また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1529179 全員に公開 ハイキング奥秩父

国師ケ岳・金峰山

日程 2018年07月15日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
塩山駅から大弛峠まで、栄和交通のバス¥1800
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
40分
合計
6時間40分
S大弛峠08:4009:20国師ヶ岳09:3009:40北奥千丈岳09:5010:10大弛峠10:2010:50朝日峠11:30朝日岳12:30金峰山13:00砂払いノ頭14:20大日小屋14:3015:20富士見平小屋15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

塩山駅北口から 栄和交通のバスで大弛峠へ
2018年07月15日 07:10撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩山駅北口から 栄和交通のバスで大弛峠へ
峠付近の駐車場は満車で南北1km以上に路上駐車有
2018年07月15日 08:42撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠付近の駐車場は満車で南北1km以上に路上駐車有
最初に 国師ケ岳に向かい木製の階段を上ります
2018年07月15日 08:53撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に 国師ケ岳に向かい木製の階段を上ります
これから登る金峰山の五条岩が見えます
2018年07月15日 09:24撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る金峰山の五条岩が見えます
1
北奥千丈岳のもよりました。景色抜群です
2018年07月15日 09:49撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳のもよりました。景色抜群です
大弛峠に戻りました
2018年07月15日 10:24撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠に戻りました
分水嶺トレイルの方と前後しながら富士見平まで行きます
2018年07月15日 10:24撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺トレイルの方と前後しながら富士見平まで行きます
朝日峠から五条岩、急斜面で渋滞です
2018年07月15日 11:26撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日峠から五条岩、急斜面で渋滞です
今日は晴天で多くの人が昼食休憩していました
2018年07月15日 12:35撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は晴天で多くの人が昼食休憩していました
五条岩を横から見ます
2018年07月15日 12:37撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五条岩を横から見ます
砂払の頭に向かいます
2018年07月15日 12:37撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払の頭に向かいます
1
瑞牆山が遠くに見えます
2018年07月15日 13:08撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山が遠くに見えます
富士見平小屋は分水嶺とレールのチェックポイントで多くの人でにぎわっていました。
2018年07月15日 15:15撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋は分水嶺とレールのチェックポイントで多くの人でにぎわっていました。
夕方 キーボードの生演奏で楽しませていただきました。
2018年07月15日 17:33撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方 キーボードの生演奏で楽しませていただきました。
1

感想/記録
by kyanma

塩山駅北口バス停7:20、定刻10分前だったが、最初の9人がワゴン車に乗車し、乗り換えなしで大弛峠直行だった。後の40人ぐらいは大型バス乗車となり、途中の柳平でワゴン車に乗換だった。ノンストップだったので1時間で大弛峠に着いた。駐車場は満車で、途中1kmぐらい手前から路上駐車しており、もちろん向うの長野県側もそのようだった。天気も良く今日の行程は金峰山からの下りだけなので、まずは反対方向の国師ケ岳へ登ることとする。木製の階段が続く遊歩道的な道を1時間歩くと国師ヶ岳山頂である。展望は北奥千丈岳の方が良いと聞いていたので写真を撮って北奥千丈岳に行く。ものの10分ほどの距離感であるが展望はがらりとよくなり、奥秩父の最高峰の威厳があった。金峰山の奥に北アルプスから富士山までぐるりといつまでいても飽きない眺望の良さだ。帰路は「夢の庭園」経由で下る。まさしく景色がよく、大弛峠からのハイキングには格好のロケーションである。2時間ほどで大弛峠に戻り、ここから金峰山に向けて再出発する。コメツガの森林を歩いていると、奥多摩から野辺山までの分水嶺トレイルの人と一緒になった。昨夜は夜通し歩きっぱなしの為ゆっくりしか歩けない。幻聴を聞いたり幻覚らしいものを見たりしているとの事。280人の人が鴨沢発の80kmコースト奥多摩駅発の120kmコースに分かれて争っているとのこと。超人レースだ。森林帯を抜けると1m以上もある岩がゴロゴロし始め間もなく金峰山山頂だった。山頂のプレートで写真を撮る人の順番待ちをしてから五条岩に向かうと、麓の広場には多くの人が昼食休憩をしていた林に入る手前で昼食休憩とした。その後急な下りをおり、大日岩の付け根を巻いて道なりに下ると大日小屋があり沢があった。冷たい水で顔を洗うと生き返った。大日小屋には毛布があって止まれそうだったが、扉は朽ちていてトイレは下が丸見えだった。林の中を下ると富士見平小屋に着いた。名物の冷たい沢水で頭を洗うと、心から冷えて頭が痛くなった。冷たい沢水はとてもおいしく何杯もがぶ飲みした。小屋は平屋の大広間一つであったが宿泊は8人とすいていた。その割にテント場周辺にはレースの影響もあったのかかなりの人が集っていた。そのうちにキーボードの生演奏が大音量で始まり、何かフェスティバルのような雰囲気で一曲ごとに大きな拍手と歓声があった。ボランティア演奏会のようだった16時から19時ごろまで続いていた。夕食はソーセージで味噌汁のおかわりはなかった。夜は暑くて寝苦しかったが明け方は寒くなり、毛布と布団が必要であった。
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント テン 分水嶺
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ