また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1619806 全員に公開 ハイキング中国

猿谷山<御津町>(岡山県の山・備前)

日程 2018年04月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R53(県道御津佐伯線)、R255の分岐の東約1200m「殿谷城跡」の道標から南に入る。集落内の細い道を山の方に進み、右の谷あいに入る。最奥の畑の横が広いので駐車。手前左に「殿谷城跡」の道標がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
1時間7分
合計
4時間40分
Sスタート地点11:1511:43作業道分岐211:4512:05分岐312:23猿谷山東峰13:0713:15分岐314:01分岐414:13猿谷山14:2215:00分岐315:13分岐215:2515:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山裾を回るとすぐに分岐1。右の林道を登る。登りきったところは広い(分岐2)(30分)。前方右の広い道は牛神山から川高山への稜線の道に出る(すぐ先で右下に分岐した道は大曾根集落に下るようだ)。前方左は山口集落または伊田峠に出る。振り返って登ってきた林道のすぐ左横の尾根上の道は鉄塔で行き止まり。尾根左下の作業道が猿谷山に向かうようだ。入口は笹藪でちょっと躊躇したがすぐにきれいな道になりほっとする。308mピークの下を巻いて尾根上に出る。作業道は時々ヤブっぽくなる。分岐3は見落として終点まで行ってしまった。左に回り込むと採石場の真上で思いがけない展望が広がっていた(東峰320m)(40分)。ここで昼食(40分)。分岐3に戻り尾根の左下の作業道を緩やかに下る。下り切ったあたりでいったん採石場に出る。2,3mで再び左の山に入ると道の続きがある。邪魔な小枝をチョキチョキ切りながら進む。道は明瞭なので外さないように進めば作業道に突き当たる(分岐4)(25分)。右へ。作業道終点から山道に入る。境界プラがある。尾根の先端が261m、猿谷山山頂(15分)。踏み跡はさらに急降下しながら続いているので三角点に下れるかもしれないが今日は引き返す。分岐4(10分)。分岐3(30分)。分岐2(15分)。駐車地点(30分)。(登り1時間50分、下り1時間25分)
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]
訪問者数:23人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ