また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1548646 全員に公開 沢登り 大台ケ原・大杉谷・高見山

【真夏の沢】父ヶ谷

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年07月21日(土) [日帰り]
メンバー
 rom
, その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮川ダム上流へ行く林道はなかなか悪い
釜滝上流の建物跡に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
1時間11分
合計
6時間44分
Sスタート地点09:1110:00鎌ヶ谷10:0111:40大岩の滝11:5012:20二ノ壺・三ノ壺13:0013:20牛鬼淵13:3013:50二股14:20二股14:50出渓点15:0015:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報奥伊勢フォレストピア
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 カム#1以下を多用した

写真

感想/記録
by samoa

今回は、所属する山岳会のK田さんのお誘いを受けて、romさんに加え同じ京都の山岳会の方2名と一緒に台高の父ヶ谷を遡行することに。

京都駅八条口のセブンイレブンに集合し、マニュアルのハイエースで新名神から伊勢道を快走で宮川ダムを目指す。
宮川ダムの上流へ続く林道は途中から結構悪くなる。Uターンできるところはあるのだろうかと思っているとなにかに建物跡が出てきてちょうどそこが入渓地点付近だ。

谷がだいぶ深いため、適当に下ろせるところを探す。
少し進んだ微沢の手前くらいから下ろしていくと急ながらいい感じで沢身にでることができた。落石は注意。

さすがダムのすぐ上流。なかなか大きな規模で青空のもと巨岩と青い水を湛えている。

前半は河原歩きと巨岩に懸る滝の処理が交互に続く。
巨岩の滝の手前はだいたい大きな釜となっている。河原歩きは焼けるように暑いので積極的に泳いでいく。
ぱっと見で右からか左からかわからなかったりするが、うまいことルートを探していくのが楽しい。
強い水流や岩を超えるときに後続にシュリンゲを出したりもする。

それにしても淵の青色がとても綺麗でため息がでる。ただ、中流域のせいか少し匂う。

泳いで岩の滝を越えてを繰り返していると遡行図にある朽ちた橋や林道が最接近してくるところを通過する。

しばらく単調な河原歩き続いて、サンザイ谷なんかを確認すると、谷がゴルジュ状になっていき父ヶ谷の核心部が始まる。

まずは一ノ壺。大きな釜を抱えた美しい滝が現れた。
釜で泳ぐのがとても気持ちがいい。
滝に取りついてみる。何とか登れるかもといったところ。
軽く飛びこんだりして滝壺を満喫する。

巻きは左岸から残置ロープなどを使いながら簡単に巻くことができる。

二ノ壺も一ノ壺同様、女性的な美しい滝。なんか回りの岩壁も彫刻みたいだ。
二ノ壺入口の滝は斜滝なのでフリクションを効かせて簡単に登れる。

続く三ノ壺は左岸のリッジを登っていくがスタンスがちょっと微妙な感じなのでザイルを出す。
いい感じでカムで支点を取りながらへつり抜ける感じ。
確保支点はチョックストーン。

さらに進むと牛鬼淵へ。猟師か牛鬼を退治したという伝説にちなんでいるらしお。
これまでよりも一回り大きい滝に大きな釜を湛えている。みんなで記念撮影。
巻きは左岸からブッシュ帯に入って踏跡を辿る。沢身に戻るルンゼ地形は少し怖いが残置ロープもあった。
ここで核心部分は終了。

二股を右になって北俣を溯行してみるが、小滝以外大したものもなく適当に詰めた先で引き返す。

二股に戻り南俣を進むとこれまた美しい丸釜が迎えてくれる。
丸釜を越えて函地形の奥に3mほどの滝が懸かる。
これを左岸からへつり抜けるのが少し微妙な感じなのでザイルを出して行く。
ここもいい感じでカムで支点を取りながら進む。
確保支点もカム2つで取って全員無事に突破。

あとは堰堤を越えて適当に林道に上がり出渓。装備を解除して林道を歩いて車まで。
日帰りで規模の大きい沢の溯行を楽しめる良い沢だった。

下山後は東俣谷の時にも行った奥伊勢フォレストピアで汗を流し、高速を快走して帰京。お疲れ様でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:250人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ