また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1632558 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

赤岳 天狗尾根バリエーション

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年10月28日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
こぶちざわ道の駅にて、車中泊し、当日は美し森駐車場に駐車。
下りはリフト(16:30営業終了)利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報登山後は、甲斐大泉温泉パノラマの湯、最高でした。
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図 [pdf]

写真

前日は小渕沢道の駅にて車中泊して、早朝、美し森駐車場に移動・駐車。晴天の秋晴れ。
2018年10月28日 06:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は小渕沢道の駅にて車中泊して、早朝、美し森駐車場に移動・駐車。晴天の秋晴れ。
1
紅葉も少しは残っていて、気温も穏やかで爽やかな気分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉も少しは残っていて、気温も穏やかで爽やかな気分。
4
美し森駐車場から林道に入り、途中から地獄谷の河川を遡上していくが砂防ダムが幾つもあり、ダムは巻きながら進む。
2018年10月28日 07:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美し森駐車場から林道に入り、途中から地獄谷の河川を遡上していくが砂防ダムが幾つもあり、ダムは巻きながら進む。
1
ルートは写真のような目印や赤テープがあり、分かり易い。何回か渡河しながら遡上していきます。
2018年10月28日 08:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは写真のような目印や赤テープがあり、分かり易い。何回か渡河しながら遡上していきます。
2
出合小屋です。
2018年10月28日 08:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合小屋です。
1
地獄谷本谷と赤岳沢の分岐点です。表示板あり。ここは右側の赤岳沢の方に行きます。
2018年10月28日 08:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷本谷と赤岳沢の分岐点です。表示板あり。ここは右側の赤岳沢の方に行きます。
1
赤岳沢の途中から左の尾根に入っていく。今回、登る尾根ひとつ右側に取るルート間違いをして、藪漕ぎと急登でヒーヒイで登りきると天狗尾根に出ました。
2018年10月28日 09:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳沢の途中から左の尾根に入っていく。今回、登る尾根ひとつ右側に取るルート間違いをして、藪漕ぎと急登でヒーヒイで登りきると天狗尾根に出ました。
1
さらに天狗尾根を登っていくと展望の良い小ピークに着く。晴天の青空の下、大天狗や赤岳、権現岳の展望が素晴らしい。
2018年10月28日 09:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに天狗尾根を登っていくと展望の良い小ピークに着く。晴天の青空の下、大天狗や赤岳、権現岳の展望が素晴らしい。
3
さらに急登を登っていくと前方に2本の高い岩稜、カニのハサミが見えてきました。
2018年10月28日 10:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに急登を登っていくと前方に2本の高い岩稜、カニのハサミが見えてきました。
2
第一岩稜がありここからロープ確保で登ります。
2018年10月28日 11:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一岩稜がありここからロープ確保で登ります。
1
第二岩稜(写真左)を登り、奥にある大天狗、小天狗へと。
2018年10月28日 12:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二岩稜(写真左)を登り、奥にある大天狗、小天狗へと。
2
富士山も綺麗に見え、晴天で気温もいい感じで最高。
2018年10月28日 12:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も綺麗に見え、晴天で気温もいい感じで最高。
2
大天狗は正面のフェイス(元-)を登り(写真撮るのは忘れてしまったが)、大天狗からの下りは懸垂下降となります。TOPをやらせてもらったが、チョット、やばかった!安全に登る為に、まだまだ学ぶ事あり。
2018年10月28日 12:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗は正面のフェイス(元-)を登り(写真撮るのは忘れてしまったが)、大天狗からの下りは懸垂下降となります。TOPをやらせてもらったが、チョット、やばかった!安全に登る為に、まだまだ学ぶ事あり。
2
小天狗は左に巻いて、一般登山道に向かいます。
2018年10月28日 13:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小天狗は左に巻いて、一般登山道に向かいます。
2
真教寺尾根への分岐点から、クライムして来た天狗尾根を振り返る。
2018年10月28日 14:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根への分岐点から、クライムして来た天狗尾根を振り返る。
2
天狗尾根ズームアップ。
2018年10月28日 14:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗尾根ズームアップ。
1
真教寺尾根を延々と下り、リフト営業時間に間に合うようにハイペースで下る。営業時間10分オーバーしていたが乗車出来ラッキー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根を延々と下り、リフト営業時間に間に合うようにハイペースで下る。営業時間10分オーバーしていたが乗車出来ラッキー!
2

感想/記録
by masacs

これまでは基本単独登山ということもありバリエーションルート登山の機会が中々無くて(ガイド登山は費用もかかるし)、一緒に登ってくれる山友がいればといつも思っていたが、8月のアイガー登山(悪天候で未踏に終わった)で一緒したYさんがお付き合いして頂けるということで、今回、Yさんの山友Fさんの3人で天狗尾根を登らせてもらった。二人とも気持ちの良い若者で、このじじいも一緒に遊んで貰えそうで、単独登山もいいが、仲間と一緒に登るというのも楽しい。クライミング技術はまだまだ低いが、百名山登山、冬山登山、アイスクライミングの加えて、バリエーション登山という新たな楽しみは増えそうで、今後が楽しみである。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1204人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ