また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1525774 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山(水歩荷)

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の鳥居駐車場に駐車させて頂きました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間1分
休憩
1時間27分
合計
4時間28分
S一の鳥居(武甲登山道入口)08:3709:03不動滝09:1709:56大杉の広場10:0510:55武甲山11:3511:58大杉の広場12:16不動滝12:2412:47LOGMOG13:0313:05一の鳥居(武甲登山道入口)13:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一の鳥居〜不動滝
いきなり体力を要するコンクリートの急登から始まります。
一の鳥居手前には仮設トイレが設置されております。
水歩荷用ペットボトルが置かれている不動滝は十八丁目。

不動滝〜大杉の広場
樹林帯の一本道で特別きつい区間はありません。

大杉の広場〜武甲山
途中から岩混じりや根っこの登山道になるので転倒に注意したいです。
武甲山の山頂広場はとても広く、休憩に適しています。
歩荷した水は御嶽神社裏手のマンホールに入れます。
山頂標はさらに奥に進んだ第一展望台。

水歩荷時は無理のないスピードで歩くことが好ましいが、重量を増したザックを持ち上げることが一番きついです。
その他周辺情報ホテル美やまの日帰り入浴を利用。

http://www.miyama-onsen.com/sp/
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 日よけ帽子 サングラス 靴下 軍手 予備手袋 雨具 ザック ザックカバー 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ ハンドライト 予備電池 携帯 保険証 時計 タオル ストック カメラ

写真

最高気温37℃というおかしなことになっていますので、冷房の効いたお家でゴロゴロと過ごす案が最有力でしたが、どうも来週山に行けないかもしれないしそもそも落ち着きがなくじっとしていることができないので、暑さのピークを迎える前の下山を目指して武甲山に向かいます。
2018年07月16日 08:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高気温37℃というおかしなことになっていますので、冷房の効いたお家でゴロゴロと過ごす案が最有力でしたが、どうも来週山に行けないかもしれないしそもそも落ち着きがなくじっとしていることができないので、暑さのピークを迎える前の下山を目指して武甲山に向かいます。
13
生川の信号を曲がってからやがていつもの要塞工場地帯が見えてきます。
2018年07月16日 08:23撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生川の信号を曲がってからやがていつもの要塞工場地帯が見えてきます。
常軌を逸した酷暑のなか低山帯に行くのはよっぽどの物好きしかいないだろうと思っていましたが、一の鳥居駐車場に着くと既に残り3台程度とやはり世間様は3連休なのでまずまず賑わっていました。
2018年07月16日 08:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常軌を逸した酷暑のなか低山帯に行くのはよっぽどの物好きしかいないだろうと思っていましたが、一の鳥居駐車場に着くと既に残り3台程度とやはり世間様は3連休なのでまずまず賑わっていました。
4
駐車場がある一の鳥居が壹丁目です。
空缶やゴミは持ち帰りましょうの道標はいつも何気なく見ていましたけど、まだ現在の横瀬町が横瀬村だった頃のものなんですね。
2018年07月16日 08:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場がある一の鳥居が壹丁目です。
空缶やゴミは持ち帰りましょうの道標はいつも何気なく見ていましたけど、まだ現在の横瀬町が横瀬村だった頃のものなんですね。
1
最も訪問回数の多い山なので今更何も確認することもありませんが、とりあえずルーティンなので登山道地図をカメラに収めてから登山開始です。
2018年07月16日 08:37撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最も訪問回数の多い山なので今更何も確認することもありませんが、とりあえずルーティンなので登山道地図をカメラに収めてから登山開始です。
1
こちらは帰りによる予定のLOGMOGです。
2018年07月16日 08:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは帰りによる予定のLOGMOGです。
1
中を少し覘いてみたら本日もヤギがいました。
2018年07月16日 08:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中を少し覘いてみたら本日もヤギがいました。
6
養殖場も特に変わったところはありません。
2018年07月16日 08:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養殖場も特に変わったところはありません。
1
養殖場に咲いていたアジサイ。
2018年07月16日 08:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養殖場に咲いていたアジサイ。
3
その先からは嫌らしい舗装路の急登が始まります。
2018年07月16日 08:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先からは嫌らしい舗装路の急登が始まります。
持山寺跡との分岐。
2018年07月16日 08:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持山寺跡との分岐。
4
舗装路が終わりようやく樹林帯の登山道に入ります。
2018年07月16日 08:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路が終わりようやく樹林帯の登山道に入ります。
十七丁目を過ぎた先に何があるかは勿論わかっています。
ついに恐怖の十八丁目が見えてきてしまいました。
2018年07月16日 09:03撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十七丁目を過ぎた先に何があるかは勿論わかっています。
ついに恐怖の十八丁目が見えてきてしまいました。
1
十八丁目不動滝に到達し、武甲の美味しい水を頂きます。
2018年07月16日 09:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁目不動滝に到達し、武甲の美味しい水を頂きます。
10
これでもかとばかりにペットボトルが並んでいます。
選り取り見取り、あれもこれも、遠慮せずにお好きなだけ持って行ってくださいといった感じです。
2018年07月16日 09:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもかとばかりにペットボトルが並んでいます。
選り取り見取り、あれもこれも、遠慮せずにお好きなだけ持って行ってくださいといった感じです。
9
この暑さなので16ℓと思いましたが、結局20ℓぶことにします。
2018年07月16日 09:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この暑さなので16ℓと思いましたが、結局20ℓぶことにします。
16
この後も代わり映えがないので無駄に毎回撮影している橋を渡りますが、とにかく重いです。
2018年07月16日 09:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後も代わり映えがないので無駄に毎回撮影している橋を渡りますが、とにかく重いです。
4
武甲山御嶽神社の石柱。
2018年07月16日 09:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山御嶽神社の石柱。
1
あまりの重量にふらつきながらスローモーションの動きを余儀なくされます。
2018年07月16日 09:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりの重量にふらつきながらスローモーションの動きを余儀なくされます。
3
武甲山表参道の樹林帯。
2018年07月16日 09:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山表参道の樹林帯。
1
杉の中に祀られた小さなお地蔵様。
2018年07月16日 09:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の中に祀られた小さなお地蔵様。
3
標高1000m地点の大杉の広場。
2018年07月16日 09:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m地点の大杉の広場。
2
休憩してからさらに進むと再び杉の中に小さなお地蔵様。
2018年07月16日 10:07撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩してからさらに進むと再び杉の中に小さなお地蔵様。
2
根っこの登山道を歩きます。
2018年07月16日 10:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこの登山道を歩きます。
四十丁目からは階段地帯。
2018年07月16日 10:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十丁目からは階段地帯。
1
倒れている道標。
2018年07月16日 10:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れている道標。
ゴロ石の登山道へと変わってきます。
2018年07月16日 10:33撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロ石の登山道へと変わってきます。
1
波板で作られた祠を通過。
2018年07月16日 10:48撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波板で作られた祠を通過。
3
山頂へ向けて最後の一登りです。
2018年07月16日 10:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ向けて最後の一登りです。
1
ついに山頂広場に着きました。
2018年07月16日 10:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂広場に着きました。
1
とても広い武甲山山頂部。
2018年07月16日 10:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても広い武甲山山頂部。
2
山頂トイレは無事空いていました。
2018年07月16日 10:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂トイレは無事空いていました。
4
まずは重いザックのまま御嶽神社の鳥居を潜って参拝をします。
2018年07月16日 10:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは重いザックのまま御嶽神社の鳥居を潜って参拝をします。
3
神社裏に回り込んで合計20ℓのペットボトルを降ろします。
2018年07月16日 11:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社裏に回り込んで合計20ℓのペットボトルを降ろします。
8
次々とマンホールに水をぶち込みます。
2018年07月16日 11:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々とマンホールに水をぶち込みます。
13
叩くと必要以上に大きな音が鳴る長寿ノ鐘。
2018年07月16日 11:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
叩くと必要以上に大きな音が鳴る長寿ノ鐘。
3
武甲山(1304m)山頂に到着。
2018年07月16日 11:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山(1304m)山頂に到着。
11
伸びきった草木に囲まれて最高地点の赤いポールは見えませんでした。
2018年07月16日 11:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伸びきった草木に囲まれて最高地点の赤いポールは見えませんでした。
2
山頂からの展望はガスって視界はいまひとつです。
2018年07月16日 11:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの展望はガスって視界はいまひとつです。
2
眼科の工事地帯。
2018年07月16日 11:15撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼科の工事地帯。
4
秩父市街地。
2018年07月16日 11:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父市街地。
3
もう一つのかわいい山頂標。
2018年07月16日 11:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一つのかわいい山頂標。
8
神社裏に隠れた祠集団。
2018年07月16日 11:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社裏に隠れた祠集団。
3
山頂広場の避難小屋。
2018年07月16日 11:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂広場の避難小屋。
バイケイソウ。
2018年07月16日 11:28撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウ。
3
ガスった猛暑日の山頂では何もすることはなく、LOGMOGでのランチや下山後の温泉が楽しみなので帰ることにします。
2018年07月16日 11:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスった猛暑日の山頂では何もすることはなく、LOGMOGでのランチや下山後の温泉が楽しみなので帰ることにします。
1
帰りも生川への案内に従い表参道を下ります。
2018年07月16日 11:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも生川への案内に従い表参道を下ります。
ペットボトルは空なのでとても軽く一気に下っていきます。
2018年07月16日 11:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペットボトルは空なのでとても軽く一気に下っていきます。
1
登山道の端には小さな池?
2018年07月16日 11:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の端には小さな池?
2
大杉の広場を通過。
2018年07月16日 11:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大杉の広場を通過。
不動滝に着いて顔を洗い流し、おいしい武甲の天然水を飲みます。
2018年07月16日 12:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝に着いて顔を洗い流し、おいしい武甲の天然水を飲みます。
6
空のペットボトルに水を満タンに入れて再び並べます。
2018年07月16日 12:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空のペットボトルに水を満タンに入れて再び並べます。
5
雀を確認してからさらに下ります。
2018年07月16日 12:41撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雀を確認してからさらに下ります。
1
土日祝日営業の武甲山の麓にあるカフェLOGMOGに立ち寄ります。
2018年07月16日 12:46撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土日祝日営業の武甲山の麓にあるカフェLOGMOGに立ち寄ります。
2
武甲山と違ってお客さんは他に1人だけと静かです。
2018年07月16日 12:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山と違ってお客さんは他に1人だけと静かです。
店名の由来にもなっている緑のダンプのウニモグ。
2018年07月16日 12:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
店名の由来にもなっている緑のダンプのウニモグ。
7
駐車場が近いのでノンアルコールビールで我慢です。
2018年07月16日 12:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が近いのでノンアルコールビールで我慢です。
5
以前より食べてみたかった秩父産鹿肉ケバブをおいしく頂きます。
2018年07月16日 12:53撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前より食べてみたかった秩父産鹿肉ケバブをおいしく頂きます。
15
灼熱の一の鳥居駐車場に戻ってきました。
2018年07月16日 13:05撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灼熱の一の鳥居駐車場に戻ってきました。
1
山歩きでは初めてとなるホテル美やまの日帰り温泉に入ります。
2018年07月16日 13:30撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山歩きでは初めてとなるホテル美やまの日帰り温泉に入ります。
4
日帰り入浴は少なく泊まり客が多い感じでした。
2018年07月16日 14:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰り入浴は少なく泊まり客が多い感じでした。
2
せっかく洗い流したのに外に出るととんでもない猛暑で一瞬で汗が吹き出てきました。
2018年07月16日 14:35撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく洗い流したのに外に出るととんでもない猛暑で一瞬で汗が吹き出てきました。
8
撮影機材:

感想/記録
by tididi

日本気象協会の予報によると秩父市の最高気温は37℃とおかしなことになっています。
熱中症にならないよう外には出ずに、冷房を効かせたお家でゴロゴロして過ごす案が最有力で一般的には正解でした。
しかしながらどうもおとなしくじっとしていられないので、大汗をかいた後の温泉を楽しみに引き出しも少ないので近場の武甲山に向かいます。
例年通り今年も水歩荷に訪れましたが、昨年22ℓを持ち上げていたので甘く見ていましたが、当然20ℓでも非常に重いです。
今までの水歩荷で一番きつく感じました。
今回ばかりは途中で水を払ってしまおうかとさえも考えました。
登る前から既にわかっていましたが、山頂からはガスで展望は殆ど望めません。
まあどちらにしろ展望を楽しむ山ではありませんので特に気になりません。
LOGMOGではランチに鹿肉ケバブを頂き、山歩きでは初のホテル美やまの温泉に入ってから帰りました。
訪問者数:633人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/20
投稿数: 143
2018/7/18 1:06
 お見事です
当日私は仕事が休みにも関わらず、一般的な正解のダラダラな一日を送っていました(。>д<)
あの酷暑の中の20Lは凄いですね( ´〜`)ゞ

ここのところ、堕落しているので夏の縦走前に30L上げるぞ👊
色んな所で公表しないと、モチベーションが…
登録日: 2013/12/6
投稿数: 155
2018/7/18 21:49
 Re: お見事です
idatenfさん
連日の暑さで関東も40℃一歩手前ですね。
アスリートになったつもりで頑張りましたが、暑さが原因で明らかに昨年以上につらく感じました。
しかしidatenfさんの昨年の水歩荷は物凄いものでした!
28Lはとても真似できません。
今年はひょっとしたら40L持ち上げてしまうんじゃないかと期待しています(^^;

コメントありがとうございました。
登録日: 2014/11/11
投稿数: 270
2018/7/19 7:08
 熱中水歩荷、お疲れさまでした!
今年も水歩荷道場に参戦しましたね(笑)
この猛暑の最中での20ℓは相当悶絶されたと想像します。
夏山に向けて良いトレーニングになりましたね。
私も一度気合を入れるために行きたいのですが、この時期は暑いだろうな〜〜
登録日: 2013/12/6
投稿数: 155
2018/7/19 23:30
 Re: 熱中水歩荷、お疲れさまでした!
Mon-Dayさん
もう酷暑で倒れそうです。
水歩荷はいずれ行かなければいけないと勝手に義務感を感じていました。
この暑さのなかの武甲山はただ苦しんできただけでした。
まあ温泉を楽しめたのでよしとします。

夏山は北アルプスを考えてはいましたが、岩手遠征以来運転がとても億劫になってきています。

コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ