また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1562687 全員に公開 ハイキング東海

南沢山、神坂山

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 中央高速道を中津川ICで降り、国道19号線から馬籠宿に向かう旧中山道の県道7号線を通り、冷川沿いの林道を遡って神坂峠に至る。車のナビは恵那山トンネルを通過して園原を経由する道を案内したが、こちらのルートの方が距離が短いし、当然高速料も安い。駐車スペースは峠から30m程度の範囲で10台や15台は駐車できそうである。
 帰りも同じ道を戻った。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
40分
合計
6時間50分
S神坂峠08:0009:00富士見台高原10:30横川山11:00南沢山11:3012:00横川山13:40富士見台高原14:10神坂山14:2014:50神坂峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 見晴らしが良くて綺麗に整備された道で、危険個所や迷いやすい場所は無い。但し、今日、行きに通った峠から山の西側を巻く山道は、笹が被って来ているので、雨上がりや朝露があると濡れてしまう。
その他周辺情報 神坂峠から北500mほどの所に萬岳荘というロッジがあり、宿泊もできるようである。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

 神坂峠から岐阜県側へ30mほどの所の広場に車を止める。出発時はガスがかかって周囲の山は見えない状態であったが、晴天を信じて8時に出発する。
2018年08月19日 07:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 神坂峠から岐阜県側へ30mほどの所の広場に車を止める。出発時はガスがかかって周囲の山は見えない状態であったが、晴天を信じて8時に出発する。
 峠には7:40分頃に着いたが、すでに7,8台の車が止まっていた。距離のある恵那山を目指す人は、夜明けとともに出発されるのかもしれない。
2018年08月19日 07:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 峠には7:40分頃に着いたが、すでに7,8台の車が止まっていた。距離のある恵那山を目指す人は、夜明けとともに出発されるのかもしれない。
 この山の掘割が現在の神坂峠である。手前が長野県、奥が岐阜県である。左の尾根に登る道が恵那山への登山口である。自分は反対の峠の先を右に入る。
2018年08月19日 07:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この山の掘割が現在の神坂峠である。手前が長野県、奥が岐阜県である。左の尾根に登る道が恵那山への登山口である。自分は反対の峠の先を右に入る。
 尾根の西を巻いて富士見台へ向かう道はここから入る。尾根の東を通る道は、萬岳荘までバス道があり、萬岳荘からは登山道が続いていて、途中で合流する。
2018年08月19日 07:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 尾根の西を巻いて富士見台へ向かう道はここから入る。尾根の東を通る道は、萬岳荘までバス道があり、萬岳荘からは登山道が続いていて、途中で合流する。
 峠から100mほど登ると、古道「神坂峠」の案内版があり、この峠道で発掘調査が行われたことなどが記してある。富士見台まで1.7kmとした標識がある。
2018年08月19日 08:01撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 峠から100mほど登ると、古道「神坂峠」の案内版があり、この峠道で発掘調査が行われたことなどが記してある。富士見台まで1.7kmとした標識がある。
 朝露に濡れた蜘蛛の巣。
2018年08月19日 08:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 朝露に濡れた蜘蛛の巣。
 イタドリの花?同じような花は富士山の高所でたくさん見かけた。
2018年08月19日 08:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 イタドリの花?同じような花は富士山の高所でたくさん見かけた。
 こちらの登山道は通る人が少ないようで、わずかな区間であるが、日当たりの良い所の笹は登山道にかぶって来ている。膝より下はびしょ濡れになる。
2018年08月19日 08:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こちらの登山道は通る人が少ないようで、わずかな区間であるが、日当たりの良い所の笹は登山道にかぶって来ている。膝より下はびしょ濡れになる。
 萬岳荘からの道を合わせると広い登山道になる。
2018年08月19日 08:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 萬岳荘からの道を合わせると広い登山道になる。
1
 登山道脇に山小屋(右)とトイレ小屋(左)がある。背後の山は富士見台へ続く尾根の頂部である。
2018年08月19日 08:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 登山道脇に山小屋(右)とトイレ小屋(左)がある。背後の山は富士見台へ続く尾根の頂部である。
2
 白い花と蜜を吸う蜂。
2018年08月19日 08:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 白い花と蜜を吸う蜂。
1
 岩礫が点在する富士見台の山頂。小さな子供を二人連れた若いご夫婦が登られていた。
2018年08月19日 08:58撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 岩礫が点在する富士見台の山頂。小さな子供を二人連れた若いご夫婦が登られていた。
2
 これから向かう南沢山への見晴らしの良い尾根道。目指す南沢山は登山口の標高(EL1569m)より低い EL1564mである。降る登山?は初めてである。
2018年08月19日 08:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 これから向かう南沢山への見晴らしの良い尾根道。目指す南沢山は登山口の標高(EL1569m)より低い EL1564mである。降る登山?は初めてである。
2
 中央アルプスのようであるが山頂の一部だけではっきりしない。参考にさせていただいたKei-jiharaさんによれば中央、北、南アルプスの多くの山々が見られるようであるが、今日は残念!
2018年08月19日 09:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 中央アルプスのようであるが山頂の一部だけではっきりしない。参考にさせていただいたKei-jiharaさんによれば中央、北、南アルプスの多くの山々が見られるようであるが、今日は残念!
1
 しかし、目指す近場の笹原の山々は、見通し良く見えて清々しい気分になれる。腰痛も風邪も吹っ飛びそうである。
2018年08月19日 09:01撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 しかし、目指す近場の笹原の山々は、見通し良く見えて清々しい気分になれる。腰痛も風邪も吹っ飛びそうである。
1
 中津川の街や、来るときに潜ってきた高速道路の大きな赤いアーチ橋も見えている。右奥の山は笠置山に似ているが、位置的には「男だる山(1342.4m)」?
2018年08月19日 09:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 中津川の街や、来るときに潜ってきた高速道路の大きな赤いアーチ橋も見えている。右奥の山は笠置山に似ているが、位置的には「男だる山(1342.4m)」?
1
 リンドウ?の蕾み。この花は登山道沿いに沢山ある。
2018年08月19日 09:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 リンドウ?の蕾み。この花は登山道沿いに沢山ある。
1
 富士見台から北西に下った所には池塘が幾つかある。
2018年08月19日 09:13撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 富士見台から北西に下った所には池塘が幾つかある。
1
 正面に見える4つのピークの右端が通過点の横川山(EL1619.8m)で、さらに右の低い山が目指す南沢山(EL1564m)のようである・・・が?定かでない。
2018年08月19日 09:21撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 正面に見える4つのピークの右端が通過点の横川山(EL1619.8m)で、さらに右の低い山が目指す南沢山(EL1564m)のようである・・・が?定かでない。
 沢を渡るルートの最低部には苔むした岩場を流れる綺麗な冷たい水がある。「横川の名水」とのことである。
2018年08月19日 09:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 沢を渡るルートの最低部には苔むした岩場を流れる綺麗な冷たい水がある。「横川の名水」とのことである。
1
 ピンクの赤い実。
2018年08月19日 09:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ピンクの赤い実。
1
 薄いピンクが綺麗な花?
2018年08月19日 09:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 薄いピンクが綺麗な花?
1
 振り返り見る恵那山の頂部は依然として雲の中。
2018年08月19日 10:06撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 振り返り見る恵那山の頂部は依然として雲の中。
 緑の笹原がふわふわ絨毯のようで綺麗である。右端が横川岳か?先はまだまだ遠い。
2018年08月19日 10:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 緑の笹原がふわふわ絨毯のようで綺麗である。右端が横川岳か?先はまだまだ遠い。
1
 冬の北風で変形した尾根の木々。
2018年08月19日 10:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 冬の北風で変形した尾根の木々。
 通過点の横川山と雲の中の恵那山。中央の笹に囲まれた部分は二等三角点。
2018年08月19日 10:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 通過点の横川山と雲の中の恵那山。中央の笹に囲まれた部分は二等三角点。
 目指す南沢山は右端の辺りと思われる。約60mほど降ることになる。今日のルート最高点の富士見台より175m低い。 
2018年08月19日 10:49撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 目指す南沢山は右端の辺りと思われる。約60mほど降ることになる。今日のルート最高点の富士見台より175m低い。 
 薄紫の綺麗な花。花の形はリンドウのようであるが?つる草のようでもある。
2018年08月19日 11:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 薄紫の綺麗な花。花の形はリンドウのようであるが?つる草のようでもある。
2
 無事に目的の山「南沢山」に到着。きそ川山歩きの会のプレートも見える。あまり特徴のない山頂ではあるが、岐阜百山の一つに挙げられている。
2018年08月19日 11:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 無事に目的の山「南沢山」に到着。きそ川山歩きの会のプレートも見える。あまり特徴のない山頂ではあるが、岐阜百山の一つに挙げられている。
1
 特徴的な笹の葉の虫食い跡。
2018年08月19日 11:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 特徴的な笹の葉の虫食い跡。
1
 黄色の可愛い花。
2018年08月19日 11:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 黄色の可愛い花。
1
 紅葉のバイケイソウ?
2018年08月19日 11:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 紅葉のバイケイソウ?
 帰りの横川山から見た中央アルプス北部の山々。
2018年08月19日 12:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 帰りの横川山から見た中央アルプス北部の山々。
1
 こちらはうっすらと姿を見せてくれた木曽の御嶽山。
2018年08月19日 12:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こちらはうっすらと姿を見せてくれた木曽の御嶽山。
1
 富士見台を目指すゆったりとした帰りの登り道。
2018年08月19日 12:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 富士見台を目指すゆったりとした帰りの登り道。
 南アルプスも仙丈岳から光岳辺りまで、かすかに姿を見せてくれた。ここは北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳らが並んでいるように見えるが・・・?
2018年08月19日 13:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 南アルプスも仙丈岳から光岳辺りまで、かすかに姿を見せてくれた。ここは北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳らが並んでいるように見えるが・・・?
1
 大型の歯間ブラシのような珍しい木の枝葉。
2018年08月19日 13:23撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 大型の歯間ブラシのような珍しい木の枝葉。
 帰りの富士見台からは恵那山も雲間に姿を現した。
2018年08月19日 13:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 帰りの富士見台からは恵那山も雲間に姿を現した。
1
 左端の高みは、富士見台から望む神坂山である。帰りは神坂山を経由して帰ることにする。
2018年08月19日 13:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 左端の高みは、富士見台から望む神坂山である。帰りは神坂山を経由して帰ることにする。
2
 途中にあった「落雷遭難の碑」。昭和30年8月に中学生4人が遭難されたようである。
2018年08月19日 13:57撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 途中にあった「落雷遭難の碑」。昭和30年8月に中学生4人が遭難されたようである。
 小さなピンクの花。
2018年08月19日 14:01撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 小さなピンクの花。
1
 黄色の可愛い花。
2018年08月19日 14:02撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 黄色の可愛い花。
1
 神坂山の山頂には神社などは無く、この大きな岩が鎮座しているのみ。「昭和五年・・・、岩田石」と書いてあるように見えるが意味は不明。
2018年08月19日 14:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 神坂山の山頂には神社などは無く、この大きな岩が鎮座しているのみ。「昭和五年・・・、岩田石」と書いてあるように見えるが意味は不明。
1
 神坂山から降ると、この萬岳荘の前に出る。多くの人がバスを待っていた。ここからヘブンズという所を経てロープウエイで園原に降りられるようである。
2018年08月19日 14:37撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 神坂山から降ると、この萬岳荘の前に出る。多くの人がバスを待っていた。ここからヘブンズという所を経てロープウエイで園原に降りられるようである。
 萬岳荘からこの道を約500m歩くと神坂峠に着く。
2018年08月19日 14:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 萬岳荘からこの道を約500m歩くと神坂峠に着く。
 神坂峠に戻って来た。すでに多くの車は居なくなっている。この道を進むとヘブンズに行けるし、園原へ降りる道もあるらしい。すぐ右が掘割の峠道である。
2018年08月19日 14:48撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 神坂峠に戻って来た。すでに多くの車は居なくなっている。この道を進むとヘブンズに行けるし、園原へ降りる道もあるらしい。すぐ右が掘割の峠道である。
1
撮影機材:

感想/記録

 軽い腰痛があるし、冷房風邪でのどが痛い。しかし、天気が良さそうなので、ゆったりした山を歩いて元気を取り戻そう・・・とヤマレコ記録を見ていたら、Kei-jiharaさんとMis-aharaさんが、今年5月に歩かれた南沢山プチ縦走の記録が目にとまった。以前に行ったことのある富士見台から見た笹原の中のゆったりした山道を思い出して、神坂峠から南沢山に行ってみることにした。
 歩いてみて感じたが、このコースは開放感があり、登山道の勾配も緩くてのんびり歩ける。天気が良ければ御嶽山はじめ南、北、中央アルプスの眺めも良いであろうし、周辺の山々の景観を楽しみながら、ゆったり歩くにはもってこいの登山道であった。Kei-jiharaさんとMis-aharaさんに感謝である!
 おかげさまで元気を回復して、ヤマレコ記録を書いている。次の山歩きを楽しみに、一週間を頑張ろう!・・・と思う。
 
訪問者数:284人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ