また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1592432 全員に公開 ハイキング 尾瀬・奥利根

尾瀬夜行でゆく燧ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年09月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:〜会津鉄道 会津高原尾瀬口駅 > 会津バス 沼山峠BS
復路:会津バス 尾瀬御池BS > 会津鉄道 会津高原尾瀬口駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
2時間32分
合計
8時間13分
S沼山峠休憩所06:5407:31小淵沢田代 分岐07:48尾瀬沼ビジターセンター08:0108:08三本唐松08:13長英新道分岐08:1408:40沼尻平08:4510:3410:4711:06燧ヶ岳12:1912:3513:1813:57熊沢田代14:0114:16御池登山口 5合目14:31広沢田代15:01御池田代15:07御池登山口15:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沼尻からの直登ルートは苔の生えたガレ場が延々続きます。
燧ヶ岳から御池へと向かうルートも、標高を稼ぐ際には苔のある岩に足を置く場面が多くあります。
どちらも滑りやすいのでご注意を。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック トレランシューズ ヘッドランプ 地図 コンパス スマートフォン バッテリー 昼食 魔法瓶 プラティパス エマージェンシーセット レインウェア 靴下 Tシャツ カメラ

写真

尾瀬夜行で寝て起きたら会津
2018年09月23日 03:35撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬夜行で寝て起きたら会津
1
真っ暗です
2018年09月23日 03:39撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ暗です
会津駒ヶ岳に登るつもりが…アレ?
2018年09月23日 07:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳に登るつもりが…アレ?
1
また会ったねナナカマド
2018年09月23日 07:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また会ったねナナカマド
突如広がる湿地帯
2018年09月23日 07:37撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如広がる湿地帯
2
青紫色の花
2018年09月23日 07:41撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青紫色の花
1
尾瀬沼が見える
2018年09月23日 08:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼が見える
沼のほとりを歩く
2018年09月23日 08:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼のほとりを歩く
あそのに見えるのは…
2018年09月23日 08:39撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそのに見えるのは…
いざゆかん
2018年09月23日 08:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざゆかん
延々と続く岩場
2018年09月23日 09:48撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く岩場
振り返れば尾瀬沼が
2018年09月23日 09:59撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば尾瀬沼が
山頂その1
2018年09月23日 10:39撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂その1
3
山頂その2
2018年09月23日 11:10撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂その2
3
湿地と至仏山
2018年09月23日 11:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地と至仏山
2
あのあたりが会津駒ヶ岳?
2018年09月23日 12:17撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのあたりが会津駒ヶ岳?
山頂から見る尾瀬沼
2018年09月23日 13:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見る尾瀬沼
1
御池方面へ
2018年09月23日 13:22撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池方面へ
秋の足音
2018年09月23日 13:49撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の足音
2
水面に映る雲
2018年09月23日 14:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面に映る雲
4
燧ヶ岳を振り返って
2018年09月23日 14:02撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳を振り返って
1
こちらはこれから進む道
2018年09月23日 14:02撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはこれから進む道
階段で登り返し
2018年09月23日 14:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段で登り返し
もうひとつ、秋の訪れ
2018年09月23日 14:09撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひとつ、秋の訪れ
1
再び湿地帯へ
2018年09月23日 14:32撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び湿地帯へ
岩と泥の中を下って…ようやく!
2018年09月23日 15:07撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と泥の中を下って…ようやく!
無事下山!
2018年09月23日 15:09撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山!
2
なんかかっこいいやつ
2018年09月23日 18:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかかっこいいやつ
撮影機材:

感想/記録

たまたま出発当日に座席が取れたので、尾瀬夜行で会津駒ヶ岳へ。
などと考えていたらバスで爆睡、終点の沼山峠まで行ってしまいました。

地図を見ながらプランの練り直し。
沼山峠から燧ヶ岳の山頂を目指して、下山には御池方面へ向かうルートなら、私の足なら十分日帰りできそう。
少しゆっくりして行っても安全マージンは取れると判断して燧ヶ岳へ。

沼山峠から、まずは尾瀬沼を目指して歩きます。
気持ちのいい湿地帯歩きから、長蔵小屋を経て燧ヶ岳への登り道へ。

2ルートありますが、今回選んだ直登ルートはひたすらガレ場を登るだけのルートで、展望は…なくはないのですが、直登なので雰囲気も変わらず。
他のルートは知りませんが、個人的にはあまりお勧めはしないかな…。
登り応えのあるルートを、と選んだ道でしたが、確かに登り応えはありましたね…。

長英新道との合流地点を経て最初のピーク、俎瑤悄H瀬沼を見るならこちらです。
こちらは狭いのであんまり長居はしない方が良さそうですね。

西側に下って登り返したら柴安堯
こちらの方が若干背が高いようなので、正式な山頂はこちらのようです。
登っている間はわかりづらいかもしれませんが、実は至仏山方面が開けていて休憩にちょうどいいです。
尾瀬ヶ原の見晴らしも良くていい感じ。私もここで昼食にしました。

堪能したら俎瑤悗般瓩蠅泙后
地図上の文字に若干の不安を覚えつつ、御池方面へと降りていきます。

道迷いの発生しやすい箇所にはしっかりテープが張ってあり、誤って立ち入ることはなさそう。
道の荒れ方が全然違うので、雪のない時期ならまず大丈夫かと。
積雪期については残念ながらわかりません。

ぬかるみの方は…今日はもうドロドロだったので、泥に足を取られたり、濡れた岩や木の根に足を滑らさないようご注意を。

そんな感じでノーマークな燧ヶ岳でしたが、写真の通り湿地帯歩きに癒される良い山でした。
他にも、至仏山を正面から見ることができるのもなかなかいいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:641人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ナナカマド 道迷い 直登 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ