018年07月08日 11:22撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾハルゼミの脱殻
午飯喰のタワ
2018年07月08日 11:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午飯喰のタワ
鷹ノ巣山に到着。
2018年07月08日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山に到着。
1
今日も富士山が見える。夏の黒い富士山だ。大寺山の仏舎利塔、峰の集落も見える。
2018年07月08日 11:58撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も富士山が見える。夏の黒い富士山だ。大寺山の仏舎利塔、峰の集落も見える。
ブナの樹だったかな。樹の形がカッコイイので撮影した。
2018年07月08日 12:37撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの樹だったかな。樹の形がカッコイイので撮影した。
この穴は、啄木鳥の巣穴だろうか?
2018年07月08日 12:38撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この穴は、啄木鳥の巣穴だろうか?
城山を過ぎカラ沢の頭を巻いて後、南東方向に向かって、このような急坂がある。下りてから振り返って撮影
2018年07月08日 12:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山を過ぎカラ沢の頭を巻いて後、南東方向に向かって、このような急坂がある。下りてから振り返って撮影
1
将門馬場に行くので、この道標の下を潜って直進
2018年07月08日 12:56撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将門馬場に行くので、この道標の下を潜って直進
撮影機材:

感想/記録

今回は、家を出るのがいつもより遅く、結局9時くらいから登山開始となった。
この時季、山の上もとにかく暑い。稲村岩尾根を登りきるのに、かなり汗をかいて、だいぶ脱水状態になったと思う。こんなに暑いのに、持っていった飲み物は、500ccのペットボトル2本と、小型魔法瓶に入れたコーヒー360ccだけ。脚がつりそうになった。暑い時は、少し飲み物を多めに持って行き、水分補給もこまめにした方がいいかな。家に帰ってからも、脛あたりがつってしまい、1.5リットルくらい水を飲んだらようやく治った。
稲村岩尾根から鷹ノ巣山に登り、石尾根を縦走して奥多摩まで歩くこのコースは、素晴らしいと思う。まず、日原側のブナやミズナラの森の中を登るのが楽しいし、石尾根の上は天候が良ければ素晴らしい展望が得られるからだ。
今年は、鷹ノ巣山に、すでに4回登っているが、適度なトレーニングにもなるし、これからも時々登ってみたい。季節ごとにいろいろと楽しめることだろう。
最後に、前回、鷹ノ巣山、六ツ石山を縦走した時に撮影した動画を載せておく。








訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ