また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1598396 全員に公開 ハイキング甲信越

中信 京ケ倉(生坂村)

日程 2018年09月28日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スタート地点まで車輌通行可能。
道中に登山口までの案内板あり。
途中にゲートがありますが鍵はかかっていません。(鎖で縛ってあります。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
17分
合計
3時間2分
S京ヶ倉登山口07:5408:24おおこば見晴らし台08:3309:53京ヶ倉10:0010:33おおこば見晴らし台10:3410:56京ヶ倉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨後はぬかるみやすいので注意。
稜線の馬の背、雨風強い日は転落注意。
稜線の南にある剣刷山(?)に行こうと思ったが途中から道がなくなって灌木を漕がないと進めなくなったので引き返しました。
過去天気図(気象庁) 2018年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口
看板のうしろへ進みます。
2018年09月28日 07:49撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
看板のうしろへ進みます。
木があたったのでしょうか。凹んでします。
2018年09月28日 07:53撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木があたったのでしょうか。凹んでします。
まあまあ急な尾根を登ります。
2018年09月28日 08:19撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあ急な尾根を登ります。
所々で眺めがいい
2018年09月28日 08:29撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で眺めがいい
3
稜線に出てアップダウンのその先に馬の背。
2018年09月28日 09:08撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出てアップダウンのその先に馬の背。
東側が切れ落ちています。危険ですがその代わり眺めがいいです。
2018年09月28日 09:09撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側が切れ落ちています。危険ですがその代わり眺めがいいです。
1
馬の背からも眺めがいい。
2018年09月28日 09:10撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背からも眺めがいい。
生坂村のフルーツ団地。
山頂からは見せません。
2018年09月28日 09:11撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生坂村のフルーツ団地。
山頂からは見せません。
北東方面の麻績村(おみむら) 聖高原。
すごいところに人が住んでいるようだ。
2018年09月28日 09:12撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方面の麻績村(おみむら) 聖高原。
すごいところに人が住んでいるようだ。
馬の背の急登が終わると山頂です。
2018年09月28日 09:42撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背の急登が終わると山頂です。
北アルプスの稜線は雲の中です…
山頂はところどころ木々で視界が遮られています。
2018年09月28日 09:42撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの稜線は雲の中です…
山頂はところどころ木々で視界が遮られています。
蜜を集めるハチも何匹か飛び交っていた。
2018年09月28日 09:45撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蜜を集めるハチも何匹か飛び交っていた。
下山途中、再びフルーツ団地を確認する。
下山後に行きました。上からは想像できないほど広い。ブドウの直売所などがあります。
2018年09月28日 10:04撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、再びフルーツ団地を確認する。
下山後に行きました。上からは想像できないほど広い。ブドウの直売所などがあります。
蛇行する犀川(信濃川)
2018年09月28日 10:09撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇行する犀川(信濃川)
生坂村の中心部。役場や道の駅があります。
2018年09月28日 10:09撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生坂村の中心部。役場や道の駅があります。
2
下山途中に振り返って京ヶ倉を眺める。
木に覆われているものの尖った山である。
2018年09月28日 10:25撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に振り返って京ヶ倉を眺める。
木に覆われているものの尖った山である。
下山時には車がそこそこ止まっていました。すれ違った人も10人近かったです。
2018年09月28日 10:56撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時には車がそこそこ止まっていました。すれ違った人も10人近かったです。
生坂村の道の駅。
先週できたばかりのようで、バタバタしていました。
2018年09月28日 11:25撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生坂村の道の駅。
先週できたばかりのようで、バタバタしていました。
1

感想/記録
by yotty

野暮用で長野県生坂村に行ったついでに村のシンボル的存在の京ヶ倉に登りました。

京ヶ倉は蛇行を繰り返す犀川とそれを囲むように点在する集落、遠くには北アルプスを望む絶景ポイント。

稜線までは急登ですが距離と標高差は大したことないので、生坂村にお越しの際はぜひ登ってみることをおすすめします。天気が良ければ絶景ですよ。

なお、松本市のアルプス公園の展望台や大町市の山岳博物館からもアルプスの絶景は見られますが、自分の足で登った山から見る景色は格別です。 
(ヤマレコ見ている人には説明は不要ですね。)
訪問者数:297人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 高原 馬の背
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ