また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1564792 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北アルプス 表銀座縦走1泊2日(中房〜燕岳〜大天井岳〜西岳〜槍ヶ岳〜上高地)

日程 2018年08月18日(土) 〜 2018年08月19日(日)
メンバー
天候1日目:晴れ
2日目:晴れ(槍は風強し)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き:新宿(23:15)→<高速バス>→安曇野穂高(4:25)→<徒歩>→穂高駅(4:50)→<乗合タクシー>→中房温泉(5:30)
帰り:上高地バスターミナル(15:15)→<バス>→新島々駅(16:42)→<電車>→立川(19:45)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間22分
休憩
2時間50分
合計
10時間12分
S中房温泉登山口05:4006:00第1ベンチ06:17第2ベンチ06:37第3ベンチ06:59富士見ベンチ07:20合戦小屋07:3407:46合戦山(合戦沢ノ頭)08:04ベンチ08:10燕山荘08:1808:22いるか岩08:2308:33めがね岩08:39燕岳08:4508:47めがね岩08:5008:54燕岳08:56めがね岩09:06いるか岩09:0709:12燕山荘09:3209:54蛙岩09:5510:08大下りの頭10:0911:00小林喜作レリーフ11:0211:08槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐11:25大天荘11:2811:35大天井岳11:3811:46大天荘12:2612:55大天井ヒュッテ13:0213:21貧乏沢下降点14:10赤岩岳14:1114:47ヒュッテ西岳15:4015:43西岳15:4915:52ヒュッテ西岳
2日目
山行
7時間22分
休憩
1時間24分
合計
8時間46分
ヒュッテ西岳05:0905:44水俣乗越05:4606:50ヒュッテ大槍06:5607:27槍ヶ岳山荘07:2907:40槍ヶ岳07:4507:57槍ヶ岳山荘08:0908:30播隆窟08:33坊主岩屋下08:3508:59槍沢・天狗原分岐09:0009:22槍沢大曲り09:44赤沢岩小屋(ババ平)09:4509:55槍沢ロッヂ10:0710:27二ノ俣10:2810:42槍見河原11:12横尾 (横尾山荘)11:4412:19新村橋(パノラマ分岐)12:29徳澤園12:3013:03徳本口(徳本峠分岐)13:08明神館13:1013:39小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)13:45河童橋13:5013:55上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コッヘル 食器 調理器具 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント シェラフ ヘルメット 携帯トイレ
備考 8月でそこまで寒くはないだろうと軽視して、シュラフはエスケーピヴィヴィのみを持っていく。全ての防寒着を来てギリギリだったので、きちんとシュラフを持っていけばよかった。

写真

コンビニに寄っていたら、寄り合いタクシーに乗り遅れる。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンビニに寄っていたら、寄り合いタクシーに乗り遅れる。。
初のソロテン泊に緊張とワクワクが止まらない!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初のソロテン泊に緊張とワクワクが止まらない!
水分と塩分補給。
すいか(before)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水分と塩分補給。
すいか(before)
合戦小屋の賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の賑わい。
燕岳山頂。荷物を忘れてメガネ岩から登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳山頂。荷物を忘れてメガネ岩から登り返す。
この景色を見られただけで満足!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見られただけで満足!
燕山荘をあとにいざ大天井岳へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘をあとにいざ大天井岳へ!
大天井岳からの槍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳からの槍。
昼休憩。カレーうまし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼休憩。カレーうまし!
大天井岳を後に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳を後に。
大天井ヒュッテで一休み。疲れがピーク、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテで一休み。疲れがピーク、、
猿を見て元気でる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿を見て元気でる。
1
絶景が続くがこの辺は眠くてしょうがない。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景が続くがこの辺は眠くてしょうがない。。
一人テント場デビュー@西岳ヒュッテ!360度の絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人テント場デビュー@西岳ヒュッテ!360度の絶景。
せっかくなので西岳も登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので西岳も登る。
槍は霧っぽい、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍は霧っぽい、、
水俣乗越まで到着。
急な下りが多かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水俣乗越まで到着。
急な下りが多かった。
手を使わないと登れない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手を使わないと登れない。
すれ違いや前にパーティがいなかったのでヒュッテ大槍までは自分のペースで進めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違いや前にパーティがいなかったのでヒュッテ大槍までは自分のペースで進めた。
ヒュッテ大槍到着。
風を強く感じるようになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍到着。
風を強く感じるようになる。
槍ヶ岳山荘到着。
風が強くてこのルートが一番危険を感じた。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘到着。
風が強くてこのルートが一番危険を感じた。。
いざ槍の山頂へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ槍の山頂へ!
前に登っている人もしないほど空いていたので10分で到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に登っている人もしないほど空いていたので10分で到着!
幻想的。槍の影に虹が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的。槍の影に虹が!
1
槍沢ロッジまでノンストップ。水分補給もしなかったので、結構疲れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジまでノンストップ。水分補給もしなかったので、結構疲れる。
コーラとソイジョイで一服。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーラとソイジョイで一服。
Garminの電池が最後までもたず、ここで切れる。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Garminの電池が最後までもたず、ここで切れる。。
横尾山荘到着。
今度は穂高にも行きたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾山荘到着。
今度は穂高にも行きたい。
そんなにお腹が空いてないけど、山菜うどんでエネルギー補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなにお腹が空いてないけど、山菜うどんでエネルギー補給。
河童橋到着。
横尾からの平地区間が一番苦痛だった。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋到着。
横尾からの平地区間が一番苦痛だった。。
ようやく下山。最高にうまい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下山。最高にうまい!
1

感想/記録
by shoppy

(穂高駅から中房温泉まで)
新宿から夜行バスで来た人はみんな乗合タクシーで先に出発していた。セブンイレブンに寄っていたので出遅れる。。
夜行バスは2時間おきに休憩するのでほぼ眠れず。

従来通り、5時のバスを待っていたが前日宿泊して人などがちらほら集まり、タクシーの運転手に声をかけられたので、タクシーで出発(値段も1500円とバスより安く早く到着するので、結果タクシーの方がよかった)
タクシーの中で大天荘のカレーランチの話しを聞いて、余裕があったら大天井岳も登ろうと心に決める。

(1日目)
燕山荘まではすれ違いや追い越しの場面も多かったが、そんなに混雑していなくすれ違いで休憩できるので休憩なしでサクサク登れた。
燕山荘以降も人が少なかったので終始自分のペースで登ることができた。
燕岳まで荷物を全部持って登ってしまったので荷物を置いていけばよかったと後悔。。しかもメガネ岩で荷物を山頂に忘れたことに気づき登り返し。。
燕から先は天気もよく終始絶景が続き、来てよかったと何回も心のなかで叫ぶ(笑)
大天荘からの下りから赤岩岳までが初日一番つらかった。
西岳ヒュッテで緊張しながらも無事テント(ツエルト)を設営し、持って来た日本酒を飲みながらだらだらと過ごす。
シュラフの選択を誤ったため、寒さでなかなか寝れず。。なんとか合計3時間ほどは寝ることができ、少し体力回復。

(2日目)
3時起床、朝飯を食べたり荷物を整理したりで明るくなった5時過ぎに出発。
東鎌尾根は鎖や梯子も多く、水俣乗越までの下りが特に怖かった。
槍は霧にかかっていたが、だんだん近く感じはテンションが上がる。ヒュッテ大槍から槍ヶ岳山荘までの稜線は風が強く、怖い怖い言いながら這って進む。槍の穂先よりこの区間が一番恐怖を感じた。
槍は混雑なしでスムーズに登れ、霧がかっていたが幻想的な風景が楽しめた。
全てのイベントを終えて帰るだけの下りは少し退屈さを感じるが、怪我なく帰ることだけを考えて8時過ぎに槍ヶ岳山荘を後にする。
14時前に上高地に到着し、コインシャワー・荷物の整理・休憩などいい感じに過ごすことができ15:15のバスで新島々駅へ。(新島々駅から松本への電車は2,30分は待つ)


初の単独テント泊、終始天気がよく絶景を味わえてこのコースを選んで大正解。
初日に結構疲れたので槍に登るか悩んだが、天気がよくなり体力も回復したので、無事登ることができ、表銀座をフルに満喫できた!



訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ