また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1603505 全員に公開 ハイキング剱・立山

黒部渓谷 下ノ廊下(信濃大町起点ワンデイ)

日程 2018年10月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク、 ケーブルカー等
信濃大町の駐車場に車を停め、早朝のバスで扇沢駅まで行き、下ノ廊下を通過後は黒部峡谷鉄道、富山地方鉄道本線、JR新幹線、JR大糸線を利用します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間14分
休憩
17分
合計
8時間31分
Sスタート地点07:4608:43内蔵助谷出合08:4409:37新越沢二股10:02黒部別山谷10:26白竜峡11:02十字峡11:0311:39半月峡11:4112:01東谷吊橋12:0212:15仙人谷ダム12:18仙人谷駅12:21関西電力人見平宿舎12:2212:44権現峠12:4513:07阿曽原温泉小屋13:1214:27折尾ノ大滝14:52大太鼓15:43蜆谷トンネル15:4716:09水平歩道始・終点16:1016:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況は阿曽原温泉の登山情報を参照。
http://azohara.niikawa.com/news/

2018/10/5は通行に支障のある箇所はなかった。
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

平日ダイヤのあさイチ(6:15発6:55着)で信濃大町から扇沢駅へ。
休日ダイヤなら5:30発なので時間的余裕が生まれるがしかたない。
2018年10月05日 06:02撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日ダイヤのあさイチ(6:15発6:55着)で信濃大町から扇沢駅へ。
休日ダイヤなら5:30発なので時間的余裕が生まれるがしかたない。
扇沢駅は平日(金曜)なのでそんなに混んでないかな。
始発トロリーバスは7:30なので30分程度待ち時間があります。
2018年10月05日 06:45撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢駅は平日(金曜)なのでそんなに混んでないかな。
始発トロリーバスは7:30なので30分程度待ち時間があります。
トロリーバスは3台でした。
バスを降りたら道なりに直進すると登山者用出口です。
2018年10月05日 07:44撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロリーバスは3台でした。
バスを降りたら道なりに直進すると登山者用出口です。
いきなり激下りで黒部川まで下ります。
随分と離れているがダム放水お飛沫が飛んできます。
2018年10月05日 08:01撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり激下りで黒部川まで下ります。
随分と離れているがダム放水お飛沫が飛んできます。
1
ダム周辺の紅葉はいい感じでした。
2018年10月05日 08:21撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム周辺の紅葉はいい感じでした。
2
内蔵助谷の分岐周辺には仙人ダムまで通行できないと警告(注意?脅し?)が何箇所かありましたので、事前に阿曽原温泉の登山情報を仕入れてないと怖くて進めません
2018年10月05日 08:42撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内蔵助谷の分岐周辺には仙人ダムまで通行できないと警告(注意?脅し?)が何箇所かありましたので、事前に阿曽原温泉の登山情報を仕入れてないと怖くて進めません
1
白竜峡周辺がゴルジュとなっていて迫力満点。
それにしてもモンベルの辰野さんはこんなところをカヌーで下ったのか…
2018年10月05日 09:54撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜峡周辺がゴルジュとなっていて迫力満点。
それにしてもモンベルの辰野さんはこんなところをカヌーで下ったのか…
2
十字峡。
考えれば考えるほど神秘的で奇跡的なスポットだ。
2018年10月05日 11:03撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峡。
考えれば考えるほど神秘的で奇跡的なスポットだ。
3
仙人ダム。
2018年10月05日 12:13撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人ダム。
1
建物内を通過。線路部分は高熱隧道。面白いポイントだ。
2018年10月05日 12:18撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物内を通過。線路部分は高熱隧道。面白いポイントだ。
1
ダムの後は少し登って下ると阿曽原温泉到着。
トロリーバス降りてから5時間半経って13:10。
欅平の最終トロッコ出発が16:43。あと三時間半、間に合うか…
2018年10月05日 13:11撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムの後は少し登って下ると阿曽原温泉到着。
トロリーバス降りてから5時間半経って13:10。
欅平の最終トロッコ出発が16:43。あと三時間半、間に合うか…
1
阿曽原に宿泊はせずに先に進む。
水平歩道はものすごい高度感で最高。
2018年10月05日 15:04撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿曽原に宿泊はせずに先に進む。
水平歩道はものすごい高度感で最高。
2
最後の下りでやや飛ばしたものの欅平の最終電車に間に合った。
2018年10月05日 16:33撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の下りでやや飛ばしたものの欅平の最終電車に間に合った。
1
小屋泊軽量装備とはいえ、なかなかの距離があるからサクサク歩かないと平日ダイヤでワンデイは厳しいのかな。
2018年10月05日 16:37撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋泊軽量装備とはいえ、なかなかの距離があるからサクサク歩かないと平日ダイヤでワンデイは厳しいのかな。
1
宇奈月到着。
トロッコが一時間十五分もあるのですっかり暗くなってしまった。
2018年10月05日 18:02撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇奈月到着。
トロッコが一時間十五分もあるのですっかり暗くなってしまった。
1
宇奈月からは
宇奈月温泉駅→新黒部(乗り換え)
黒部宇奈月温泉(新幹線)→糸魚川(乗り換え)
糸魚川→南小谷(乗り換え)
南小谷→信濃大町
というルートで起点に戻りました。
2018年10月05日 19:35撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇奈月からは
宇奈月温泉駅→新黒部(乗り換え)
黒部宇奈月温泉(新幹線)→糸魚川(乗り換え)
糸魚川→南小谷(乗り換え)
南小谷→信濃大町
というルートで起点に戻りました。
2
朝6:30出発
夜22:20着
15時間50分、十分楽しめました。
2018年10月05日 22:21撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝6:30出発
夜22:20着
15時間50分、十分楽しめました。
1

感想/記録
by yotty

(GPSが飛びまくってます)

今年はタイミングよく黒部の下ノ廊下を歩くことができた。
チーム阿曽原の登山道整備のお陰でサクサク歩くことができ、おかげで小屋泊のつもりがワンデイ周回となった。

ただ、久しぶりの長距離がたたったのか、前日に400ml献血したのが悪かったのか下山後にタール便(血便)が出たり風をひいたりと詰めが甘い。

それにしてもほとんど下りの下ノ廊下を歩いただけでタール便が出るとか、年単位で安静にして貧血も数値的に良くなったのに、俺の内臓はどうなってんだよ…
訪問者数:513人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ