また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1527196 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

朝日岳へ 土合より白毛門・笠ヶ岳 往復

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水上IC経由 土合駅付近駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間50分
休憩
1時間14分
合計
10時間4分
S白毛門登山口駐車場06:5507:00東黒沢08:58松ノ木沢の頭09:0709:59白毛門10:0911:02笠ヶ岳11:0512:22朝日岳12:4313:45笠ヶ岳13:5914:41白毛門14:5415:33松ノ木沢の頭15:3516:54東黒沢16:5616:59土合・白毛門駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 2:50 安曇野穂高発 水上IC経由
 6:50 土合駅先 白毛門駐車場着
<復路>
17:20 駐車場発
21:00 自宅着
コース状況/
危険箇所等
白毛門まではほぼ急登 木の根・岩場の連続
白毛門から先アップダウンが激しい
その他周辺情報湯テルメ谷川 公営日帰り温泉
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口 ポストがある 橋を渡る
帰りはこの下の川でリフレッシュできる
沢登りの初心者コースにもなる川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口 ポストがある 橋を渡る
帰りはこの下の川でリフレッシュできる
沢登りの初心者コースにもなる川
1
急登を2時間ほどで松の木沢の頭
白毛門が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を2時間ほどで松の木沢の頭
白毛門が見える
2
一ノ倉沢の大岩壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の大岩壁
3
白毛門1720m山頂
笠ヶ岳・烏帽子が連なる
まだ朝日岳は見えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門1720m山頂
笠ヶ岳・烏帽子が連なる
まだ朝日岳は見えない
2
谷川岳の雲が取れて
迫力ある山並・岩壁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳の雲が取れて
迫力ある山並・岩壁
3
笠ヶ岳にぐっと迫る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳にぐっと迫る
1
笠ヶ岳から振り返る白毛門と歩いてきた道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から振り返る白毛門と歩いてきた道
1
笠ヶ岳1852m山頂
谷川岳をバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳1852m山頂
谷川岳をバックに
1
笠ヶ岳から初めて朝日岳が見えた
小烏帽子・大烏帽子の先中央の峰が目指す朝日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から初めて朝日岳が見えた
小烏帽子・大烏帽子の先中央の峰が目指す朝日岳
3
ニッコウキスゲと小烏帽子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと小烏帽子
2
ニッコウキスゲの絨毯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの絨毯
1
小烏帽子から振り返る
笠ヶ岳とニッコウキスゲ(山肌が黄色く染まる)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小烏帽子から振り返る
笠ヶ岳とニッコウキスゲ(山肌が黄色く染まる)
2
白毛門方面と歩いてきた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門方面と歩いてきた稜線
1
お花畑の中を進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の中を進む
1
朝日岳1945m山頂
谷川岳がバック
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳1945m山頂
谷川岳がバック
2
朝日岳山頂から歩いてきた烏帽子方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂から歩いてきた烏帽子方面
3
朝日岳から赤城山方面?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から赤城山方面?
1
朝日が原の池塘などが見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が原の池塘などが見える
3
朝日岳から日光方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から日光方面
1
朝日岳山頂の様子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂の様子
1
山頂を今一度撮影して長い下山始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を今一度撮影して長い下山始める
2
谷川バックに笹原・ニッコウキスゲの笠ヶ岳は美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川バックに笹原・ニッコウキスゲの笠ヶ岳は美しい
1
登頂後は天国のような?気分で歩けた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂後は天国のような?気分で歩けた
2
この美しさ最高!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この美しさ最高!
3
朝日岳から1時間で笠ヶ岳へ
まだ先は長いのだ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳から1時間で笠ヶ岳へ
まだ先は長いのだ〜
2
日光・庚申・武尊方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光・庚申・武尊方面
赤城山・榛名山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山・榛名山方面
1
笠ヶ岳を一気に下って来る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳を一気に下って来る
2
白毛門へ戻る
笠ヶ岳・烏帽子を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門へ戻る
笠ヶ岳・烏帽子を振り返る
1
白毛門から日光・武尊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門から日光・武尊
白毛門に山名盤がある
読み難くなっているがこれが無かったら全く周りの山は分からなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門に山名盤がある
読み難くなっているがこれが無かったら全く周りの山は分からなかった
2
奇木が多い
その1本
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇木が多い
その1本
1
5時前に下山
リフレッシュしようとしたが前の人が大胆にやっていたので駐車場へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時前に下山
リフレッシュしようとしたが前の人が大胆にやっていたので駐車場へ
2
無事下山
いい山でした
感謝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山
いい山でした
感謝
1

感想/記録

2018年(平成30年)7月16日(月・海の日)

朝日岳へ 土合より往復

「まだ見えぬ キスゲ絨毯 朝日岳」

思っていた以上に急登で起伏も大きく、
アプローチの長い朝日岳だった。

登山口の橋を渡りしばらく平坦だったが
登りになるや一気に急登の山道に汗が噴き出してきた。
むき出しの木の根に足を置き手を使い登る。
なかなか油断のできない登りが果てしなく続く。
息つくところもない状況で登り続けた。

さすがに30分ほど登り続け休みたいと思った時
先行する人たちが休んでいた場所が空き、
「すごい登りですね」と声をかけ大木横のスペースに一息ついた。

次の休み場所も先行する方が休んでおられ
風が気持ちいい場所ですよと言って空けて下さった。
谷川方面からの風が気持ちよく火照った体がリフレッシュできた。

まだまだ急登は続き木の根から岩場の急登へと変わってきた。
鎖場も出て険しい登りが続く。
低木になり日も差し始め暑さが増してきた。
2時間ほど急斜面を登り続け松ノ木沢の頭に着く。

展望が開け谷川岳一ノ倉沢の大岩壁が目の前に迫っていた。
さらにこれから登る白毛門の山頂が見えた。
まだ遠く朝日岳はさらに見えない彼方の存在だった。

白毛門への稜線歩きは気持ちよいが起伏もあり大変ではあった。
白毛門への岩壁にヘルメット姿の二人がいた。
どこを登ってきたのかアドベンチャースタイルだ。

白毛門に到着する。
目の前には笠ヶ岳の美しい姿が見える。
そしてさらに高い山が笠ヶ岳の横に並ぶように聳えて見える。
最初はそれが朝日岳だろうと思っていた。
実は小烏帽子・大烏帽子で朝日岳はまだ見えないのだった。

ここ白毛門にも先行した人がどっかりと休み、目指す笠ヶ岳は諦めて下りると言っていた。
ここまでの登りで疲れた様子だった。

さらに二人のアドベンチャースタイルの人たちが登ってこられた。
話を聞くと沢登りをしてきたとのことだった。
沢の水も少なくロープも使わず初心者コースの沢登りができるとのこと。
登山口の川をそのまま遡上、5時間かかっての白毛門登頂。
帰りは一般道を下るとのことだった。

笠ヶ岳への登りは見た目より斜面はきついが、
ニッコウキスゲが笹原の中に咲き誇り目を楽しませてくれた。
振り返ると白毛門からの道筋もきれいに見えて、
谷川岳の厳しい山の表情も手に取るように分かった。

笠ヶ岳に着く。
ここからようやく朝日岳の山頂が見られた。
まだ遠いと思ったのは事実で、果てしない登りを感じた。
そして起伏も大きく、登ると下り、下ると登るの繰り返しに参った。

しかしこの笠ヶ岳から小烏帽子・大烏帽子の間は
ニッコウキスゲの見事な群落が広がっていた。
黄色い絨毯が敷き詰められたようで、一瞬疲れを忘れさせてくれた。
また登山道の両脇には様々な花も見られた。

最後の登りもきつく力を尽くす。
朝日岳にはようやく到着というのが本音。
奥深い山で時間もかかり、それだけに到達できた喜びは大きかった。

山頂からは谷川岳の雄大な眺めをはじめ、
尾瀬の山々、武尊、平ヶ岳、赤城山それに榛名山などが確認できた。
越後方面の山も見えると言うが分からなかったのは残念。
眼下には美しい朝日ヶ原の池塘などが見られ
山頂付近の花の多さにも感激した。

登頂の満足感と少しの余裕はできたが、
下山も長いのは事実で気を引き締め
足腰痛めないように安全に下ろうと山頂を後にした。

歩いてきた道を戻るのだが起伏を繰り返し、
急登はそのまま急下降をするわけで慎重にならざろう得なかった。
最後の最後までへとへとになりながら無事下山できた。

ふるちゃん
訪問者数:620人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ