また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1528549 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳〜餓鬼岳〜唐沢岳(中房温泉から)

日程 2018年07月15日(日) 〜 2018年07月16日(月)
メンバー
 sht
天候1日目 晴れ・・燕岳14℃ながら午後からはアルプスではマサカ?!の30℃超(テント場から唐沢岳まで持参した水分2Lは余裕をみたつもりでしたが、完飲であわや熱中症のピンチ)

2日目 晴れ時々曇り・・夕刻〜朝方のテン場付近は涼風快適で東沢岳22℃ながら、その後はやはり猛暑に;
アクセス
利用交通機関
車・バイク
好天の3連休だけに中房温泉第1駐車場は満車で、第2に辛うじて駐車(S・G地点)・・かなりの強心臓でとめたつもりでしたが、隣にもう1台入りギョギョ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
13時間55分
休憩
2時間41分
合計
16時間36分
S有明山裏参道登山口01:2501:34中房温泉登山口01:3502:04第1ベンチ02:1202:25第2ベンチ02:3203:00第3ベンチ03:0403:30富士見ベンチ03:58合戦小屋04:08合戦山(合戦沢ノ頭)04:2004:57ベンチ04:5805:08燕山荘05:1505:23いるか岩05:35めがね岩05:41燕岳05:5206:07北燕岳06:1906:4907:33東沢乗越07:4108:22東沢岳08:2311:08餓鬼岳小屋テント場11:5411:59餓鬼岳小屋12:04餓鬼岳12:0512:28展望台12:2912:50餓鬼のコブ12:5714:41唐沢岳14:5516:30餓鬼のコブ16:3517:12展望台17:1617:43餓鬼岳17:47餓鬼岳小屋17:5818:01宿泊地
2日目
山行
6時間47分
休憩
17分
合計
7時間4分
宿泊地05:3708:40東沢岳08:4909:20東沢乗越09:2511:19奥馬羅尾沢出合11:2112:30中房温泉12:3112:41有明山裏参道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
合戦尾根は整備状況良好でナイトハイクでも問題なし・・サスガにこの時間帯は擦れ違い渋滞なし

燕岳から先の稜線は人がグッと少なくなり静かな展望稜線歩きに・・燕岳〜北燕岳のコマクサ群落は見ごろで、その先の登山道もたまに草や潅木が被る程度で整備状況は特に問題ありませんでした

岩峰が連なる小ケンズリはマーキングに従い巻いて通過し、森林限界越えた奇岩や北アの眺めが良いコース

ケンズリも梯子等よく整備されていて、マーキングに忠実に進めば特に危険な箇所はありませんでした・・但し、小ケンズリとの鞍部から岩峰群を巻く部分は、暑さとテン泊装備の重さもあったでしょうが、“巻道”のイメージとは程遠いキツさでした

餓鬼岳〜唐沢岳は、ワイルドさがさらにパワーアップ・・特に唐沢岳山頂手前は、砂地獄のようなザレた急坂でかなりの難所(すれ違った方の中には「もうコリゴリ」との方もいらっしゃいました)

東沢乗越〜中房温泉も、登山者が合戦尾根に集中するのを納得するような難路・・源頭部は草が被ったりザレたりした急坂で、沢沿いではマーキングが見つけにくい所もあってルーファイに苦労、さらにダメ押しは堰堤群の高巻きで、暑さと疲れでバテ気味の体にはコタエました

餓鬼岳小屋のテン場は狭く、本来はテント泊禁止の稜線上にもテントが鈴なり状態でした・・ながら、稜線のテン泊は風が涼しく展望も良好で、却って気持ちよいテン場でした

その他周辺情報餓鬼岳小屋テント場700円/人、水200円/L、PB飲料400〜500円、缶ビール600円

駐車場からすぐの有明荘で日帰り温泉(620円)
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉登山口のポストに届を提出して登山開始
2018年07月15日 01:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉登山口のポストに届を提出して登山開始
2
合戦小屋到着・・売店のみ営業ですがテント場はあり
2018年07月15日 03:57撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋到着・・売店のみ営業ですがテント場はあり
1
合戦沢ノ頭で空が白み出します
2018年07月15日 04:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦沢ノ頭で空が白み出します
2
雲海に浮かぶ頚城の山々
2018年07月15日 04:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ頚城の山々
2
槍の背後がピンクに
2018年07月15日 04:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の背後がピンクに
2
夜明けを待つ燕岳
2018年07月15日 04:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けを待つ燕岳
2
南アの甲斐駒〜北岳
2018年07月15日 04:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アの甲斐駒〜北岳
2
東餓鬼岳の右手から〜
2018年07月15日 04:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東餓鬼岳の右手から〜
2
ご来光が来ました
2018年07月15日 04:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光が来ました
3
すると槍がウッスラとモルゲンロート
2018年07月15日 04:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると槍がウッスラとモルゲンロート
7
東餓鬼岳〜有明山に朝日が射します
2018年07月15日 04:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東餓鬼岳〜有明山に朝日が射します
2
焼山〜火打山
2018年07月15日 04:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山〜火打山
5
早出した甲斐がありました
2018年07月15日 04:45撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早出した甲斐がありました
4
燕山荘のテラスに到着して表銀座越しの槍
2018年07月15日 05:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘のテラスに到着して表銀座越しの槍
3
カラフルなテント場
2018年07月15日 05:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフルなテント場
3
奇岩が特異な山容を見せる燕岳へ
2018年07月15日 05:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩が特異な山容を見せる燕岳へ
2
立山〜別山
2018年07月15日 05:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山〜別山
3
鹿島槍ヶ岳
2018年07月15日 05:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳
2
穂高〜槍
2018年07月15日 05:49撮影 by SH-02F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高〜槍
3
北鎌尾根が延びる
2018年07月15日 05:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎌尾根が延びる
3
吊尾根を中心とした穂高連峰
2018年07月15日 05:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根を中心とした穂高連峰
3
裏銀座の山々
2018年07月15日 05:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座の山々
2
北燕岳への稜線に進みます
2018年07月15日 05:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳への稜線に進みます
2
北燕岳への斜面はコマクサのお花畑
2018年07月15日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳への斜面はコマクサのお花畑
4
間に合って良かった♪
2018年07月15日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間に合って良かった♪
3
燕岳を振り返る
2018年07月15日 06:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳を振り返る
3
北燕岳直下ではシナノキンバイが花盛り
2018年07月15日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北燕岳直下ではシナノキンバイが花盛り
4
山頂標識はありませんでしたが、ここが北燕岳山頂のよう(最近カメラのオートフォーカスが調子悪くてガックリしばしば↓)
2018年07月15日 06:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識はありませんでしたが、ここが北燕岳山頂のよう(最近カメラのオートフォーカスが調子悪くてガックリしばしば↓)
2
快晴なのにお散歩するライチョウの母子
2018年07月15日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴なのにお散歩するライチョウの母子
5
今回メインターゲットの唐沢岳と奥に蓮華〜鹿島槍
2018年07月15日 06:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回メインターゲットの唐沢岳と奥に蓮華〜鹿島槍
2
1ヶ所雪渓がありましたが隅っこを通れて問題なし
2018年07月15日 06:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1ヶ所雪渓がありましたが隅っこを通れて問題なし
1
東沢乗越到着・・翌日はここから中房温泉へと下山予定
2018年07月15日 07:38撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越到着・・翌日はここから中房温泉へと下山予定
1
ニッコウキスゲが1輪残っていました
2018年07月15日 08:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲが1輪残っていました
4
時間が押すので東沢岳は翌日登頂します
2018年07月15日 08:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が押すので東沢岳は翌日登頂します
2
小剣ズリ〜剣ズリ〜餓鬼岳
2018年07月15日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小剣ズリ〜剣ズリ〜餓鬼岳
2
小剣ズリの岩峰群は殆ど巻いて通過
2018年07月15日 08:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小剣ズリの岩峰群は殆ど巻いて通過
2
聳える剣ズリ
2018年07月15日 08:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聳える剣ズリ
2
岩の間を通過中
2018年07月15日 08:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間を通過中
2
剣ズリの巻道でザレた沢を横切る
2018年07月15日 09:36撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ズリの巻道でザレた沢を横切る
2
巻道とはいえキツイキツイ;
2018年07月15日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道とはいえキツイキツイ;
1
長い梯子を通過し〜
2018年07月15日 10:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い梯子を通過し〜
1
剣ズリの岩峰群を見上げます
2018年07月15日 10:15撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ズリの岩峰群を見上げます
3
こんなのの上も通過・・高度感あるもののユックリ行けば問題なし
2018年07月16日 06:21撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのの上も通過・・高度感あるもののユックリ行けば問題なし
2
とにかく梯子がいっぱい
2018年07月15日 10:31撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく梯子がいっぱい
2
通過してきた剣ズリを振り返る
2018年07月15日 10:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してきた剣ズリを振り返る
4
餓鬼岳小屋のテン場は満杯で、本来はテン泊禁止の稜線上に張らざるを得ず・・ここも午後から満杯に
2018年07月15日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋のテン場は満杯で、本来はテン泊禁止の稜線上に張らざるを得ず・・ここも午後から満杯に
3
安曇野側からガスが湧き上がる中を〜
2018年07月15日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇野側からガスが湧き上がる中を〜
1
餓鬼岳山頂へ
2018年07月15日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳山頂へ
7
何とか槍は見えています
2018年07月15日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか槍は見えています
4
目指す唐沢岳への稜線
2018年07月15日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す唐沢岳への稜線
3
剱〜針ノ木
2018年07月15日 12:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱〜針ノ木
5
鹿島槍〜爺ヶ岳
2018年07月15日 12:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍〜爺ヶ岳
5
展望台から唐沢岳〜餓鬼のコブ
2018年07月15日 12:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から唐沢岳〜餓鬼のコブ
3
餓鬼のコブの直下まで来ました
2018年07月15日 12:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼のコブの直下まで来ました
2
唐沢岳が近づきましたが、ここからが大変でした
2018年07月15日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳が近づきましたが、ここからが大変でした
1
山頂直下の岩壁基部から〜
2018年07月15日 14:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩壁基部から〜
2
砂地獄の急坂を越えて〜
2018年07月15日 15:04撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂地獄の急坂を越えて〜
3
何とか山頂到着!・・未登の最高峰&信州百のWバリューピーク
2018年07月15日 14:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか山頂到着!・・未登の最高峰&信州百のWバリューピーク
6
山頂岩稜の先に餓鬼岳
2018年07月15日 14:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂岩稜の先に餓鬼岳
5
針ノ木岳〜蓮華岳
2018年07月15日 14:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳〜蓮華岳
2
燕岳〜大天井岳
2018年07月15日 14:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳〜大天井岳
2
下山開始して山頂岩稜を振り返る(左手の岩峰群の奥が山頂)
2018年07月15日 15:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始して山頂岩稜を振り返る(左手の岩峰群の奥が山頂)
2
ズリズリ沈み込む砂地獄が脚にコタえる
2018年07月15日 15:15撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズリズリ沈み込む砂地獄が脚にコタえる
1
救いはシャクナゲなどの花々
2018年07月15日 17:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救いはシャクナゲなどの花々
2
2L完飲して何とか小屋に帰着・・追加2L購入で飲み物代計6Lで4千円!(ビールも欠かせませんので)
2018年07月15日 17:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2L完飲して何とか小屋に帰着・・追加2L購入で飲み物代計6Lで4千円!(ビールも欠かせませんので)
2
テン場に帰着・・唐沢岳まで行けて満足
2018年07月15日 19:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に帰着・・唐沢岳まで行けて満足
2
餓鬼岳を眺めつつマッタリ
2018年07月15日 19:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳を眺めつつマッタリ
1
そしてサンセットタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてサンセットタイム
1
烏帽子岳の右に沈みました・・ホロ酔い気分で満(^O^)満
2018年07月15日 19:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の右に沈みました・・ホロ酔い気分で満(^O^)満
4
翌未明・・四阿山方面から来そう
2018年07月16日 04:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌未明・・四阿山方面から来そう
2
富士山〜南アは前日より少しクッキリ
2018年07月16日 04:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山〜南アは前日より少しクッキリ
4
皆さん随分と早立ちで、満杯だったテン場は日の出前に既にマバラに
2018年07月16日 04:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん随分と早立ちで、満杯だったテン場は日の出前に既にマバラに
3
雲海に浮かぶ頚城方面が幻想的
2018年07月16日 04:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ頚城方面が幻想的
2
富士山頂をズーム
2018年07月16日 04:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山頂をズーム
3
今日は中アまで見えます
2018年07月16日 04:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は中アまで見えます
2
安曇野の先に八ヶ岳
2018年07月16日 04:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇野の先に八ヶ岳
2
本日ご来光はスッキリと現れず残念
2018年07月16日 05:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日ご来光はスッキリと現れず残念
1
剣ズリ通過中に前日苦労した唐沢岳
2018年07月16日 06:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ズリ通過中に前日苦労した唐沢岳
3
唐沢岳山頂と剱岳をズームで
2018年07月16日 06:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳山頂と剱岳をズームで
3
チングルマ
2018年07月16日 06:30撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
2
東沢岳山頂に到着
2018年07月16日 08:40撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢岳山頂に到着
1
ここもいい眺めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもいい眺めです
2
東沢コースは、沢沿いでマーキングを見失うことが時々あり、慎重にルーファイしつつ進みます
2018年07月16日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢コースは、沢沿いでマーキングを見失うことが時々あり、慎重にルーファイしつつ進みます
2
渡渉も水量多目で、この木を伝う所も
2018年07月16日 10:38撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉も水量多目で、この木を伝う所も
1
マーキングはここでの渡渉を指示しますがチョット危険
2018年07月16日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングはここでの渡渉を指示しますがチョット危険
4
結局堰堤直下の浅いところをジャブジャブ・・登りなら靴を脱いだであろう渡渉が2ヶ所あり
2018年07月16日 10:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局堰堤直下の浅いところをジャブジャブ・・登りなら靴を脱いだであろう渡渉が2ヶ所あり
1
高巻きのキツさが難路のダメ押し
2018年07月16日 11:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きのキツさが難路のダメ押し
2
1輪だけあったクルマユリ
2018年07月16日 12:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1輪だけあったクルマユリ
3
吊り橋が現れるとゴールは近い
2018年07月16日 12:07撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋が現れるとゴールは近い
1
暑さでヘロヘロながら無事中房温泉に下山できました
2018年07月16日 12:30撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑さでヘロヘロながら無事中房温泉に下山できました
4

感想/記録
by sht

西日本豪雨災害で大変な目に遭っている方々には申し訳ありませんが、いよいよ山好きが待ち焦がれた“梅雨明け十日”が到来。今年は梅雨明けが早くて、何年ぶりか海の日連休にもバッチリとハマりました。

今回のターゲットは北アルプスの唐沢岳で、未登最高峰&信州百名山(餓鬼岳の付属の山)のWバリュー山です。

高気圧の方も太平洋&チベットのW高気圧が日本列島を覆って晴れモード全開。おかげで連日夏山大展望を満喫できました♪

北アルプスはメジャーな山域だけにとてもよく整備された登山道が多いですが、今回のコースは(合戦尾根を除いて)マイナーなのか、悪く言えば歩きにくく、良く言えばワイルドでワクワク感のある登山道。

暑さとテン泊装備の重さもあって連日ヘロヘロにしてくれ、北アルプスの奥深さを味あわせてくれたコースでした。

訪問者数:717人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ