また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1694654 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走十和田湖・八甲田

八甲田山 高田大岳途中まで

日程 2019年01月04日(金) [日帰り]
メンバー
天候予報通り午後から晴れてきましたが、強風でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
9分
合計
3時間49分
S高田大岳登山口09:5209:54谷地温泉11:37天狗の踊場11:4513:33谷地温泉13:3413:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
灌木が少し出ていましたがスキーは大丈夫です。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

最近はノートレースの登りが続いたので、今日はありがたい。
2019年01月04日 09:51撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近はノートレースの登りが続いたので、今日はありがたい。
1
山頂は強風の中です。
2019年01月04日 10:20撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は強風の中です。
4人が登っているのが見えました。
2019年01月04日 10:29撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4人が登っているのが見えました。
1
南八甲田も雲の中です。
2019年01月04日 10:40撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八甲田も雲の中です。
1
山頂方向が見えた。雲がすごい速さで動いてます。
2019年01月04日 10:57撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向が見えた。雲がすごい速さで動いてます。
6
ガスと強風の中を登ります。
2019年01月04日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスと強風の中を登ります。
1
シールを剥いで滑走直前。晴れ間も見えますが、今日の最高到達点はこことします。
2019年01月04日 12:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールを剥いで滑走直前。晴れ間も見えますが、今日の最高到達点はこことします。
6
下方向もこんな感じです。
2019年01月04日 12:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方向もこんな感じです。
3
下方向を背景に
2019年01月04日 12:16撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方向を背景に
9
滑走スタートです。
2019年01月04日 12:17撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走スタートです。
滑り降りました。パウダーのバージンスノーでした。
2019年01月04日 12:29撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り降りました。パウダーのバージンスノーでした。
3
青空が広がり始めました。
2019年01月04日 12:30撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がり始めました。
4
雲がすごい速さで山頂部を越えています。
2019年01月04日 12:37撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がすごい速さで山頂部を越えています。
5
マイシュプールが見えました。
2019年01月04日 12:38撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイシュプールが見えました。
1
さらにズーム
2019年01月04日 12:39撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにズーム
3
スタートの谷地温泉に戻りました。
2019年01月04日 13:35撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートの谷地温泉に戻りました。
1
運転直後のシェルター手前からの高田大岳
2019年01月04日 13:57撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運転直後のシェルター手前からの高田大岳
2
左上に登りのトレース、左下に滑走跡が見えました。
2019年01月04日 13:59撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左上に登りのトレース、左下に滑走跡が見えました。
4
田代平で車を停めて。左:雛岳は山頂が見えます。右:赤倉岳方面は雲の中でした。
2019年01月04日 14:10撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平で車を停めて。左:雛岳は山頂が見えます。右:赤倉岳方面は雲の中でした。
2

感想/記録

 予報を見ると十和田市は終日晴れ。運転して萱野茶屋まで来ると、大岳は完全に雲の中。予定通り天気のよさそうな風下側の高田大岳に行くことに。今季初めての高田さんだ。強風だが、少し前に登ったと思われるトレースがあり、ありがたく使わせていただく。

 途中、4人の方が登っているのが見えた。雲がものすごい速さで山頂部を越えていく。早めにスキークランポンを付けてさらにシュカブラ帯を登るが、ガスと強風で山頂は無理かな〜と思い始めたら、3人の方が滑走準備をしている。「厳しい天気ですね。」と二言三言交わし、私も少し上で滑走準備。沢側に移動し、今季初の新雪滑り。雪はやや重く太ももはパンパンだが、最高の感触だった。

 湿原部で休憩していると、頂上まで行かれたという男性が下りてきた。声に聞き覚えがありお聞きすると、30年以上も前に寒水沢の沢登りや大須賀海岸の岩でお世話になった八戸市のAさんだった。現在ガイドをされており、「今日は今年の登り始めだから、山頂に何としても行きたかったんだ。」とおっしゃる。重装備で初志貫徹される行動に、さすがにプロはすごいな〜と思った。駐車場で別れるまで、これまでの互いの歩みなど様々なことをお話させていただき、タイムスリップしたような気持ちになった。強風だったが気持ちよく滑れたこと、旧き良き師との出会いもあり、感慨深い一日でした。
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/24
投稿数: 1022
2019/1/4 19:30
 お疲れさまでした。
今日は太平洋側からも高田大岳がよく見えて、しかし風が強く、登っている人は大変だろうと職場から眺めてましたが、登ってたのですね。
私も来週から高田参りを始めようと思います。会った際はよろしくお願いします。
登録日: 2015/8/15
投稿数: 132
2019/1/4 23:53
 Re: お疲れさまでした。
 下山後の運転中にラジオで言っていましたが、三八地方には強風注意報が出ていたんですね。もっと強風の時もあったのでさほど驚きませんでしたが、今日は無理をせずに引き返しました。でも滑るには充分のコンデションでした。
 高田さんがoyamaさんを「早く来いへ〜」って呼んでますよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ