また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1694435 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

泉ヶ岳 レスキュー現場に遭遇

日程 2019年01月04日(金) [日帰り]
メンバー
 MAX155(写真)
天候☀時々強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間50分
休憩
20分
合計
2時間10分
Sスタート地点09:1011:00泉ヶ岳11:2011:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は四捨五入して10分単位にしました。
コース状況/
危険箇所等
水神コースは往復壺足で通せましたが、さいの河原の登りはアイゼンがあった方が楽かも知れません。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ワカン アイゼン ヘッドライト 行動食1日分 ジェットボイル 帽子 携帯電話 デジカメ サングラス 温めたフードコンテナーに温めたおにぎり2個 保険証と免許証のコピー

写真

仙台市内方面からヘリが飛来
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台市内方面からヘリが飛来
テレビの取材かと思っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テレビの取材かと思っていました。
三峰山は見えますが船形山は見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山は見えますが船形山は見えません。
3
さいの河原から見えたヘリ。登山者が袖泉に入り込んで行動不能になったのかと思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さいの河原から見えたヘリ。登山者が袖泉に入り込んで行動不能になったのかと思いました。
1
よく見ると中央にヘリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると中央にヘリ
さらにもう一人救助
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにもう一人救助
5
そのまま仙台市内方面へ飛び去りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま仙台市内方面へ飛び去りました。
1
おそらくここから救助したようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おそらくここから救助したようです。
1
三叉路への踏み跡無し、以前ラッセルして水神に降りた事もありますが、今日はUターンしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路への踏み跡無し、以前ラッセルして水神に降りた事もありますが、今日はUターンしました。
2
お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
4

感想/記録
by MAX155

 今日は泉ヶ岳と北泉ヶ岳を周回しようかと思っていましたが、泉ヶ岳でレスキュー現場に遭遇し、北泉ヶ岳は止めて、そのまま下山しました。

 「てんきとくらす」では登山に適さないCマークでしたが、時折強風が吹きましたが概ね晴れていました。さいの河原にさしかかると、ヘリの飛行音が聞こえてきてヘリが飛来してきました。最初はテレビの取材かと思っていましたが、泉ヶ岳山頂に着くと、ホバリングして救助作業を開始していました。近付き過ぎると救助の邪魔になると思い、100mくらい離れたところで見守りました。救助場所は、おそらく泉ヶ岳山頂から三叉路方面に下った最初のケルンかある所の様でした。強風の中の救助作業には頭が下がりました。本当に感謝致します。原因はわかりませんが、救助された方の御無事を祈ります。
訪問者数:429人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ケルン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ