また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1559738 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳 西黒尾根から天神平へ

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き:JR越後湯沢 08:13 -(上越線)- 08:38 JR土合
帰り:谷川岳ロープウェイ 17:03 -(バス)- 上牧駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコMAP+手修正
おにぎり休憩計20分は歩行時間に含まれている
その他周辺情報下山後の温泉は上牧温泉 風和の湯(上牧駅から徒歩5-10分)
上毛高原までタクシー10分未満/約\3,000。温泉から呼んでもらえますが込み合っていると断られるそうです。なお、土合周辺、上毛高原周辺に徒歩で行けそうな温泉は見つけられませんでした。
上毛高原のNewdaysは土曜日営業19:30まで
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

土合駅の長いトンネル。我々は越後湯沢から上りの電車で引き返したのでこのトンネルは通りませんでしたが、下り電車のホームからはこの長いトンネルを登るようです。
2018年08月18日 08:36撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅の長いトンネル。我々は越後湯沢から上りの電車で引き返したのでこのトンネルは通りませんでしたが、下り電車のホームからはこの長いトンネルを登るようです。
だからなんでしょう、「日本一のもぐら駅」と呼ばれているのは。
2018年08月18日 08:40撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だからなんでしょう、「日本一のもぐら駅」と呼ばれているのは。
さて、いよいよ西黒尾根からの登山開始です。次から次へと登山客が登っていきます。
2018年08月18日 09:21撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ西黒尾根からの登山開始です。次から次へと登山客が登っていきます。
変わり映えのしない森林歩き唯一(?)のランドマーク L字ブナ
2018年08月18日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わり映えのしない森林歩き唯一(?)のランドマーク L字ブナ
1
この表示にはなぜかガックリくるんですよね…
2018年08月18日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示にはなぜかガックリくるんですよね…
ロープウェイの天神平が同じ目の高さに見えるところまでやってきました。ここでおにぎり休憩です。
2018年08月18日 10:47撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイの天神平が同じ目の高さに見えるところまでやってきました。ここでおにぎり休憩です。
その休憩場所のすぐそばは、ソバナや、
2018年08月18日 11:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その休憩場所のすぐそばは、ソバナや、
アザミ(?)など、ちょっとしたお花畑になっていました。
2018年08月18日 11:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ(?)など、ちょっとしたお花畑になっていました。
第一回おにぎり休憩
ロープウェイ天神平が気持ち目線下に
2018年08月18日 11:06撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一回おにぎり休憩
ロープウェイ天神平が気持ち目線下に
やがて目の前に谷川岳が現れ、突然のように、山岳っぽい雰囲気に様変わりします。
2018年08月18日 11:10撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて目の前に谷川岳が現れ、突然のように、山岳っぽい雰囲気に様変わりします。
1
アザミにとまっていたミツバチを接写しようとしたら、飛ばれてしまい、慌ててシャッターを押しました。その直後、ちょっとだけこのミツバチに攻撃を受けそうになりました(汗)。
2018年08月18日 11:13撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミにとまっていたミツバチを接写しようとしたら、飛ばれてしまい、慌ててシャッターを押しました。その直後、ちょっとだけこのミツバチに攻撃を受けそうになりました(汗)。
ススキも穂を出し始め、早くも秋の気配を感じさせます。
2018年08月18日 11:16撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキも穂を出し始め、早くも秋の気配を感じさせます。
赤い実が葉の中央にくっついている不思議な植物
2018年08月18日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実が葉の中央にくっついている不思議な植物
ラクダの背に到着
2018年08月18日 11:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背に到着
そのラクダの背(?)をちょっと振り返ります。
2018年08月18日 11:43撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのラクダの背(?)をちょっと振り返ります。
綺麗な花。花図鑑をそろそろ買わなくては。。
2018年08月18日 11:49撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な花。花図鑑をそろそろ買わなくては。。
第二回おにぎり休憩
山頂までもうすぐに見えますが1時間あります
2018年08月18日 12:06撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二回おにぎり休憩
山頂までもうすぐに見えますが1時間あります
さっきのミツバチとは逆で、花を接写しようとしたら、トンボがとまってきました。
2018年08月18日 12:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきのミツバチとは逆で、花を接写しようとしたら、トンボがとまってきました。
1
岩場にみられた結晶。岩図鑑をそろそろ買わなくては。。
2018年08月18日 12:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場にみられた結晶。岩図鑑をそろそろ買わなくては。。
山岳地帯に咲くトリカブト
2018年08月18日 12:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳地帯に咲くトリカブト
1
谷川岳とは反対方向に、突如、カッコいい山脈が現れます。あとで調べると、俎堯覆泙覆い燭阿蕁忙確任里茲Δ任后
2018年08月18日 12:51撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳とは反対方向に、突如、カッコいい山脈が現れます。あとで調べると、俎堯覆泙覆い燭阿蕁忙確任里茲Δ任后
ここまで来ると山頂もいよいよ
2018年08月18日 12:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると山頂もいよいよ
ヤマハハコも沢山咲いています
2018年08月18日 12:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコも沢山咲いています
大勢の人が行き交う、ロープウェイ天神平に続く登山道も見えてきました。
2018年08月18日 12:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大勢の人が行き交う、ロープウェイ天神平に続く登山道も見えてきました。
岩の上で直射日光を浴びる野イチゴ
2018年08月18日 13:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上で直射日光を浴びる野イチゴ
猫耳というより蛙な谷川岳
2018年08月18日 13:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫耳というより蛙な谷川岳
第三回おにぎり休憩(デザート付き)をトマノ耳下のこの辺で。
2018年08月18日 13:07撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三回おにぎり休憩(デザート付き)をトマノ耳下のこの辺で。
千ノ倉山方面への縦走、いつかはやってみたいのですが。。
2018年08月18日 13:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千ノ倉山方面への縦走、いつかはやってみたいのですが。。
トマの耳に到着
2018年08月18日 13:38撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳に到着
今度はオキの耳に向かいます。
2018年08月18日 13:42撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はオキの耳に向かいます。
土地勘がないのですが、みなかみの街でしょうか
2018年08月18日 13:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土地勘がないのですが、みなかみの街でしょうか
万太郎谷。右側に見える尾根は、茂倉新道でしょうか。
2018年08月18日 13:47撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万太郎谷。右側に見える尾根は、茂倉新道でしょうか。
最終目的地、オキの耳に到着。
2018年08月18日 13:55撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終目的地、オキの耳に到着。
トマの耳から千ノ倉山方面の眺め
2018年08月18日 13:56撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳から千ノ倉山方面の眺め
湯檜曽川を挟んだ向こう側の山は白毛門、朝日岳らしいのですが、どれがどの山やら。。
2018年08月18日 13:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯檜曽川を挟んだ向こう側の山は白毛門、朝日岳らしいのですが、どれがどの山やら。。
さあ、トマの耳へ戻りましょう。
2018年08月18日 14:06撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、トマの耳へ戻りましょう。
みんな、トマの耳を撮るものだから、私も真似しちゃいました。
2018年08月18日 14:07撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな、トマの耳を撮るものだから、私も真似しちゃいました。
オキの耳とトマの耳の間に咲くリンドウ。リンドウもあちこちに咲いていましたが、一枚も撮っていなかったので。。
2018年08月18日 14:09撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳とトマの耳の間に咲くリンドウ。リンドウもあちこちに咲いていましたが、一枚も撮っていなかったので。。
おっと、谷川岳肩の小屋も忘れてはいけません。
2018年08月18日 14:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、谷川岳肩の小屋も忘れてはいけません。
1
本日登ってきた西黒尾根も撮っておきましょう。
2018年08月18日 14:15撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日登ってきた西黒尾根も撮っておきましょう。
天神平へ向かって下山開始後、谷川岳肩の広場を振り返ります。
2018年08月18日 14:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平へ向かって下山開始後、谷川岳肩の広場を振り返ります。
ん?こっちにもザンゲ岩
2018年08月18日 14:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?こっちにもザンゲ岩
もうすぐ天神平というところで谷川岳を見上げることになります。あんなところに登ってきたんだと。。
2018年08月18日 15:35撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ天神平というところで谷川岳を見上げることになります。あんなところに登ってきたんだと。。

感想/記録

夏の北アルプス縦走で身体も鍛えられたので、なまる前にもう一山!しかしアルプスは時間的に難しい。。。そうだ、谷川岳にまだ一度も行っていないじゃないか。急登マニアでもないのに、ブナ立尾根に続き日本三大急登の西黒尾根にチャレンジすることになりました。
西黒尾根、前半は森林帯で粘土層の土が少し滑りやすいです。後半は岩場になり、さらに岩場の前半と後半で岩質が違うように思われました。後半の岩はツルツルしていて、べた足の摩擦で登ろうとしても微妙にぬるりと滑るのです。この岩質は天神尾根の上部も同様だったので、ロープウェイで気軽に登れる山としては手強い方になるかもしれません。
ブナ立尾根に比べると標高が低くなるので蒸し暑さとの戦いを覚悟していましたが、予想に反して秋の気配ただよう気候になり、身体への負荷も少なかったです。この二つの急登は、気候はどっこいどっこいとしても、それまでの鍛え方、荷物の重さ、標高などの違いに加えて好みや得手不得手があるので単純に比較はできないですね。岩好き、稜線好きなので西黒尾根の後半では岩と展望にあふれていてとても楽しかったです。が、縦走並の荷物を背負って鎖場・岩場はやっぱりちょっとまだ怖いし、岩の滑り具合を考えると下りに使う気にはなれませんでした。でも猛者たちが沢山下りに利用していました。尊敬しかありません。
谷川岳、とてもいい山ですね。混雑していると聞いていて、ずっと谷川岳は避けていました。観光地でもどこでも、見応えのある場所に人が集まるのは当然なのですが。
しかしまだ、急登では何かの拍子に捻挫の足首が痛みます。何かが挟まったような痛さです。長くは続かないものの、痛いのは気になるし嫌ですね。

訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ