また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1693177 全員に公開 雪山ハイキング京都・北摂

愛宕山 - ツツジ尾根〜脇道〜愛宕神社〜農林道

日程 2019年01月03日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ/薄曇り/曇り/小雪
アクセス
利用交通機関
電車
往路 - JR嵯峨野線の保津峡駅にて下車
帰路 - JR嵯峨野線の保津峡駅にて乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
1時間8分
合計
7時間22分
S保津峡駅07:3207:38愛宕山登山口08:56荒神峠09:0009:56ツツジ尾根方面分岐09:5810:08水尾分かれ10:1411:22愛宕神社社務所11:2611:34愛宕山12:1812:28愛宕神社社務所13:48愛宕山水尾登山口13:5014:00水尾バス停14:0614:52保津峡橋14:54保津峡駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
部分的にログが少し乱れているようです。
コース状況/
危険箇所等
■保津峡駅〜ツツジ尾根〜水尾分かれ
保津峡駅からすぐの保津峡橋を渡り、右折、程なくしてツツジ尾根の登山口があります。
登山口からジグザグ道を登って行くと、少しだけやや急な斜面の区間があります。
その後はアップダウンのある道で、特に問題なし。
荒神峠からは急斜面がしばらく続き、傾斜が緩んだ後、ネット沿いに少し登ると、表参道に合流します。
少し歩くと、水尾分かれです。

■水尾分かれ〜脇道〜愛宕神社
表参道を少し進んで右折し、脇道へ。
本来は歩きやすい道ですが、倒木で少し荒れている箇所があります。
積雪時には、トレースがないとルートが分かりにくいなど、それなりに難易度が上がりそう。
表参道を歩くのが無難でしょう。
脇道から表参道に合流し、少し歩くと愛宕神社の社務所前へ至ります。

■愛宕神社〜農林道〜水尾〜保津峡駅
農林道への分岐に標識はありません。
本来は歩きやすい道ですが、階段区間はやや傾斜が増し、積雪時には足元に気を付けて歩きたいですね。
下り基調の道を辿ると水尾参道に合流し、程なくして水尾へ至ります。
水尾から保津峡駅までは舗装路歩きになりますが、バス停を少し過ぎた辺りから遊歩道へ進む方が距離も短いし、車を気にせずに済みます。
そのまま進み、保津峡橋を渡れば、保津峡駅はすぐそこです。

冬期の表参道は路面が凍結している事があるので、軽アイゼンやチェーンスパイクを用意しておくのが望ましいでしょう。
その他周辺情報トイレ - 保津峡駅、愛宕神社の社務所付近、水尾バス停
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

保津峡駅からスタートです。
2019年01月03日 07:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保津峡駅からスタートです。
2
少し雪が舞っており、愛宕山の山頂方面は見えない。
2019年01月03日 07:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪が舞っており、愛宕山の山頂方面は見えない。
ツツジ尾根を登ります。
2019年01月03日 07:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ尾根を登ります。
少し登ると、保津峡駅が見える。
2019年01月03日 07:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると、保津峡駅が見える。
2
急斜面区間が少しあります。
2019年01月03日 07:44撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面区間が少しあります。
うっすらと積雪。
2019年01月03日 07:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらと積雪。
1
愛宕山の山頂はガスの中。
2019年01月03日 08:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山の山頂はガスの中。
2
荒神峠。
2年前よりも少しペースが遅い。
2019年01月03日 08:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒神峠。
2年前よりも少しペースが遅い。
雲海はほぼ見られず。
2019年01月03日 09:10撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海はほぼ見られず。
狂い咲きのアセビ。
2019年01月03日 09:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狂い咲きのアセビ。
4
少しずつ積雪量が増えています。
2019年01月03日 09:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ積雪量が増えています。
表参道と合流し、振り返り。
2019年01月03日 09:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表参道と合流し、振り返り。
水尾分かれで休憩。
2019年01月03日 10:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾分かれで休憩。
少しガスが出ています。
2019年01月03日 10:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しガスが出ています。
2
表参道はぬかるみ気味なので、脇道へ。
2019年01月03日 10:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表参道はぬかるみ気味なので、脇道へ。
トラバース道は問題なし。
2019年01月03日 10:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道は問題なし。
3
立派な木です。
2019年01月03日 10:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な木です。
3
倒木がいくらかあります。
2019年01月03日 10:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木がいくらかあります。
トレースはこの手前ぐらいまで。
結果としては、この辺りまでで表参道に合流した方が良かったようです。
2019年01月03日 10:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはこの手前ぐらいまで。
結果としては、この辺りまでで表参道に合流した方が良かったようです。
ちょっと雪にまみれた後、表参道に合流。
社務所前はこんな感じ。
2019年01月03日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雪にまみれた後、表参道に合流。
社務所前はこんな感じ。
今年の干支ですね。
2019年01月03日 11:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の干支ですね。
5
霧氷はあるけど、曇り空で写真映えしない。
2019年01月03日 11:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷はあるけど、曇り空で写真映えしない。
愛宕神社にお詣りし、温かい休憩所にて昼食です。
お札をいただき、三角点方面には向かわず、下山します。
2019年01月03日 11:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕神社にお詣りし、温かい休憩所にて昼食です。
お札をいただき、三角点方面には向かわず、下山します。
3
農林道にて下山です。
2019年01月03日 12:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農林道にて下山です。
折り返した後、階段区間がしばらく続きます。
2019年01月03日 12:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返した後、階段区間がしばらく続きます。
第三ベンチかな。
2019年01月03日 12:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三ベンチかな。
この辺りまで来ると、倒木がそれなりに見られる。
2019年01月03日 13:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りまで来ると、倒木がそれなりに見られる。
水尾参道と合流して、振り返り。
2019年01月03日 13:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾参道と合流して、振り返り。
水尾参道の登山口。
2019年01月03日 13:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水尾参道の登山口。
シキミ。
早めに咲き始めていますね。
2019年01月03日 13:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シキミ。
早めに咲き始めていますね。
4
収穫されないままの柚子がたくさん。
2019年01月03日 14:00撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
収穫されないままの柚子がたくさん。
1
遊歩道へ。
2019年01月03日 14:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道へ。
イワナシの花芽。
ツチグリは見つけられず。
2019年01月03日 14:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシの花芽。
ツチグリは見つけられず。
2
土砂崩れのため、明智越は通行不可との事。
2019年01月03日 14:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土砂崩れのため、明智越は通行不可との事。
この辺りは倒木が多い。
2019年01月03日 14:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは倒木が多い。
赤い実。
2019年01月03日 14:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実。
2
これも台風21号による被害でしょうか。
2019年01月03日 14:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも台風21号による被害でしょうか。
中尾根の登山口。
2019年01月03日 14:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根の登山口。
1
保津峡駅に帰還し、今回も無事にゴールです。
2019年01月03日 14:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保津峡駅に帰還し、今回も無事にゴールです。
2

感想/記録

今年も登り始めは愛宕山です。
2年ぶりに両親も一緒に登るはずでしたが、当日の朝に父は不安がありとの事で、母と兄との3人での山行となりました。
今回の予定ルートは2年前と同じで、積雪量や路面の状態などによっては少し変更も。

小雪の舞う中、保津峡駅からスタートです。
ツツジ尾根の登山口に到着し、ここから登り始めます。
最初は少しだけジグザグ道で、程なくして急斜面区間になるのだけど、まだ登り始めでもあり、ゆっくりと進みます。
愛宕山が見える箇所からは、ガスに包まれた山頂部が見えるのみ。
男女ペアに抜かれたりしながら進み、荒神峠に到着。
2年前よりも少し遅いペースだけど、無理して急ぐ必要はないので、一歩ずつ確実に歩いてもらうのみです。
急斜面区間から雲海が見られればと淡い期待をしていたけど、ほぼ何もなし。
数人の方に道を譲りながらも確実に標高を上げて行き、緩斜面区間へ。
ネット沿いの道を登り切ると、ようやく表参道に合流です。
表参道を登って来られる方に混ざりつつ歩いていると、どうしても倒木が目に入り、母と兄には初めての光景でもあり、何かを感じたのではないでしょうか。
水尾分かれにて休憩です。

表参道を登り始めると、道がぬかるんでいて、あまり状態が良くない。
脇道を進む方が良いかなと判断し、そちらへ。
歩く人が少ないせいか、こちらの方が積雪は多めです。
トラバース道区間も問題はなく、その後もトレースを辿って気分良く歩きます。
もう少しで黒門という辺りでトレースはなくなり、少し迷ったものの、そのまま進みます。
この辺りが最も雪深く、吹き溜まっている所では15~20cmぐらいでしょうか。
倒木への対処も加わり、ちょっと進みにくい。
僕や兄だけなら特に問題はないけど、母にはちょっと大変だったかも。
いつもは黒門を過ぎた辺りで表参道に合流しているのだけど、積雪や倒木で進みにくそうな印象なので、合流せずに登って行きます。
初めて脇道を歩いた際に、後味の悪さを感じたので、P869に近い辺りはできれば歩きたくなかったのだけど、今回は致し方なし。
やはり良くない形で表参道に合流し、社務所前へ。
気温は-3℃です。
しんどい階段を登り、本殿前に到着です。
たくさんの人で賑わっており、この時期ならではという感じです。
お詣りをし、温かい休憩所にて昼食です。
お札をいただき、母の意向を確認した上で、先へは進まずに下山します。

階段は凍結気味で歩きにくく、ゆっくり下ります。
軽アイゼンを装着すべきかなとも思ったけど、何とかなるとの判断で進んでいます。
予定通りに水尾へ向かいますが、水尾分かれ経由で水尾参道を進むのではなく、農林道へ。
それなりに積雪があり、ここも軽アイゼンがあった方が良さそうな感じだけど、何とかなるはずとの判断で、以前として登山靴のみで進んでいます。
階段区間はちょっと嫌な感じだけど、ゆっくり進めば、問題なし。
母も頑張って下っています。
標高500mぐらいまで来ると雪はなくなり、程なくして水尾参道に合流です。
見慣れた道を下ると、登山口に到着です。
若いカップルがおり、愛宕神社へ行きたいとの意向でしたが、色々と問題がありそうなので、「行かない方が良い」「きちんと準備をした上で出直しを」と趣旨で話し、素直に納得してもらいました。

水尾の集落をのんびりと歩き、バス停に到着。
トイレが新調されてきれいになっており、ありがたく利用させてもらいました。
年末年始はバスが運休だし、もちろん歩いて保津峡駅へ向かいます。
遊歩道へ進み、道脇の岩っぽい辺りに目を凝らしながら歩きます。
花芽の付いたイワナシは見つけたものの、ツチグリは見つけられず。
まだ修行不足のようです。
当分は歩きたくないなという感じで中尾根ルートの登山口を見やったりしながら進み、良いタイミングで保津峡駅に到着し、今回も無事にゴールです。

新たな年を迎え、新たな気分で山へ。
という感じではないけど、良い年になるようにとの願いも込めて、今年も愛宕山から山歩きをスタートです。
2年ぶりに両親も一緒のはずでしたが、上述した通り、父は直前で不参加に。
残念ですが、無理をして歩くのは良くないし、結果的には不参加で正解だったかも。
そんな中、母はそれなりに苦労しつつではあるけれど、最後まで歩き切り、無事にゴールできました。
天候が予想よりも悪かったし、神社の先へも進んでいないし、山行としての楽しさは高かったとは言いにくいけど、無事に歩いてくれたのは何よりです。
体力不足を認識したはずだし、父も少しは刺激を受けたはずなので、二人とも普段からの運動の量をもう少し増やしてくれるよう願いたいですね。

では、今年もよろしくお願いします。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 4252
2019/1/5 20:11
 人気のコース!
ですね。
vgさんもSsさんも同じコースで、おかしい…

お父上は残念でしたが、
決して無理をしない方が良いですよ。
気軽に考えてしまいがちですが
愛宕山は高低差もあるし、今は雪もありますしね。
2年前と比べて時間がかかってるという事ですが、
私のタイムと変わらないです
私も、前より時間がかかるようになってきてます。
だけど、自分が楽しければそれで良いし、
時間がかかっても、競ってるわけじゃないし、まあいいじゃないと思っています。

ツチグリは見つけられませんでしたか
確か、車道に合流してから、
結構保津峡駅が近づいてからだったように思います。
そうそう、大文字山のCかEの林道でも見た事あります。
次こそ、出会えるといいですね
登録日: 2016/7/1
投稿数: 211
2019/1/5 22:20
 heheさん、こんばんは
MtMrSsさんも同じコースだったんですね。
しかも、僕の写真6とMtMrSsさんの写真3は同じ場所で、恐ろしいぐらいの偶然です。
1日違いで天気が随分と良かったようで、羨ましい。

少し前から町の体育館のジム通いを再開して、一時期よりは父の体の具合は良くなっているはずだけど、まだ愛宕山を登るには十分ではないという事でしょう。
天王山ぐらいで良いので、山を歩く回数を少しずつ増やせば、秋ぐらいには愛宕山にもまた登頂できるはず。
まあ、焦らずにじっくりと。

年を重ねて良い事もあるけど、体力的な衰えはできるだけ抑えたいなと思いますよね。
簡単じゃないけれども。
heheさんの場合は、周囲の諸々を観察しながら歩いているとの印象で、急いで登るだけでは見えないものがあるというのを教えてもらったという気がしています。
以前に比べると、僕も周りのあれこれを気にしながら歩くようになっており、山歩きでの楽しみが広がっています。

ツチグリは見つからなかったです。
単独行なら、また違ったのかも知れないけど、今回はダメでした。
イワナシと同じような所で見かけるとの事なので、引き続き気にしておくようにします。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 654
2019/1/6 1:23
 village-greenさん、今年もよろしくお願いします。
 愛宕神社でのタイムを見ると1時間ほど早く居られたんですね。
天気がすぐれませんでしたが風が予報よりきつくなく、それ程寒く無くてよかったですね。
私も山初めは愛宕神社に「火迺要慎」のお札を授かりに上がるのを近年の恒例としております。

ご両親と一緒に歩けるというのは良いことですね。
越前海岸の斜面一面に咲く水仙を見せたかったのですが、真冬の越前海岸は身体に悪いだろうと躊躇しておりました。天気のよさそうな日を選び連れだって永平寺と水仙ランドへ行けたのが最後となりましたが、とても喜んでくれたのをこの季節になると思い出します。
まだまだお若そうだから、いっぱい歩けますね。
登録日: 2013/5/28
投稿数: 344
2019/1/6 9:16
 謹賀新年!
vgさん、おはようございます。

確か去年の正月も1日違いでした、私がいつも1日遅れです。
本当に写真6はぴったり一緒みたいですねー、まるで同じ写真みたいです、坂のぼってホッとしての一枚なんでしょう。
次の山頂付近を撮影したのもほぼ同じ、ガスっているのもよく似てます。

3日のほうが少し雪は多い感じですか、竜ヶ岳分岐の辺りの積雪は去年とほぼ同じか若干少ない感じでした。

私も去年、水尾の登山口を少し入った辺りで、普通のコートを着た女性2人に尋ねられ、午後2時を過ぎた時間でもあり、危険なので止めた経験があります。
素直に中止して帰られましたが、危ない目にあう人も稀にいるんでしょうね。

ご両親と共にお山に帰って来られたらいいですね。
ではでは、今年もよろしくお願いします。
登録日: 2016/7/1
投稿数: 211
2019/1/6 12:00
 no2さん、今年もよろしくお願いします
本殿前の温かい休憩所を利用すべく、早めにスタートしましたが、脇道で少し苦戦したのもあり、思ったよりも遅れての到着になりました。
越畑バス停からのスタートだと、積雪もあるし、昼過ぎの到着になるでしょうね。
寄り道できる所も色々とあるだろうし。

晴れ間も少しあったけど、小雪交じりの曇天という感じでしたね。
青空がないと霧氷は映えてくれないし、ちょっと残念でした。
積雪量は多くもなく、少な過ぎでもなく、凍結の度合も含めて、ある意味では中途半端で、軽アイゼンを装着しないまま歩きました。
お札をいただき、最後まで無事に歩いたので、この日はそれだけで良しという感じです。

色々と苦労をかけたので、少しでも親孝行をと思っていますが、そんなにできていないのが現実です。
残された時間がどれだけあるのか分からないけど、少しでも長く健康な体を保っていられるよう、手助けをできれば良いかなと思っています。
no2さんの胸の中にもしっかりと刻まれている事があるのでしょうね。
親への感謝の気持ちは忘れないようにしたいですね。

では、今年もお互いに安全に楽しく山歩きを続けられるように願っています。
登録日: 2016/7/1
投稿数: 211
2019/1/6 12:20
 MtMrSsさん、今年もよろしくお願いします
MtMrSsさんとは2年前に荒神峠でお会いして以来、やりとりをさせてもらっていますが、その後は微妙な接近を繰り返している感じでしょうか。
少しの違いで山の風景が全く違っていたり、色々と発見があります。
ツツジ尾根での写真はかなりの偶然ですよね。
ちょっと笑ってしまいました。

4日の方が天気が良かったみたいですね。
竜ヶ岳分岐の辺りのゆったりとした雰囲気を堪能されたようで、羨ましい。
適度な積雪量の中、気分良く歩行可能だし、良い所ですよね。
のんびりと静かな雰囲気を満喫できるし、人が少ないのが不思議なぐらい。

山を歩く機会がないと、その危険さは分からないはず。
素直に意見を聞き入れる人が大半だと思うけど、そうじゃない人は痛い目に遭っている可能性がありそう?

両親にはもう少し地元の山を歩く機会を持って欲しいなと思っています。
まずは、そこからですね。
まあ、無理は禁物なので、長い目で。

では、今年もお互いに安全に楽しく山歩きを続けられるように願っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ