また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 162383 全員に公開 トレイルラン東海

東海自然歩道・恵那ルート(御嵩〜明智)

日程 2012年01月10日(火) [日帰り]
メンバー
 nemuisan(感想)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
スタート :名鉄広見線御嵩駅(http://ja.wikipedia.org/wiki/御嵩駅)
ゴール  :明智鉄道明智駅(http://www.aketetsu.co.jp/modules/spots/index.php?content_id=11)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

06:10 名鉄広見線御嵩駅スタート
06:39 和泉式部廟所
06:56 牛の鼻かけ坂
07:08 マリア像
07:17 一呑清水
07:55 奇岩公園(瑞浪駅方面)分岐
08:21 開元院
08:41 細久手バス停
08:59 弁財天の池
09:08 北野神社
09:32 琵琶峠
09:46 大湫宿
10:08 十三峠・十三観音
10:28 大久後駐車場
10:48 武並支所前バス停
11:00 紅坂一里塚
11:23 姫御殿跡
11:32 北陸自然歩道(恵那駅方面)分岐
12:22 野井(威代寺)
12:45 小ヶ沢池
13:00 大名街道・お茶屋場
13:20 夕立山休憩地分岐
13:52 希庵塚
14:20 岩村駅
14:59 飯高観音
15:31 姥石石仏群
15:54 安住寺
16:18 八王子神社
16:25 明智鉄道明智駅ゴール


総経過時間:約10時間15分
実移動時間:約10時間15分
コース状況/
危険箇所等
中山道:
アスファルト舗装された車道を交差するときは往来の車に気を
つけて通過してください。かなりスピードが出ています。
琵琶峠の石畳は滑りやすいので注意してください。
十三峠〜槇ケ根のトレイルはマウンテンバイクを乗り入れている者が
いますので追突されないように4方向に十分注意してください。

槇ヶ根〜明智:
中山道の時と同じく車道に出た時は往来の車に十分注意して
ください。また積雪がある場合、日陰にアイスバーンが出来
ていることがあります。下り坂で転倒しないようにしましょう。
過去天気図(気象庁) 2012年01月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

青春18きっぷを使い切るために前日から移動を開始してルートイン可児に
宿泊し、翌日名鉄広見線の始発で御嵩駅よりスタートしました。
まだ日照時間が短く06:10の時点で真っ暗だった(&私が鳥目な)ので日が
昇るまで道標を見つけるのがかなり苦労しました。

中山道のルート(牛の鼻かけ坂)に差し掛かった頃には行動するのに十分
明るくなったのでペースをあげてずんずん進んでいきます。東海自然歩道
を進む時はなるべく史跡や施設を写真に収めるようにしていますが、走っ
て急停止して写真撮ってまた走ってを繰り返してると徒歩とあまり変わら
ないスピードになってしまいます。中山道は史跡だらけなので遅めに設定
した予定時間を少し過ぎた頃に槇ヶ根の北陸自然歩道分岐にたどり着き
5時間と少しかかってやっとこ中山道から離脱。

その後は夕立山をかすめつつ岩村駅を経て飯高観音まで駆けて行き、
さらに姥石石仏群のトレイルを抜けて車道に出来たアイスバーンで
2回転倒し(たけど受け身をとって負傷は回避)たりもしましたが日本
大正村のロゴがある安住寺までたどり着きました。

ここまで来たら後は道標のしっかりした車道だけになるので一気に駆け
下り、改築中の八王子神社を通過して明智駅に日没前に無事?到着しました。

今回の行程は50km以上ありましたが"時間と金を無駄にしない"をコンセプト
に行った事前の綿密な調査が功をなして致命的なルートミスも怪我もなく、
ほぼ予定通りの時刻に到着出来たので満足しています。


下のURLにもさらに詳細がありますのであわせてどうぞ。
http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=192815#MITAKECHI
訪問者数:3223人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ