また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1671676 全員に公開 ハイキング比良山系

比良・白滝山〜美しい渓谷と滝の数々・・ですが悲しい出来事が起こった場所です

日程 2018年12月07日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道367号(通称・鯖街道)曙橋交差点
大津市葛川市民センター向かい側の明王院横手を明王谷沿いに林道を数百m進んだ場所(車両行き止まりの手前)に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
0分
合計
6時間2分
Sスタート地点07:3913:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆スタート地点〜牛コバ: アスファルトおよび砂利道の林道歩き、約2.7km、50分
☆牛コバ〜白髭淵: 白滝谷に沿った谷筋歩き
コース明瞭、複数回渡渉箇所あり、高巻きトラバース箇所あり、やや難路
☆白髭淵〜夫婦滝口:白滝谷の谷沿いからそれて普通の登山道となる。目印多く踏み跡明瞭、やや急登
☆夫婦滝への往復道は難路、滝壺付近まで下りる場合は特に気をつけて!
☆夫婦滝口〜オトワ池:ニシヤ谷沿いの谷筋道。この時期コースは明瞭。夏場は下草が覆っており分かりにくかったはず。倒木が本来の道を塞いでる場所が数カ所あり、これを迂回する道が付いているが細くて不安定なトラバースで大変歩き難い。
☆オトワ池・長池 周辺: 緩やかで広い雑木林の丘陵地帯で同じような景色。目印も少なく迷いやすい。地図コンパス必携。GPSが大変心強い。
☆伊藤新道: 急坂、ザレ・ガレ道で歩き難い。下りには向いていない。
その他周辺情報明王院横に公衆トイレ、飲料自販機あり

写真

おはようございます😃
本日は比良山系の白滝山という山に登ります。
比良の主峰・武奈ヶ岳への御殿山コースと同じく、大津市葛川市民センター前の明王院が登山口となりますが、車で入れる所まで上がってきました。この駐車箇所の先は車両行き止まりです。
2018年12月07日 07:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます😃
本日は比良山系の白滝山という山に登ります。
比良の主峰・武奈ヶ岳への御殿山コースと同じく、大津市葛川市民センター前の明王院が登山口となりますが、車で入れる所まで上がってきました。この駐車箇所の先は車両行き止まりです。
2
始めはカーブの多い長い林道歩きです。
途中、覚照水という水場がありました。
前回春に来た時はチョロチョロでしたが、昨日の雨のおかげか、今日はたくさん流れてました。
2018年12月07日 08:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めはカーブの多い長い林道歩きです。
途中、覚照水という水場がありました。
前回春に来た時はチョロチョロでしたが、昨日の雨のおかげか、今日はたくさん流れてました。
2
さらに林道歩きを続けますと伊藤新道出合まで来ました。本日帰りは、右側の伊藤新道から下山してくる予定です。
2018年12月07日 08:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに林道歩きを続けますと伊藤新道出合まで来ました。本日帰りは、右側の伊藤新道から下山してくる予定です。
1
なおも林道歩きを続けますと、ようやく牛コバという場所に着きました。
ここまで約2.7km、45分でした。
2018年12月07日 08:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なおも林道歩きを続けますと、ようやく牛コバという場所に着きました。
ここまで約2.7km、45分でした。
1
牛コバは、今から進む白滝谷・夫婦滝・蓬莱山方面と、大橋・金糞峠・南比良峠方面への分岐箇所になります。
2018年12月07日 08:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛コバは、今から進む白滝谷・夫婦滝・蓬莱山方面と、大橋・金糞峠・南比良峠方面への分岐箇所になります。
牛コバを過ぎるとようやく登山道になります。白滝谷に沿った道です。

白滝谷は、
苔むした岩々や・・
2018年12月07日 08:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛コバを過ぎるとようやく登山道になります。白滝谷に沿った道です。

白滝谷は、
苔むした岩々や・・
1
清々しい清流・大中小たくさんの滝など・・
2018年12月07日 08:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しい清流・大中小たくさんの滝など・・
1
自然なままの渓谷美を魅せてくれて・・
2018年12月07日 08:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然なままの渓谷美を魅せてくれて・・
1
比良の山域の大部分は歩いて来てますが・・
2018年12月07日 09:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良の山域の大部分は歩いて来てますが・・
1
先般レコでご紹介した葛川越という峠付近の素晴らしさと並んで・・
2018年12月07日 09:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先般レコでご紹介した葛川越という峠付近の素晴らしさと並んで・・
2
個人的にですが、比良で一番好きな場所であります。
2018年12月07日 09:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
個人的にですが、比良で一番好きな場所であります。
2
特にこの白鬚淵は素晴らしい滝です。
登山道からは見えません。
悪路ですが下って行って是非見てみてくださいね。
2018年12月07日 09:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特にこの白鬚淵は素晴らしい滝です。
登山道からは見えません。
悪路ですが下って行って是非見てみてくださいね。
3
白鬚淵から登山道は白滝谷から左手へ逸れて行きます。やや急坂を頑張って登り切ると夫婦滝口に着きます。
写真は手前の渡渉箇所です。
2018年12月07日 10:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鬚淵から登山道は白滝谷から左手へ逸れて行きます。やや急坂を頑張って登り切ると夫婦滝口に着きます。
写真は手前の渡渉箇所です。
この道標の右側の道を慎重に下って行きますと
2018年12月07日 10:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標の右側の道を慎重に下って行きますと
夫婦滝です。
仲良く二筋流れ落ちています。
2018年12月07日 10:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝です。
仲良く二筋流れ落ちています。
4
夫婦滝口からは汁谷・蓬莱山方面への道もありますが、本日は音羽池方面へ進みます。
2018年12月07日 10:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝口からは汁谷・蓬莱山方面への道もありますが、本日は音羽池方面へ進みます。
整列!した木
2018年12月07日 10:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整列!した木
オトワ池に着きました。
神秘的な池です。時期を逸しましたが、紅葉の季節が美しい場所です。
2018年12月07日 10:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトワ池に着きました。
神秘的な池です。時期を逸しましたが、紅葉の季節が美しい場所です。
3
オトワ池周辺の緩やかな丘陵地帯をしばらく自由気ままに、ヒラヒラと散策してみます。
この辺りは右を向いても左を向いても同じような景色です。
迷いそう・・
2018年12月07日 10:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトワ池周辺の緩やかな丘陵地帯をしばらく自由気ままに、ヒラヒラと散策してみます。
この辺りは右を向いても左を向いても同じような景色です。
迷いそう・・
1
こちらは長池です。
池というより湿地帯ですね。
表面の草が紅葉していて綺麗でした。
2018年12月07日 10:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは長池です。
池というより湿地帯ですね。
表面の草が紅葉していて綺麗でした。
3
自然林の美しさに見惚れながら北東に斜面を登り詰めますと
2018年12月07日 11:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林の美しさに見惚れながら北東に斜面を登り詰めますと
白滝山(1,022m)山頂に到着しました。
木々に囲まれて眺望はありません。
こちらでお昼を食べていますと、だんだんと風が強くなり寒くなってきました。
とっとと帰ります!伊藤新道で。
2018年12月07日 11:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝山(1,022m)山頂に到着しました。
木々に囲まれて眺望はありません。
こちらでお昼を食べていますと、だんだんと風が強くなり寒くなってきました。
とっとと帰ります!伊藤新道で。
伊藤新道での下山途中で、わさび天井滝。
2018年12月07日 12:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊藤新道での下山途中で、わさび天井滝。
2
こちらは、わさび大滝。
2018年12月07日 12:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、わさび大滝。
4
わさび大滝とわたし。感慨に浸っています。
毎回登場せんでええって?
いや、ちょっと3年前の悲しい出来事を思い出したものですから・・。
2018年12月07日 12:51撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび大滝とわたし。感慨に浸っています。
毎回登場せんでええって?
いや、ちょっと3年前の悲しい出来事を思い出したものですから・・。
1
林道まで下って来ました。
伊藤新道出合です。
ここまで誰とも出会いませんでした。
2018年12月07日 13:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道まで下って来ました。
伊藤新道出合です。
ここまで誰とも出会いませんでした。
駐車箇所まで下りてきました。
朝なかった車が1台増えてます。
平日の曇り空の日にマイナーな山登りをする物好き好山病患者が他にもいらっしゃることに、少しホッとしました。
今日も無事帰って来れました。感謝!

終わり。
2018年12月07日 13:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車箇所まで下りてきました。
朝なかった車が1台増えてます。
平日の曇り空の日にマイナーな山登りをする物好き好山病患者が他にもいらっしゃることに、少しホッとしました。
今日も無事帰って来れました。感謝!

終わり。
1

感想/記録

12月に入り仕事が一年で最も忙しい時期になりまして、疲れが溜まっているにもかかわらず、相変わらずの好山病が発症し、本日も山登りです。
今夜あたりから冬型の気圧配置が強まり、遅ればせながら本格的な冬になる予報で、ホームグラウンドの比良の山々も恐らく間もなく冠雪することでしょう。冬山・雪山は登らない私にとっては冬眠前の残り少ない山行の一つになりました。
レコ中にも記載しましたが、白滝谷は本当に素敵な場所です。比良山系の中で最も好きな場所は、やはり何度行っても素晴らしい場所でした!
しかしながら今回のルート中にあります、わさび大滝・わさび天井滝付近においては、約3年前に死亡遭難事案が発生しています。道迷いによる遭難でした。白滝山の東側斜面で発見されるまで2か月近くかかり、それまで毎日のように登山口で情報提供を呼びかけておられた被害者の奥様に、当時私もお会いしたものです。あらためてご冥福をお祈りいたします。
今日散策したオトワ池・長池周辺も似たような景色の広い丘陵地で、自分がどこに居るのか分からなくなりがちな場所です。
慣れ親しんだ山々で十分な備えをしていても何が起こるかわからないのが登山です。美しい自然の中に、危険が隠れています。
これからも無理・無茶のない、身の丈に合った安全登山に努めて参りたいと、心を新たにした本日の山行でした。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ