また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1561560 全員に公開 ハイキング北陸

国吉城から御嶽山(おたけやま)

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
0分
合計
4時間39分
Sスタート地点08:1612:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一般的に、駐車場から城山山頂までは20-30分。
城山から御嶽山山頂まで約90分くらいだと思う。
コース状況/
危険箇所等
砂礫が細かく、非常に滑りやすい箇所がある。
くまの目撃情報もあり。
その他周辺情報国吉城歴史資料館の下の方に駐車させていただいた。
9時から開館なので、下山後に立ち寄った。(入館料100円)

写真

道中あちらこちらに史跡あり。
2018年08月19日 08:21撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中あちらこちらに史跡あり。
ゲートを開けて進みます。
2018年08月19日 08:31撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを開けて進みます。
城山山頂。
美浜町が一望できます。
2018年08月19日 08:58撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山山頂。
美浜町が一望できます。
岩から木が生えてる
2018年08月19日 10:09撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩から木が生えてる
テレビアンテナ。
ここまでは車で来れそうな雰囲気だが、
普通車では無理そうな気がする。
2018年08月19日 10:14撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレビアンテナ。
ここまでは車で来れそうな雰囲気だが、
普通車では無理そうな気がする。
突然視界が開ける。
ふらふらと近寄ると、足元が切れ落ちているので注意!
2018年08月19日 10:28撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然視界が開ける。
ふらふらと近寄ると、足元が切れ落ちているので注意!
朽ちた配管。
かつては珪石の採掘場だった跡だろうか。
2018年08月19日 10:44撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた配管。
かつては珪石の採掘場だった跡だろうか。
トロッコの車輪
2018年08月19日 10:49撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコの車輪
ドラム缶?
2018年08月19日 10:55撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドラム缶?
朽ちたレール
2018年08月19日 10:57撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちたレール
レールの残骸
2018年08月19日 10:57撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レールの残骸
御嶽山(おたけやま)山頂。
三角点は無い
2018年08月19日 10:59撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山(おたけやま)山頂。
三角点は無い
道中から少し離れた、すごい文字の三角点
2018年08月19日 11:44撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中から少し離れた、すごい文字の三角点
オニヤンマ
2018年08月19日 12:00撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニヤンマ

感想/記録
by fuwary

楽な山かと思いきや、少々ハードな部分もあった。
途中2箇所のロープ場はかなりの急坂の上、砂礫でズルズル滑り、注意が必要。
テレビ塔の先は林道を歩くが、途中で登山道は分岐する。
テープを見落とすと、そのまま林道を降りてしまうので注意。
途中の切れ落ちているところは、雪庇のようにせり出している部分もあるので、あまり近づかないほうが良いだろう。

下山後は資料館へ。
館内は涼しく、さらにお茶がいだだけます。

時期により、シャガと半夏生の群生が見られるとのこと。
訪問者数:44人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ