また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560009 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

月山の夏:姥沢から山頂と胎内岩下、大雪城上まで

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
月山スキー場駐車場は週末でも余裕あり。朝8時前なら駐車場は出口に近い所に停められる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
47分
合計
4時間57分
S月山リフト山頂駅08:1008:31姥ヶ岳08:3308:45金姥09:06牛首09:20鍛冶坂09:3010:10月山10:2510:50胎内岩11:00大雪城上11:1011:50月山12:0012:27牛首12:45牛首下13:07月山リフト山頂駅13:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道に危険箇所は全くなし。

写真

駐車場から10分歩いてリフト下駅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から10分歩いてリフト下駅。
リフト上駅前の月山の標識、後方は姥ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト上駅前の月山の標識、後方は姥ヶ岳。
3
姥ヶ岳の登りからリフト上駅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳の登りからリフト上駅。
1
姥ヶ岳手前から月山。まだ雲に覆われている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳手前から月山。まだ雲に覆われている。
1
姥ヶ岳山頂へ、寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳山頂へ、寒い。
1
辺りはリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りはリンドウ。
3
姥ヶ岳を過ぎて月山方面を臨むが、まだ雲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥ヶ岳を過ぎて月山方面を臨むが、まだ雲。
3
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
4
鍛冶坂から縦走路を行く月山講の方々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍛冶坂から縦走路を行く月山講の方々。
9
鍛冶稲荷。頂上はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍛冶稲荷。頂上はもうすぐ。
1
山頂の月山神社。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の月山神社。
4
ハクサンイチゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
1
月山の一等三角点から大峰、弥陀ヶ原方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山の一等三角点から大峰、弥陀ヶ原方面。
1
月山の一等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山の一等三角点。
2
ハクサンフウロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。
1
本道寺口への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道寺口への分岐。
2
分岐から直ぐ左に池塘が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から直ぐ左に池塘が。
2
大道寺口への下りの山頂付近は、大体こんな感じ。草原と点在する大岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大道寺口への下りの山頂付近は、大体こんな感じ。草原と点在する大岩。
2
胎内岩、下から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内岩、下から。
3
残雪が見えるが、小さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が見えるが、小さい。
1
さあ、山頂まで登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、山頂まで登り返します。
2
ミヤマリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ。
5
少しだけこんな所を通って山頂へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけこんな所を通って山頂へ向かう。
1
牛首からリフト上駅に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首からリフト上駅に向かう。
1
月山山頂を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山山頂を振り返る。
2
リフト上駅と姥沢への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト上駅と姥沢への分岐。
2
ニッコウキスゲが少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲが少し。
1
姥沢に残雪は無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥沢に残雪は無し。
1
月山山頂方面が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山山頂方面が見える。
2
リフト上駅に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト上駅に到着。
1
リフトからだったが、朝日連峰が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトからだったが、朝日連峰が見えた。
1

感想/記録
by kyen

この夏の猛暑でなかなか山に行く気にならなかったが、この辺で調子を整えておきたい。この週末は北の高気圧に覆われて、気温が低下するらしい。姥沢からリフトで月山に行ってみることにした。

予報どおり朝から街は快晴だが、一昨日の大雨、昨日の強風で、山はまだ雲が架かっているかもしれない。月山スキー場の駐車場は7:20到着、山には雲が架かっているが、徐々に晴れそうである。そのまま舗装道路を登り、途中の小屋で環境協力金一人200円を払い、歩いて10分ほどで月山リフト下駅へ着く。結構なウォームアップだが、今日は、それ程暑くはない。リフトは一応8:00からというで、待っている人もいるが10数人程度だった。一人往復1030円。

リフト上駅前には月山の標柱があるが、その背景は姥ヶ岳で、そこまでは見える。月山は雲の中である。準備をして8:10に出発する。石の道、次いで木道を少し行くと姥ヶ岳方面と牛首方面の分岐があり、左へ姥ヶ岳に向かう。階段状の登りがしばらく続き、その後緩い木道の登りになると姥ヶ岳山頂になる。ここからは朝日連峰の展望がよいのだが、今日は雲の中である。気温が低くて登るのには良いのだが、多分5℃位で、耳が痛いし、手がかじかむ程で、涼しいのを完全に通り越して、寒い。次のピークは右から巻き、下りとなって鞍部、湯殿山神社からの道が合する金姥である。そこから柴灯森の緩い登りとなり、牛首に着く。牛首からしばらく行くと急登となるが、その前に月山らしく白装束の行者さんの一行とすれ違う。行者さんといっても月山講の人たちで普通の方々。以前もこの辺りですれ違った覚えがある。それからも時折先達の法螺貝の音が聞こえた。ここからも石の道で登りでは問題ない。鍛冶坂の急登の途中で一度休憩。鍛冶稲荷に達すると、もう少しで山頂の一角である。そこから少し登り、広い山頂へ、さらに進んで頂上小屋を経て最高地点の月山神社に到着する。三角点には行っておこうと、左に神社を見ながら少し行くと、左に三角点への道に入る。今日の眺望は時折雲が架かる周辺の山くらいだが、山の雰囲気には十分である。

山頂から今日は大道寺口の胎内岩、できれば大雪城まで行ってみようと、山頂南側の分岐を大道寺口方面に向かう。途端に周辺は、終わりかけではあるがハクサンイチゲ ロードとなる。ゆったりとした下りは、一部背の低い笹や潅木もあるが、大部分は草原で大岩が点在する高山らしい風景が続く。姥沢からとは違った景観が楽しめるし、メインロードの喧騒から少し離れただけで、誰もいない山を楽しめるので、お勧めである。20分程下ると左に岩が集積した胎内岩がある。中には入らなかった。さらに下ると同じような草原が続くが清川行人小屋への2つの道が分岐する。ペンキとロープでルートは表示されている。この辺りは小さなミヤマリンドウがきれいである。分岐から右に進むと残雪が見えてくるが、今年は雪は少なそうなので、ここら辺(標高1800m位)で山頂に戻ることにする。標高差200mの登り返しであるが、気温が低くて助かる。山頂の分岐近くまで誰にも会わなかった。山頂周辺も今日は雲が架かったり晴れたりのようだった。下りも順調だが、まだ昼頃だし、登ってくる人も多い。狭い所では登山者の行き来に時間がかかる。牛首から、リフト上駅方面へ向かうが、徐々に気温が上がってきて、この辺が一番汗をかいた。しばらく土のトラバースと木道の下り、沢を渡ると木道の登り、石の道の登りになり分岐点に達する。そこからリフト上駅に下る。今日は遠望は効かなかったが、気温は一時寒いほどで、山での体調を整えるのには良かったかな。
訪問者数:442人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ