また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1559876 全員に公開 ハイキング中央アルプス

宝剣岳へ 極楽平方面より

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
中央道 駒ケ根IC経由 菅の台バスセンターへ 駐車代 600円
バス ロープウェイ往復チケット購入 3900円
土曜日ということで混み合い
バス停で20分ほど ロープウェイしらび平駅で1時間ほど待つ
千畳敷に着いたのが10時になる
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間4分
休憩
1時間12分
合計
3時間16分
S千畳敷駅10:1210:34極楽平10:4610:53サギダルの頭10:5410:58三ノ沢分岐11:1311:37宝剣岳12:1112:16宝剣山荘12:2112:51乗越浄土12:5613:28千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 伊那インター付近泊
 7:15 宿泊所発
 8:00 菅の台バスセンター着
      バス停で20分、しらび平ロープウェイ40分待ち
10:00 千畳敷着
<復路>
14:00 千畳敷ロープウェイ発
15:00 菅の台 マルス経由
16:30 木曽福島泊 (山村代官屋敷、福島関所)  
コース状況/
危険箇所等
極楽平からの宝剣への登りの方は危険度高い
宝剣山荘側からの往復の方がより安全
その他周辺情報早太郎温泉 こまくさの湯 バスセンター近く

写真

千畳敷駅をまず極楽平方面へ出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷駅をまず極楽平方面へ出発
3
甲斐駒・仙丈ケ岳・北岳・間ノ岳・農鳥・富士
遠くに秩父の山並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒・仙丈ケ岳・北岳・間ノ岳・農鳥・富士
遠くに秩父の山並み
2
極楽平
奥に三ノ沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽平
奥に三ノ沢岳
1
宝剣岳・奥に木曽駒の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳・奥に木曽駒の山頂
三ノ沢岳への分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳への分岐
富士から右へ
塩見・荒川・赤石・聖まで見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士から右へ
塩見・荒川・赤石・聖まで見える
宝剣への登りから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣への登りから
4
おっと!岩の腰かけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと!岩の腰かけ
3
三ノ沢方面振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢方面振り返る
宝剣山荘方面渋滞中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣山荘方面渋滞中
宝剣山荘前でほっとする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣山荘前でほっとする
2
宝剣山荘
中岳方面へは人の列が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣山荘
中岳方面へは人の列が続く
浄土乗越から下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土乗越から下る
千畳敷から振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷から振り返る
3
千畳敷ロープウェイ乗り場に並び
無事下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷ロープウェイ乗り場に並び
無事下山
2

感想/記録

2018年(平成30年)8月18日(土)

宝剣岳へ 険しい岩山

「渋滞中 険しい岩山 宝剣岳」

前日のハプニングで坊主岳に登り
今日は、
三ノ沢岳へ往復しよう
木曽駒登頂から宝剣を回ろう など計画した。

しかし人気場所、土曜日、出発が遅かったことが重なり
人ごみに完全に飲み込まれ
バス停で、ロープウェイ乗り場での待ち時間が予定より長くなり
結局行動時間が思うように確保できず
宝剣岳をメインに据えるGYKの山行となった。

快晴の千畳敷を元気よく極楽平方面へと登る。
途中南アルプスの山並み、富士の姿も見え最高のロケーションだ。
極楽平には疲れもなくあっという間に着く。

当初予定していた空木方面も遠くに見える。
昨年はここから稜線を嫌というほど歩いた苦行を思い出す。

雲の上に浮くように御嶽山の姿は神々しい。
稜線から外れた位置に三角錐の三ノ沢岳も美しい姿を見せている。
本来三ノ沢まで行こうとの計画もあったが時間的に断念。

そして目指す宝剣岳はごつごつした岩が折り重なるように
ツンと天にその矛先を向けている。
意を決し登り始める。

私は同じ方向から二度目だが
記憶というのはあいまいでただ登ったとの思いしかなかったのだが。
こんな険しいところがあったんだと
岩越え、岩場を下るというなかなか手ごわいところでビビる。

それでも岩の腰かけとでもいおうか
岩が突き出たところは鮮明に思い出した。
その場に行くと鎖につかまって先を行くしかないが、
前回、若者がその岩の先に腰かけ足を空中に浮かせ
ぶらぶらさせていたのを見て、ゾクゾクしたことがよみがえった。

岩の腰かけから山頂は直ぐだ。
しかし山頂は岩場で狭く、大渋滞だった。
とくに山頂の岩に登り写真を撮ろうとする人の順番待ちで
ずっと待つしかない。

岩に登る人を見ては、落ちないようにと力が入る。
登るのは良いが、下りるのが大変
ホールドが丸いので、足場になかなか届かない足が気になる。

我々は岩の手前で登頂!
山頂を空けるとすぐに次の方が来る。
宝剣山荘方面へ下ろうとするが、登って来る人が多い。
山頂は満員御礼で下り優先で降りることになる。

宝剣山荘方面からは危険度も少なく登る人が多いと思われる。
確かにあっという間に宝剣山荘前に下ることができた。
振り返ると渋滞の登りの列ができていた。
宝剣山荘付近、木曽駒ヶ岳への道は人で埋め尽くされていた。

極楽平から宝剣に登り、宝剣山荘までも時間がかかり
木曽駒ヶ岳への登頂もやめにして
お昼を人ごみの中で食べ、
同じく人ごみの中を浄土乗越から下り始めた。

下りも数珠繋ぎ、まだ登って来る人を待つことによって時間がかかり、
ロープウェイも乗車列ができていた。

宝剣岳への登りの緊張感での疲れもあるが、
人の多さに疲れる山でもあった。

それでも後半は時間に余裕もでき無理のない山行となり
ハプニング続きではあったが、
臨機応変GYK山行の思い出を作ることになった。

ふるちゃん
訪問者数:177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 山行 ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ