また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1587425 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

京都市右京区京北辺りの台風被害 井戸山から飯森山、茶呑峠へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年09月18日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京都市右京区京北大野町辺りに駐車(京北トレイル25番近く)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
19分
合計
7時間40分
Sスタート地点07:1709:34井戸山11:27権現山11:2811:57飯森山12:1112:45天童山12:4913:33茶呑峠14:13鳴野堂二石仏14:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
P554、井戸山、ジョウラク峠辺りまでこれでもかと言う程の倒木地獄だった。頑張って歩いたが茶呑峠辺りから無理が祟って足が攣って辛かった。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

事前の検討で丁度良い駐車地と思った所は此処だった。ここから破線の道を進んで最後は実線で帰ってくる積もりだ。
2018年09月18日 07:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前の検討で丁度良い駐車地と思った所は此処だった。ここから破線の道を進んで最後は実線で帰ってくる積もりだ。
1
今しがた走ってきたR477方面は霧が掛かっている。この分なら良い天気になるのだろう。
2018年09月18日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今しがた走ってきたR477方面は霧が掛かっている。この分なら良い天気になるのだろう。
駐車地から小野内谷沿いの道を進む。少しだけ台風の被害。
2018年09月18日 07:25撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地から小野内谷沿いの道を進む。少しだけ台風の被害。
おお!何と言うモニュメント。
2018年09月18日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!何と言うモニュメント。
3
やがて地道の道路になる。
2018年09月18日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて地道の道路になる。
曙草。こんなもの幾らでもあると思ったのが間違い、この後全く見かけなかった。
2018年09月18日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曙草。こんなもの幾らでもあると思ったのが間違い、この後全く見かけなかった。
3
前方に何やら倒木の嵐。
2018年09月18日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に何やら倒木の嵐。
道路にも。
2018年09月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路にも。
これから取り付く斜面にも。
2018年09月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから取り付く斜面にも。
1
倒木の隙間を縫って登って行くが兎に角辛い。時間も掛かるしザックもズボンもドロドロになる。
2018年09月18日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の隙間を縫って登って行くが兎に角辛い。時間も掛かるしザックもズボンもドロドロになる。
1
其処此処に山芍薬の赤い種が目立つ。
2018年09月18日 08:21撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
其処此処に山芍薬の赤い種が目立つ。
3
やっと倒木地獄を抜ける。僅かの間だが30分も掛かってしまった。
2018年09月18日 08:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと倒木地獄を抜ける。僅かの間だが30分も掛かってしまった。
その後も適度に倒木がある。
2018年09月18日 08:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も適度に倒木がある。
どうも谷を駆け上がった風が倒木を作っている様でこの後もピークの間の鞍部で苦労する。
2018年09月18日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうも谷を駆け上がった風が倒木を作っている様でこの後もピークの間の鞍部で苦労する。
1
ここも谷。
2018年09月18日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも谷。
山芍薬の種。
2018年09月18日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山芍薬の種。
ここはかなり纏まって生えていた。
2018年09月18日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはかなり纏まって生えていた。
1
井戸山山頂。
2018年09月18日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸山山頂。
3
三等三角点 点名は長子。山名板が地面に転がっていたので此処に立てかけて撮影。
2018年09月18日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点 点名は長子。山名板が地面に転がっていたので此処に立てかけて撮影。
3
次々と倒木。
2018年09月18日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々と倒木。
1
何処をすり抜けるか思案のしっぱなしだ。
2018年09月18日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処をすり抜けるか思案のしっぱなしだ。
1
先のピークはP656。
2018年09月18日 10:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先のピークはP656。
P656山頂。手前の倒木も越えるのが辛かった。
2018年09月18日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P656山頂。手前の倒木も越えるのが辛かった。
本当に多い。嫌になるがここまで来れば進むしか無い。
2018年09月18日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に多い。嫌になるがここまで来れば進むしか無い。
1
林道が出てきて一瞬喜んだが、すぐに無くなった。
2018年09月18日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が出てきて一瞬喜んだが、すぐに無くなった。
多分、林道終点のこの辺りがジョウラク峠。印は無かった。
2018年09月18日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分、林道終点のこの辺りがジョウラク峠。印は無かった。
東から登ってくる古い林道。
2018年09月18日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東から登ってくる古い林道。
そのまま尾根を登って行く。
2018年09月18日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま尾根を登って行く。
ヤマレコの地図には権現山と書かれているピーク。飯森山の北側、標高710m余りの山頂であるが表示は無かった。
2018年09月18日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコの地図には権現山と書かれているピーク。飯森山の北側、標高710m余りの山頂であるが表示は無かった。
2
ママコナ。権現山と飯森山に咲いていた。
2018年09月18日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ママコナ。権現山と飯森山に咲いていた。
2
権現山を過ぎると倒木の類は無くなった。
2018年09月18日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山を過ぎると倒木の類は無くなった。
もうすぐ飯森山。
2018年09月18日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ飯森山。
飯森山の山頂。
2018年09月18日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯森山の山頂。
2
尾根伝いの道は葉っぱと枝で解りにくい。
2018年09月18日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いの道は葉っぱと枝で解りにくい。
この尾根で唯一倒木らしいのは最初の反射板ピークのこれだけだった。
2018年09月18日 12:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根で唯一倒木らしいのは最初の反射板ピークのこれだけだった。
尾根で二つ目の反射板。
2018年09月18日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根で二つ目の反射板。
天童山に着いた。
2018年09月18日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童山に着いた。
3
此処には京北D4がある。
2018年09月18日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処には京北D4がある。
天童山山頂辺り。
2018年09月18日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童山山頂辺り。
2
茶呑峠に向かって降りて行く。初めてなので落ちた葉っぱに邪魔されて道が解りにくい。
2018年09月18日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶呑峠に向かって降りて行く。初めてなので落ちた葉っぱに邪魔されて道が解りにくい。
何とか標識には辿り着く。
2018年09月18日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか標識には辿り着く。
D3の載っていた好展望の場所から見る景色。
2018年09月18日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
D3の載っていた好展望の場所から見る景色。
2
東の景色。
2018年09月18日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の景色。
1
反射板を振り返って見る。
2018年09月18日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板を振り返って見る。
忠実に降りた筈だが茶呑峠の西に降りてしまった。往復で10分余り掛かってしまった。
2018年09月18日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠実に降りた筈だが茶呑峠の西に降りてしまった。往復で10分余り掛かってしまった。
今日の目的の一つなので地蔵を見に行く。峠の地蔵。
2018年09月18日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的の一つなので地蔵を見に行く。峠の地蔵。
1
地蔵の所が京北15だった。車まで後10番ある。
2018年09月18日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の所が京北15だった。車まで後10番ある。
地蔵の説明板。
2018年09月18日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の説明板。
所々に倒木あり。
2018年09月18日 13:43撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に倒木あり。
京北15−1辺りの倒木。攣りかけた足には厳しい倒木だった。ここはザックを放り投げて空身で潜った。
2018年09月18日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京北15−1辺りの倒木。攣りかけた足には厳しい倒木だった。ここはザックを放り投げて空身で潜った。
1
道そのものも崩れた所もある。
2018年09月18日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道そのものも崩れた所もある。
1
京北16辺りが鳴の堂(多分ここがお堂の跡だろう)
2018年09月18日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京北16辺りが鳴の堂(多分ここがお堂の跡だろう)
石仏(右)
2018年09月18日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏(右)
1
石仏(左)
2018年09月18日 14:15撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏(左)
1
石仏を過ぎるとまた倒木。ここは枝だけ切り払われて通り易くなっていた。
2018年09月18日 14:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石仏を過ぎるとまた倒木。ここは枝だけ切り払われて通り易くなっていた。
1
そうなんだ。それで靴に蛭が這っていたのか、先に言ってくれ。車に帰りズボンを履き替えると靴下に一匹付いていたが被害は無かった。
2018年09月18日 14:40撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうなんだ。それで靴に蛭が這っていたのか、先に言ってくれ。車に帰りズボンを履き替えると靴下に一匹付いていたが被害は無かった。
1
加茂神社を通過。
2018年09月18日 14:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加茂神社を通過。
後にも写っているがこの辺りは丁度稲刈りの季節なんだ。
2018年09月18日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後にも写っているがこの辺りは丁度稲刈りの季節なんだ。
1
ヨレヨレながら帰って来た。目出度し目出度し。
2018年09月18日 14:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨレヨレながら帰って来た。目出度し目出度し。
1
撮影機材:

感想/記録
by yjin

本当は京都北山のもう少し東の方に行く積もりだった。しかし鞍馬寺から花脊峠が台風の爪痕で通行止めが続いている。仕方なく今行ける京北の方にした。

台風の後、大文字山では酷い目に遭った。京北の方はどんな被害があったのだろう。興味があったので井戸山から飯森山、天童山と少しだけ城丹国境尾根を絡めて歩いて見た。行ってみて吃驚、少し低い所の方が倒木の被害は甚大だった。谷で合わさった風が尾根を越えるとき強くなったのかピーク間の鞍部で多くの木が倒れていた。

途中まで行くと後に引けず歩いたが、当分こんな所は歩きたくない。人家に近い所ではチェーンソーの音が聞こえていたが不便な尾根はどうだろうか? このままほったらかしの可能性もあり当分楽に歩くのは無理だろう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:826人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 5673
2018/9/18 20:56
 大変、
お疲れ様でした。
本当に、お疲れ様でした。
だけど、このタイミングで、茶吞峠とは…

そうそう、茶吞峠からユリ道、そして鳴野堂からの下山道は
ヤマビル注意エリアです。
大森の方から上がってくると、トレイル標識に掲示してあるのですが…

だけど城丹国境尾根も無残な姿かと思いましたが、
意外に尾根上はマシ…、に見えましたが
実際のところ、如何なものなのでしょう??
登録日: 2012/8/24
投稿数: 279
2018/9/18 21:42
 Re: 大変、
heheさん こんばんは

蛭がいると言う道は一見居そうに見えませんでした。何気なしに見た靴に居たので吃驚、あげくに車まで一匹連れて帰ったのですが被害はありませんでした。

茶呑峠への道、初めて通ったのですが随分西に降りてしまいました。斜面に緑の葉っぱが一杯落ちていたので何処でも道に見えました。
国境尾根は飯森山から天童山までの短い距離だけですが異常なしでした。しかしそれまでの道中、元々道が無かったりはっきりしない所に倒木で難儀しました。こんなに疲れたのは久し振りです。

車に帰る前、ガードマンの人と喋ったのですがタクシーが沢山通ると不思議がっていました。鞍馬からも貴船からも大原からも通行止めで影響を受けている人は大変なようですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 鞍部 林道 三角点 倒木 地蔵 空身
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ