また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 163749 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

191金剛山(冬の丸滝谷・中尾の背)

日程 2012年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り、2〜5℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
309号水越トンネル手前、旧道沿い路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:09 自宅発
10:41 水越峠着、410m、5℃
10:59 鉄板橋(石ブテ谷・丸滝谷の入口)
11:20 丸滝谷・石ブテ東谷の分岐、605m、4℃
12:00 休憩、 800m地点、3℃
13:03 六道の辻、1020m、2℃
13:15 大日岳、1094m、2℃
13:25 金剛山頂・国見城址広場・昼食、1100m、2℃
14:10 下山開始
14:20 大日岳、1094m、2℃
14:35 六道の辻・中尾の背コース入口
15:15 丸滝谷・石ブテ東谷の沢に合流、605m、3℃
15:43 下山、430m、5℃
16:20 自宅着 、今日歩いた歩数:18,578歩
コース状況/
危険箇所等
今日の丸滝谷コース、標高900m付近まで積雪に氷結もなく歩きやすかった。
900m付近から中尾の背に上がる箇所は、急傾斜の上に積雪があり、非常に滑りやすかった。アイゼン装着。
過去天気図(気象庁) 2012年01月の天気図 [pdf]

写真

10:57 コンクリート舗装の
林道を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:57 コンクリート舗装の
林道を登る
11:18 5分ほどで沢に下る
沢沿いを登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:18 5分ほどで沢に下る
沢沿いを登る
11:22 分岐点
右が丸滝谷コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:22 分岐点
右が丸滝谷コース
11:35 小滝が次々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:35 小滝が次々
12:38 標高900m付近から
沢の水無し、さらに急峻になる
ここも30mほどロープを頼る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:38 標高900m付近から
沢の水無し、さらに急峻になる
ここも30mほどロープを頼る
13:16 大日岳から
南東方向に大峰山脈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:16 大日岳から
南東方向に大峰山脈
2

感想/記録
by annyon

今日は朝から霧が出ていた。曇り空ということで近場の金剛山へ出かけた。
水越川の源流、丸滝谷コースを登った。
沢コースであるが、昨日の雨と気温(2〜3℃)が高いため積雪や氷結は無く安心して登れた。
登るに従い汗をかく。ジャケットにフリースにと順次脱いでも暑かった。
沢の上部は、蟻地獄のような砂地と急斜面、さらに積雪も加わり滑りやすかった。
最上部には、ロープが張られていたので何とか登れたが、きつい斜面でした。
丸滝谷コースは2回目だが、標高差500mを豊富な水が流れ小滝が次々と現れ、楽しい沢登りでした。
訪問者数:1276人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 クリ フリース

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ