また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1564476 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

八ヶ岳(赤岳-横岳-硫黄岳)縦走 日帰り

日程 2018年08月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富山(0:30)ーR158−安房トンネルー松本IC−諏訪南IC−美濃戸口〜赤岳山荘(4:30)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
1時間40分
合計
10時間10分
S赤岳山荘04:4504:50美濃戸山荘04:5506:30行者小屋06:30阿弥陀岳分岐06:40文三郎尾根分岐06:4508:15赤岳09:0009:00赤岳頂上山荘09:25赤岳天望荘09:4009:45地蔵の頭10:30三叉峰(横岳)10:45横岳10:5011:25硫黄岳山荘11:45硫黄岳12:1012:20赤岩の頭13:20赤岳鉱泉14:50美濃戸山荘14:55赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
富山発(0:30)ー八ヶ岳(温泉・食事)ー富山着(21:30)= 21時間 
その他周辺情報もみの湯(500円)
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

南沢ルート
2018年08月19日 04:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢ルート
苔むした道が心地良い
2018年08月19日 06:13撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした道が心地良い
行者小屋
2018年08月19日 06:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋
文三郎尾根の長い階段
2018年08月19日 07:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の長い階段
中岳ー阿弥陀岳
2018年08月19日 07:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳ー阿弥陀岳
奥:阿弥陀岳ー中岳
2018年08月19日 07:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥:阿弥陀岳ー中岳
雲海に浮かぶ富士山
2018年08月19日 08:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ富士山
赤岳山頂
2018年08月19日 08:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂
横岳ー硫黄岳方面
2018年08月19日 09:01撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳ー硫黄岳方面
硫黄岳噴火口跡
2018年08月19日 11:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳噴火口跡
硫黄岳から赤岳ー阿弥陀岳
2018年08月19日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳から赤岳ー阿弥陀岳
赤岳鉱泉
2018年08月19日 13:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
北沢ルートで下る
2018年08月19日 13:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢ルートで下る
美濃戸山荘到着
2018年08月19日 14:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘到着

感想/記録

美濃戸山荘ー(南沢ルート)ー行者小屋ー(文三郎尾根)ー赤岳ー横岳ー硫黄岳ー赤岳鉱泉ー(北沢ルート)ー美濃戸山荘
南沢ルートは沢筋と苔むした林道を進む快適なルートであった。文三郎尾根に入ると間もなく長い階段が待ち受けているがそれも楽しみの一つとしていた為それ程気にならない。何よりも目の前にせまる阿弥陀岳・中岳の景観が美しく辛さを忘れてしまう。赤岳山頂に立つと期待していた360°の眺望に胸を打たれ、これから始まる稜線歩きに心が躍る。これが横岳、大同心・小同心、硫黄岳なのかと見どころ満載で素晴らしい。見渡すと雲海に浮かぶ富士山もくっきりと見える。いつもは北アルプス側から小さく見えていただけなので妙に興奮してしまった。帰りは北沢ルートを通って戻ったが、最後の砂利が敷かれた林道歩きがだらだらと長く結構疲れた。
訪問者数:301人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 林道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ