また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1537333 全員に公開 ハイキング日高山脈

憧れのカムエクへ

日程 2018年07月21日(土) 〜 2018年07月22日(日)
メンバー
天候土曜日は午前中はかろうじて晴れ、
午後からは曇りで稜線はガス&風。
日曜日午前中は曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札内川ダムとピョウタンの滝の間は結構距離がある。
日曜日下山時にゲート近くにかなりの台数駐車してあったがほとんど沢釣りの方々で、ミニバイク利用者多し。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間53分
休憩
40分
合計
10時間33分
Sスタート地点06:3007:18札内川ヒュッテ07:2007:26コイカクシュサツナイ岳登山口07:2608:45七ノ沢出合08:5610:02八ノ沢出合10:1511:44三股11:4412:55八ノ沢カール12:5513:45カムイエクウチカウシ山13:5514:34八ノ沢カール14:3615:55三股15:5717:04八ノ沢出合
2日目
山行
3時間12分
休憩
19分
合計
3時間31分
八ノ沢出合07:3708:36七ノ沢出合08:4910:08コイカクシュサツナイ岳登山口10:1010:18札内川ヒュッテ10:2111:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ダムゲートから数々のトンネルを抜けていくが、節電運転中で非常灯がついてました。

未舗装の林道部分はかなり補修されており特に問題はないが、歩きの場合は目に留まってくる虫が多いので、防虫ネットがあった方がよい。

札内川の七ノ沢からは沢歩き。ピンクテープの頻度少なく、登山道という感じはほぼない。本流に沿って進めばいいのだが、水量が多い箇所もあるため、河岸の踏み跡があるとこは辿った方が楽。
川の上でも虫多い。笹薮でダニはつかなかった。
確かに増水したら通行できなさそうな川である。

八ノ沢に入ると水量は減るが、やはり不明瞭。
三股近くに避けられない大きな雪渓が2つ残っており、下りは軽アイゼンあると安心。ただ、雪渓でも沢足袋は意外に滑らなかった。

三股から八ノ沢カールへの登りは、比較的明瞭だが、特に下りは見え方が変わって道を間違えたように感じる場所もあった。

カールに出てからは大音量で音楽かけ、熊には会わず。稜線上は風強く、ハイマツがうるさい箇所有り。
その他周辺情報十勝ナウマン温泉利用。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

三股あたりの大雪渓
2018年07月21日 11:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三股あたりの大雪渓
源頭部から沢を見下ろす
2018年07月21日 12:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭部から沢を見下ろす
八ノ沢カール
2018年07月21日 12:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ノ沢カール
撮影機材:

感想/記録

長い車道、林道歩きから始まり、札内川に入ってからは、「たどり着けるのか?」と感じずにいられない道なき道。
想定外の大雪渓、源頭への遡行、いわくつきのカールを越えてたどり着いたガスの中の三角点。
これまでのハイクとは一線を画したタフ極まりない山&川旅でした。
訪問者数:748人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

遡行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ