また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1528205 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

【0715】【中:泊】【75山目】白馬大雪渓と白馬岳トレ

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月16日(月)
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ10
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
【レベル : 中級トレッキング】
【天候不良時 : 日程調整】
【特殊装備 : 軽アイゼン、ストック】
【交通手段 : 車】

■イベント概要■
・前日22時出発、八方第2.5駐車場へ
・八方バスターミナルからバスで猿倉へ
・白馬大雪渓を登る
・白馬山荘に宿泊
・白馬岳でご来光
・栂池まで縦走
・白馬ハイランドホテル 天神の湯
・晩御飯検討中【★】
・大阪着は22時予定

※白馬大雪渓が厳しい場合栂池ピストンに変更
※天候により逆ルートも検討

■集合場所・時間■
0714 22:00 大阪ハービス出発

■ルート参考 : ブログ■
猿倉〜白馬大雪渓〜白馬岳〜栂池
残雪の北アルプスが展望できるルート( ・∇・)
https://4travel.jp/travelogue/11168481

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1513818.html

■ルート参考 : 3Dマップ■
https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/cesium.html?plid=523789

■山行計画 : 詳細はこちら■
合計距離: 16.69km
最高点: 2909m
最低点: 1219m
登り累積: 2080m
下り累積: 1444m
https://www.yamareco.com/modules/yr_plan/detail-523789.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間14分
休憩
57分
合計
9時間11分
S猿倉荘06:2806:30猿倉登山口駐車場06:3107:33白馬尻荘07:35白馬尻小屋08:1511:11岩室跡11:1312:14避難小屋12:1513:53白馬岳頂上宿舎13:5914:36白馬山荘14:4115:07白馬岳15:0915:39白馬山荘
2日目
山行
6時間6分
休憩
19分
合計
6時間25分
白馬山荘06:0006:19白馬岳06:57三国境07:51小蓮華山07:5208:33船越ノ頭09:21白馬大池山荘09:3810:06乗鞍岳10:0711:20風吹大池方面分岐11:25天狗原/白馬岳神社12:25栂池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■【75山目】白馬大雪渓と白馬岳トレ■
憧れの白馬大雪渓と白馬岳を縦走。この三連休は高気圧のおかげで快晴、最高の展望と星空が楽しめました♫

下界は溶けるほどの灼熱だったようですが、北アルプスの稜線はエアコンがきいていて超快適(笑

コンディションに恵まれ最高の夏山スタートでしたが、今回のルートで危機感を感じたシーンもあったので記録しておきます(o゜д゜o)

【上りの白馬大雪渓】
後続の登山者が大きな落石(人より大きい)に巻き込まれかけました。「ラーク!」の叫びが飛び、周囲は一時騒然。しかも左の杓子岳とは反対、右の白馬岳からの落石。

午前10時頃ですが、気温も上がり雪が緩くなってきていました。より早い時間での大雪渓の通過が推奨されるのではないかと。あとは運かな、、、大雪渓では2・3年に1回の頻度で死亡事故が起きています。

【下りの乗鞍岳の雪渓】
各山小屋でもアイゼン必携と警告されているルート。アイゼン無しで進んだ前の登山者がスリップして軽ーく滑落。何の自信があってアイゼン無しを判断したのか非常に疑問を抱きます。

単独ならまだ自己責任ですが、全員ロープを持ち一列で雪渓を降りているので、先行者を巻き添えにするリスクを考えていない。他の登山者もいる状況のため無難な判断を行うべきでしょう。反面教師として記憶しておきます。

====================
■アクセス他:往路■
・三連休のため土曜休養、夜に大阪出発
・糸魚川まで名神、湖西道路、北陸道利用
・糸魚川から八方第五駐車場へ(満車ギリギリ、最後の一台)
・駐車場を回るタクシーをGET、おかげで1時間早く猿倉に到着

■山行、コース状況■
[1日目]
・猿倉からのんびり1時間で白馬尻小屋。大雪渓からの風が涼しい
・大雪渓は軽アイゼンでOK、絶えず落石の危険があるため早めに通過を
・葱平から白馬頂上小屋まではひたすら急登。すれ違いも多いのでマイペースで
・小雪渓は軽アイゼン必須。滑ると止まらない
・白馬頂上小屋横の雪渓から湧き出る水が美味すぎる(今まで飲んだ水で最高)
・白馬山荘からは北アルプス一望、槍ケ岳〜劔岳、富士、八ヶ岳も見える

・宿泊は白馬山荘の3号館。横との壁があり半個室状態で快適
・3連休初日は布団0.5枚の大混雑だったそうだが、2日目は多少空きもあり快適
・スカイレストランでは山小屋とは思えないオサレな食事が可能
・今回は自炊場で宴会、自炊場も広く快適。少々寒い
・肉は冷凍&保冷バッグで問題なし、野菜は傷んだので次回は要考慮
・15日の夕日は最高。夜中も快晴。満天の星空。天の川が美しかった

[2日目]
・16日の日の出は、東側の雲のため残念な感じ
・白馬岳から白馬大池までの縦走が素晴らしい。展望を楽しみながらゆったり歩ける
・お花越しに白馬岳を撮影できる撮影スポットも。雷鳥にあえなかったのは心残り
・10時頃から日差しがとても暑い。日焼け要注意
・さすが三連休。すごい数の人と一緒に下山。すれ違いも多数
・白馬大池から白馬乗鞍、栂池までが道が悪くハード
・白馬乗鞍の雪渓では軽アイゼン必須。前の人と距離を空けて慎重に
・天狗平から栂池までは単調な山道。疲労からくる事故に注意

■アクセス他:帰路■
・栂池登山口からロープウェイ乗り場までは5分程坂道を下る
・三連休の混雑もあり乗車まで30分ほど待った
・栂池ロープウェイ&リフトは合計30分ほど乗車時間必要
・ロータリーでタクシーをGET、快適
・白馬ハイランドホテル 天神の湯は露天が絶景
・道の駅 小谷はいろいろ試食できて大変よろしい
・滋賀今津 ちゃんぽん亭で晩御飯

■ヤマの記録■
合計時間: 30時間19分
合計距離: 16.67km
最高点の標高: 2910m
最低点の標高: 1220m
累積標高(上り): 2028m
累積標高(下り): 1391m
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1528205.html

■ヤマの写真■
https://yamap.co.jp/activity/2133592
====================
その他周辺情報====================
■スケジュール■
[往路]
22:00 大阪出発
05:00 八方第5駐車場(ラスト一台)
05:30 タクシー乗車
06:00 猿倉下車

[山行 : 1日目]
06:28 猿倉荘
07:35 白馬尻小屋 08:15
11:11 岩室跡 11:13
12:14 避難小屋 12:15
13:53 白馬岳頂上宿舎 13:59
14:36 白馬山荘 14:41
15:07 白馬岳 15:09
15:39 白馬山荘(泊)
16:30 着替え、夕食
19:00 日の入り
20:30 就寝

[山行 : 2日目]
02:30 星空
04:30 日の出(残念) 05:00
05:00 朝食 06:00
06:19 白馬岳
06:57 三国境
07:51 小蓮華山
08:33 船越ノ頭
09:21 白馬大池山荘 09:38
10:06 乗鞍岳
11:20 風吹大池方面分岐
11:25 天狗原/白馬岳神社
12:25 栂池山荘

[復路]
13:10 栂池パノラマウェイ乗車
13:45 栂池高原駅 タクシー乗車
14:00 八方第5駐車場 14:15
14:15 駐車場出発
14:30 白馬ハイランドホテル 天神の湯 15:30
16:00 道の駅 小谷 16:30
20:30 近江ちゃんぽん 今津店
23:00 帰阪

====================
■ポイント■
コンビニ: 白馬村エリア【★検索】
お手洗い: ルートに山小屋複数あり
登山バッチ : 白馬山荘
お風呂 : 白馬ハイランドホテル 天神の湯

[1日目]
朝食 : 車中にて
昼食 : ヤマにて行動食
夕食 : 山小屋にて【★自炊】

[2日目]
朝食 : ヤマにて行動食
昼食 : ヤマにて行動食
夕食 : 帰り道にて

■予算■
交通費(車) : 4500円程度
交通費(ゴンドラ) : 1960円
交通費(タクシー) : 1200円程度
昼食代 : 2000円程度
お風呂 : 600円程度
夕食代 : 2000円程度
宿泊費 : 6800円程度(夕食なし)
その他 : 1000円程度

■お天気■
[10日間天気]
https://tenki.jp/lite/forecast/3/23/4810/20485/10days.html

[GPV256]
https://yama2gpv.azurewebsites.net/Specific/Ctc?lat=36.7586&lon=137.7586

[GPV84]
https://yama2gpv.azurewebsites.net/Specific/Cloudb?lat=36.7586&lon=137.7575

https://yama2gpv.azurewebsites.net/Specific/Allb?lat=36.7586&lon=137.7575

[GPV36]
https://yama2gpv.azurewebsites.net/Specific/?lat=36.7586&lon=137.7575

https://yama2gpv.azurewebsites.net/Specific/Clouda?lat=36.7586&lon=137.7575

[Mountain Forecast]
https://www.mountain-forecast.com/peaks/Shirouma-Dake/forecasts/2932


====================
■山行について■
[ヤマの状況]
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=465

※ヤマケイ最新情報
https://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?info_id=1038

※白馬大雪渓
http://yuuyakehp.yu-yake.com/hakuba2014.html

[ヤマレコ参考]
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1513818.html

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-128915.html

[登山道の雰囲気]
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/green/tozan_trekking/model_access.html

https://yamahack.com/1787

https://www.kiccyomu.net/shiroumadake.php

http://www.japanesealps.net/north/shiroumadake/index.html

https://tozan100kei.com/route/100/hakubasanzan-sarukura.php

http://tozan.life.coocan.jp/diary2/110716.htm

https://www.icoro.com/201509058538.html

https://matome.naver.jp/odai/213747104987243680

https://4travel.jp/travelogue/11154003

https://4travel.jp/travelogue/11154012

https://4travel.jp/travelogue/11154015

[水場・トイレ情報]
http://www.100mt.net/data/045.html

[山小屋情報]
◎白馬岳頂上宿舎
http://yamagoya.hakubakousha.com/facility/

◎白馬山荘
素泊まり6800円です( ̄▽ ̄)
レストランに飲みに行きましょう♫

https://www.hakuba-sanso.co.jp/category/hakubasanso/

https://yama-goya.jp/kita-alps/ushirotateyama/shiroumasanso.html

https://s.tabelog.com/nagano/A2005/A200503/20014867/dtlrvwlst/B115853268/

※白馬山荘について
・お風呂はありません。
・白馬山荘は県境。1号館+スカイプラザは長野県。2、3号館は富山県。
・2号館と3号館の間に自炊スペース有、飲料水タンクがあり自由にもらえる。
・一階には乾燥室もありました。
・日の入、日の出時間の掲示は玄関にあり
・玄関でも飲み物(ペットボトル)が買えます。
・3号館の2階に、特別室が3つ。No1は特に広そう。

http://tozan.yamalog.info/?eid=130

http://piyosukeikka.naturum.ne.jp/e1302815.html


■交通/アクセス■
[駐車場]
◎八方バスターミナル 第2/5駐車場
http://www.happo-one.jp/access/parking

◎栂池高原 第2駐車場のみ利用可
http://www.tsugaike.gr.jp/gelande/outline

[バス・タクシー]
◎猿倉⇒八方バス
http://www.alpico.co.jp/access/hakuba/sarukura/

◎八方バス⇒栂池
http://www.alpico.co.jp/access/hakuba/tsugaike/

◎栂池パノラマウェイ
http://www.nsd-hakuba.jp/green/tsugaike/panoramaway.html


■その他■
[売店・コンビニ]
白馬村エリア【★検索】

[温泉]
◎八方 : 白馬ハイランドホテル 天神の湯
http://www.hakuba-highland.net/hotspring/

◎栂池 : 元湯 栂の森
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000174578/

[晩御飯]
近江ちゃんぽん 今津店
https://tabelog.com/shiga/A2505/A250501/25001258/

[ヤマケイより]
周辺状況
昨日今日と早朝はよく晴れていますが、昨日は10時頃から、今日も9時頃からガスが出て視界不良です。
昨日は夕方にわか雨もありました。これからは雷にも注意が必要です。
登山するに早く出て、早く目的地に到着した方がようです。

●高山植物
かなりの数の花が次々と開花し続けています。
先日の雨でハクサンイチゲやウルップソウは盛りをすぎました。
稜線、大雪渓、小屋周辺各所では、ミヤマクワガタ(多数)、ミヤマシオガマ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマオダマキなどなど イワウメもまだ咲いています。イワオウギも咲き始めてました。

●虫が出ています。
防虫対策、虫刺され対策をした方がよいです。
特に蓮華温泉ルートは非常に虫が多いです。

登山道
●白馬大雪渓
※「落石に注意」。視界不良時の入山は危険です。
ルートに赤い染料(ベニガラ)でマークをつけました。視界が悪い時の目安にしてください。くれぐれも枝雪渓に迷いこまないように注意してください。

・葱っ平
ジグザグに上がってください。
杓子岳方面や二合雪渓方面の枝沢では特に落石に注意が必要です。
杓子側からの落石あり葱平に取り付くまで注意してください。

・小雪渓
雪渓のトラバースにステップ切りました。

安全のため6本爪程度のアイゼンの用意を
※下りではアイゼンの使用を推奨します。
※気温により雪が緩んできますが、雨が降ったあとは雪が氷花して固くなるとたいへん危険です。
小雪渓の下の岩場が出てきました。小雪渓で滑落すると大きな危険があります。過去には事故もありました。

●栂池方面
白馬乗鞍には急斜面の雪渓があります。アイゼン(4本は×、6本以上○)+ピッケルもあると安心
このルートはとてもながいです。
大池山荘の営業中

●鑓温泉方面
槍温泉小屋の営業は7/25から。整備もまだ入っていません。
一般の方は小屋開け以降に。

●不帰方面
一般ルートではありません。。切り立った岩場の続く難コースです。
天狗山荘は今年はテント場と売店のみの営業です。
まだ整備入っていません。
(ヤマケイオンライン付加情報 ヤマケイオンライン唐松岳頂上山荘の情報も参考にしてください)

●蓮華温泉から白馬大池へ
平岩からの道路が全面開通して、蓮華温泉まで車で入れるようになりました。
雪渓があり、アイゼン必要。雨後は要注意です。
蓮華温泉〜白馬大池 草刈りや雪渓のステップ切りなど道の整備済み。非常に歩きやすい登山道になりました。
虫が多いで注意。

●朝日方面
朝日方面からの登山者情報では、雪倉の手前に急な雪渓があり難儀したそうです。慎重に。
6本爪以上のアイゼン+ピッケル必携です。
五輪尾根も雪渓があるようです。

装備
3000m級の夏山登山装備に加えて残雪に対応てきる登山装備が基本。
ルートによりアイゼン+ピッケル+ヘルメットは推奨。
サングラスなどの紫外線対策も必要。
朝夕は10℃以下になるともあります。低体温対策としても防寒装備は必携。
虫よけ対策が必要。

注意
・早出早着で。
 午後から天気崩れるパターンが多いです。

・視界不良時は入山しないで。
 雪渓を登ります。落石も多いです。

●ヤマケイオンライン付加情報
・大町建設事務所 道路情報
大町〜扇沢 車道に支障があると情報が提供されます。(猿倉など)
http://www.avis.ne.jp/cgi-usr/chouken_pkisei.cgi?cntflg=0

その他のお知らせ
白馬山荘
http://www.hakuba-sanso.co.jp/
 ホームページリニューアルしました。
お問い合わせ・ご予約等は 予約センター 0261-72-2002

・山荘では「ツクモグサウルップソウ祭」を6/25〜7/1に予定しています。
・山荘のレストランスカイプラザは7月13日から営業開始。生ビールほか、各種ご用意。
・海の日は賑わいそうです。

・白馬山荘Facebook ←ライブ情報多数 オススメ
https://www.facebook.com/hakubasanso/timeline/ 


[wikipedia]
白馬岳(しろうまだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,932 mの山。長野県と富山県とにまたがり、中部山岳国立公園[4]内にある。南に続く後立山連峰の山々とともに、南北に伸びる稜線の両側の傾斜が著しく異なる非対称山稜が発達している特徴的な山容を持つ[5]。山頂を含む南北700 mの地帯は県境が設定されていない。山頂には一等三角点があり[1]、一等三角点百名山に選定されている[6]。 東側の谷筋には冬季の膨大な積雪と周囲の山塊からの雪崩が集積した日本最大の雪渓である白馬大雪渓がある。雪渓の上部は夏期には日本有数の高山植物のお花畑が広がる。日本百名山[7]、新日本百名山[8]、花の百名山[9]及び新・花の百名山[10]に選定されている。 鑓ヶ岳中腹の標高2,100 m地点には、日本有数の高所にある温泉である白馬鑓温泉があり、白馬大池の北麓には蓮華温泉がある。雪渓、お花畑、岩場、山の温泉と様々に楽しめる要素があり、交通の便も比較的良いことから、夏季にはたくさんの登山者が訪れて混雑する。なお、山頂直下に位置する白馬山荘は日本最大の収容人員を誇る山小屋である。夏期の登山者の大半は大雪渓を経由して登るため、夏休みの時期には大雪渓上は長蛇の列となることが多い。しかし、雪渓上は数年ごとに落石事故によって死傷者が出ているので、注意が必要である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/白馬岳

====================
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 ■装備[必須]■
服装 : 防寒、防風、撥水性ウェア
足元 : 登山靴、軽アイゼン
飲料 : 1.5L
食料 : 携帯食(2日分)、昼食(2日分)、自炊用食材
その他 : 雨具(カッパ or レインウェア)
ストック、グローブ、着替え、タオル
日焼け止め、虫除け、バーナー、ボンベ

■装備[任意]■
帽子、ヘッドランプ、サングラス
暖パン、フリース
フェイスシート、ボディシートなど
歯ブラシセット

■下山後用■
履き替え用サンダル/靴
お風呂用意

■備考■
雪渓ではバランスを崩しやすいのでストック必携
ご来光時は冷えるので暖パン推奨
雪の照り返しあり、サングラス推奨
水、食料は山小屋で調達もある程度可能
訪問者数:443人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ