また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1559569 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

焼岳、上高地から往復。Mt. YakedakeはYOUがたくさん!?

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
47分
合計
5時間5分
Sスタート地点09:3909:49上高地帝国ホテル09:56田代橋10:07上高地焼岳登山口10:38峠沢梯子場11:05長ハシゴ11:1311:23新中尾峠11:2611:26焼岳小屋11:2711:34焼岳展望台11:3611:39中尾峠11:4012:16焼岳(北峰)12:4113:03中尾峠13:08焼岳展望台13:12新中尾峠13:1613:26長ハシゴ13:2813:51峠沢梯子場14:16上高地焼岳登山口14:26西穂高岳登山口14:2714:32ウェストン碑14:41上高地アルプス山荘14:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

帝国ホテルに一度は泊まってみたいものです
2018年08月18日 09:50撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝国ホテルに一度は泊まってみたいものです
2
しばらく歩いて登山口に着きます、
2018年08月18日 10:07撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩いて登山口に着きます、
森の中のをひたすら歩き、後半、高度をぐんとあげると焼岳小屋。
2018年08月18日 11:24撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中のをひたすら歩き、後半、高度をぐんとあげると焼岳小屋。
1
穂高連峰の並びが美しい
2018年08月18日 11:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰の並びが美しい
2
見おろすと梓川
2018年08月18日 11:40撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見おろすと梓川
2
焼岳ピークがどーんと迫る
2018年08月18日 11:47撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳ピークがどーんと迫る
1
急登を上がり北峰に。
2018年08月18日 12:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を上がり北峰に。
2
オカマから煙モクモク
2018年08月18日 12:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オカマから煙モクモク
1
煙が勢いよく上がる
2018年08月18日 12:34撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙が勢いよく上がる
1
南峰は静か?
2018年08月18日 12:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰は静か?
2
下山後、バスターミナルでどっち食べようか悩み、、、、両方食べる。
2018年08月18日 14:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、バスターミナルでどっち食べようか悩み、、、、両方食べる。
1
最後に預けておいた荷物を受け取り、バスに乗り込んだ
2018年08月18日 16:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に預けておいた荷物を受け取り、バスに乗り込んだ
1
撮影機材:

感想/記録

この日も横尾でテン泊していた。

名古屋行きのバスは1630だから、のーんびり起きて、徳澤でソフト食べて、明神の嘉門次でいわな食べて、どっかのホテルで風呂浴びてー、、、、、

とどっぷり上高地観光を考えていたが、ゆっくり撤収してもまだ7時だった。

頑張ってバスターミナルに戻り、荷物預けたら焼岳ピストンいけるかなー
と考えて、とりあえずバスターミナルまで一生懸命歩いた。

9時半ごろ着いたので、
すぐに荷物を預けて、
13時を行動リミットにして、
焼岳にクライムオン。

最初は緩やかだが、だんだんと斜度は急になっていき、焼岳小屋手前では、もうゼーハーゼーハー。
登りきったと思いきや、前方に立ちそびえる焼岳主峰。かなりの迫力。
山肌と立ち上る噴煙、立ち込める硫化水素の独特な匂い。
急登を頑張って登ったら、穂高の山並みが美しく眺められる頂上に着く。


それにしても焼岳は、とても外国人の方が多く登っていたけれど、何か理由があるのだろうか??
訪問者数:257人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 テン ピストン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ