また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1577562 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳〜横岳〜硫黄岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:46
距離
26.4 km
登り
1,892 m
下り
1,891 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間29分
休憩
4時間16分
合計
11時間45分
S美濃戸口04:4105:19やまのこ村05:24美濃戸山荘05:3006:19中ノ行者小屋跡06:2407:07行者小屋07:4007:47阿弥陀岳分岐08:31文三郎尾根分岐08:3808:50赤岳08:5908:59竜頭峰09:00赤岳09:1709:17赤岳頂上山荘09:3409:50赤岳天望荘09:5109:55地蔵の頭09:5610:00二十三夜峰10:1110:15日ノ岳10:2410:25鉾岳10:3110:32石尊峰10:5410:56三叉峰(横岳)11:0211:05横岳11:2611:28奥ノ院(横岳)11:3711:43台座ノ頭11:4412:04硫黄岳山荘12:0512:31硫黄岳13:0013:08赤岩の頭13:1013:42ジョウゴ沢13:4613:48大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:52赤岳鉱泉14:3015:03堰堤広場15:35美濃戸山荘15:39赤岳山荘15:4016:25八ヶ岳山荘16:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

暗闇に浮かび上がる案内板で、反時計回りの縦走計画を再確認。
2018年02月25日 05:28撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇に浮かび上がる案内板で、反時計回りの縦走計画を再確認。
行者小屋にはテント多数、ここからはアイゼン装着してガチ登山開始。
2018年02月25日 07:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋にはテント多数、ここからはアイゼン装着してガチ登山開始。
初の3000m級登頂で、何とも言えない高揚感。
2018年02月25日 09:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初の3000m級登頂で、何とも言えない高揚感。
赤岳〜横岳は急峻でテクニカルなルート。
2018年02月25日 11:32撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳〜横岳は急峻でテクニカルなルート。
3峰目の硫黄岳、後は降りるだけだと思ったものの、後から考えると下山もそこそこ大変だった。
2018年02月25日 12:49撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3峰目の硫黄岳、後は降りるだけだと思ったものの、後から考えると下山もそこそこ大変だった。
歩いて来た山々を振り返る。
iPhoneは寒さに弱いらしく、ポケットから出して写真撮る度に強制終了。
2018年02月25日 12:55撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た山々を振り返る。
iPhoneは寒さに弱いらしく、ポケットから出して写真撮る度に強制終了。
下山も終盤というところでiPhone復活。
GPSのログはスマートウォッチで録っていたけれど、長い道中のため途中で充電が必要になったほど。
2018年02月25日 15:51撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も終盤というところでiPhone復活。
GPSのログはスマートウォッチで録っていたけれど、長い道中のため途中で充電が必要になったほど。
撮影機材:

感想/記録
by ksase

雪山の経験もそこそこ積んだと自負したこの頃、以前に登山用品店で次のステップと教えてもらった八ヶ岳、冬が終わる前にと無茶を承知で行って来ました。

日帰り縦走は難しいと聞いていたため、早朝出発の計画で必然的に車でのアクセス、前日夜に家を出てといういわゆる「弾丸登山」になります。
ゴーグルやマスク、ヘッドライトといった不足装備も前日に急遽買いに行き、準備は万全で後は体力勝負です。

ノーマルタイヤでアクセス可能な美濃戸口からスタートして車道から林道へ、しばらくの間はツボ足で行者小屋を目指しますが、暗さの為道を見失いそうになる事しばしば、他の人も何人か見かけましたが、自分よりペース速い人が多かった印象です。

行者小屋からは見晴らしも良く登山コースもなかなかの賑わい、アイゼン歩行もスキーと同じでだんだん慣れて来ますが、鉄梯子や岩肌が見えている箇所が多く難儀します。

後半はあまり疲れも感じなくなり、無事帰れる事だけを考えながら歩いてましたが、アイゼンとヘルメットを外した後の平地のアイスバーンで2、3度転倒してその度にヒヤリとしました。

下山後は少し休憩しただけで帰途につくものの、途中で睡魔に襲われてサービスエリアで仮眠しつつ、最後は高速出口をミスって、結局帰宅したのは深夜でした。

兎にも角にも、無事に帰れて良かったとしみじみ感じた一日(延べ三日)でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:67人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ