また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1705766 全員に公開 雪山ハイキング 赤城・榛名・荒船

赤城山 雪と氷の祭典〜快晴の青空と氷上でランチを

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年01月14日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大沼西岸駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
43分
合計
8時間27分
Sスタート地点07:3008:01赤城神社08:0308:15黒檜山登山口駐車場08:19黒檜山登山口08:2508:32猫岩08:3609:29黒檜山大神09:31赤城山09:4109:46黒檜山絶景スポット09:5509:59赤城山10:11黒檜山大神10:1210:32大タルミ10:4111:19赤城神社駐車場11:24おのこ駐車場11:2511:32赤城公園ビジターセンター11:3312:02小沼駐車場13:21小沼水門14:40小沼水門14:53小沼駐車場14:58八丁峠登山口15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大沼、小沼氷上横断、小滝氷瀑散策など撮影や観賞で時間を割いています。
コース状況/
危険箇所等
大タルミから赤城神社までをショートカット、氷結した大沼、小沼を横断。
大沼は16時〜翌7時までは立ち入り禁止。監視しているので注意。
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

写真

夜明けの黒檜山駒ヶ岳。
2019年01月14日 06:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けの黒檜山駒ヶ岳。
8
鳥居峠が明るくなってきた。撮影するshilkoさん。
2019年01月14日 06:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠が明るくなってきた。撮影するshilkoさん。
5
朝焼けを鏡のように反射する氷結大沼。岸際には7時開始を待つワカサギ釣り客の明かり。
2019年01月14日 06:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けを鏡のように反射する氷結大沼。岸際には7時開始を待つワカサギ釣り客の明かり。
19
日の出前の鳥居峠。
2019年01月14日 06:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前の鳥居峠。
3
朝焼ける筑波山と東の地平線にかかる雲。
2019年01月14日 06:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼ける筑波山と東の地平線にかかる雲。
15
7時過ぎ、黒檜山駒ヶ岳に日の出。大沼氷上に明かりが差し込み、氷上ワカサギ釣り客も大挙して流れ込む。
2019年01月14日 07:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時過ぎ、黒檜山駒ヶ岳に日の出。大沼氷上に明かりが差し込み、氷上ワカサギ釣り客も大挙して流れ込む。
9
今日は大沼西岸のスペースに車を駐車。朝日に照らされるパジェロ。
2019年01月14日 07:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は大沼西岸のスペースに車を駐車。朝日に照らされるパジェロ。
3
氷結した大沼を歩くshilokoさん。気温−6℃、無風に近く暖かい。
2019年01月14日 07:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した大沼を歩くshilokoさん。気温−6℃、無風に近く暖かい。
13
黒檜山を眺めながら美しい氷の上を歩く。
2019年01月14日 07:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山を眺めながら美しい氷の上を歩く。
6
まるで鏡のようだが透き通る氷。湖底は気温差が少ないため外気に触れる水表面からゆっくり凍る。水中にある空気や不純物は底へと除外され、透明に近い氷が出来上がる。
2019年01月14日 07:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで鏡のようだが透き通る氷。湖底は気温差が少ないため外気に触れる水表面からゆっくり凍る。水中にある空気や不純物は底へと除外され、透明に近い氷が出来上がる。
8
地蔵岳と撮影に余念がないshilokoさん。ななめ構図ご容赦。
2019年01月14日 07:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳と撮影に余念がないshilokoさん。ななめ構図ご容赦。
6
氷中の無数ある小さな気泡は、氷の表面に不純物があると、それを移動させながら上に凍結するため、跡として小さな泡が多数出来る。
2019年01月14日 07:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷中の無数ある小さな気泡は、氷の表面に不純物があると、それを移動させながら上に凍結するため、跡として小さな泡が多数出来る。
11
歩んできた氷上と出張峠方面。
2019年01月14日 07:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩んできた氷上と出張峠方面。
6
朝日に照らされる氷面。透明度の高い氷、美しい氷上。
2019年01月14日 07:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる氷面。透明度の高い氷、美しい氷上。
6
鏡のような氷上から地蔵岳、長七郎山。
2019年01月14日 07:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡のような氷上から地蔵岳、長七郎山。
3
まるでガラスのような大沼氷上に立つshilokoさん。
2019年01月14日 07:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでガラスのような大沼氷上に立つshilokoさん。
15
美しい氷上は磨かれたガラスのフロア。私たちのトレース。
2019年01月14日 07:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい氷上は磨かれたガラスのフロア。私たちのトレース。
8
アイスバブル。
2019年01月14日 07:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスバブル。
8
沼底から湧き出たガスや底に追いやられた空気が氷の中に閉じ込められている。海外ではカナダのアブラハム湖、国内では北海道の糠平湖が有名。
2019年01月14日 07:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼底から湧き出たガスや底に追いやられた空気が氷の中に閉じ込められている。海外ではカナダのアブラハム湖、国内では北海道の糠平湖が有名。
9
青い空が氷に写りこむ。美しい氷の世界。
2019年01月14日 08:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い空が氷に写りこむ。美しい氷の世界。
5
逆さ地蔵岳。
2019年01月14日 08:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ地蔵岳。
8
赤城神社北側に上陸。
2019年01月14日 08:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城神社北側に上陸。
3
黒檜山登山道口。霧氷はほとんどないが、道中の会話と景観を楽しみに登る。
2019年01月14日 08:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山登山道口。霧氷はほとんどないが、道中の会話と景観を楽しみに登る。
5
猫岩から赤城神社、地蔵岳。
2019年01月14日 08:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫岩から赤城神社、地蔵岳。
2
歩んできた氷結大沼。上から見ると氷とは思えない美しさ。
2019年01月14日 08:32撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩んできた氷結大沼。上から見ると氷とは思えない美しさ。
3
北岳、間ノ岳、手前は鳳凰三山。さすがにオベリスクは見えない。
2019年01月14日 08:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、手前は鳳凰三山。さすがにオベリスクは見えない。
10
甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳。
2019年01月14日 08:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳。
7
先週登った蓼科山。
2019年01月14日 08:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登った蓼科山。
4
霧氷が少しだけついているビクトリーロード。
2019年01月14日 09:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が少しだけついているビクトリーロード。
2
青空に少しだけ霧氷。
2019年01月14日 09:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に少しだけ霧氷。
7
黒檜山山頂。青空にターコイズブルーのshilokoさんと、黒衣に身を包んだターミネーターのような鬼軍曹。映画の最後は溶鉱炉に身を沈めるが、私は踏み抜いて雪の中へ沈む。
2019年01月14日 09:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山山頂。青空にターコイズブルーのshilokoさんと、黒衣に身を包んだターミネーターのような鬼軍曹。映画の最後は溶鉱炉に身を沈めるが、私は踏み抜いて雪の中へ沈む。
22
青空には少しだが霧氷。気温が高く午後は消え去るだろう。
2019年01月14日 09:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空には少しだが霧氷。気温が高く午後は消え去るだろう。
4
木の実に霧氷。
2019年01月14日 09:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の実に霧氷。
5
ダケカンバと霧氷、そして青空。
2019年01月14日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバと霧氷、そして青空。
10
展望スポットから南西方面。南アルプス、八ヶ岳、浅間山、志賀草津山稜。
2019年01月14日 09:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望スポットから南西方面。南アルプス、八ヶ岳、浅間山、志賀草津山稜。
4
北西方面。谷川武尊、奥利根山稜。
2019年01月14日 09:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西方面。谷川武尊、奥利根山稜。
4
乗鞍岳。剣ヶ峰も見える。
2019年01月14日 09:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳。剣ヶ峰も見える。
6
四阿山。今日は第二候補地だった。
2019年01月14日 09:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山。今日は第二候補地だった。
3
谷川は今日もガスの中。
2019年01月14日 09:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川は今日もガスの中。
5
白毛門朝日岳。松の木沢の頭は見える。
2019年01月14日 09:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門朝日岳。松の木沢の頭は見える。
3
昨日行った上州武尊山。標高の低い稜線だけ晴れている。
2019年01月14日 09:48撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日行った上州武尊山。標高の低い稜線だけ晴れている。
3
展望スポットから北方面。
2019年01月14日 09:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望スポットから北方面。
3
日光白根山。登られているtomoさんに手を振る。あちらに行けば良かったと後悔。
2019年01月14日 09:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。登られているtomoさんに手を振る。あちらに行けば良かったと後悔。
11
展望スポット北側は、木々が伐採され撮影スポットにもなっていた。
2019年01月14日 09:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望スポット北側は、木々が伐採され撮影スポットにもなっていた。
6
雪の表面には美しい氷の結晶柱。
2019年01月14日 09:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の表面には美しい氷の結晶柱。
5
黒檜大神で参拝。
2019年01月14日 10:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜大神で参拝。
3
下ったスペースで大の字。黒檜大神と赤城神社に奉納。
2019年01月14日 10:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ったスペースで大の字。黒檜大神と赤城神社に奉納。
7
振り返る黒檜山、青空。
2019年01月14日 10:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る黒檜山、青空。
3
大タルミからノートレースの沢へ下りていく。
2019年01月14日 10:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タルミからノートレースの沢へ下りていく。
4
樹林帯内から大沼が良く見える。積雪量は増えて、すねから膝まではある。
2019年01月14日 10:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯内から大沼が良く見える。積雪量は増えて、すねから膝まではある。
3
北側は登ってきた猫岩。休憩する登山者に手を振る。
2019年01月14日 10:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は登ってきた猫岩。休憩する登山者に手を振る。
2
この急斜面の沢をシリセードするshilokoさん。
2019年01月14日 10:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面の沢をシリセードするshilokoさん。
8
あっという間に滑り降りていく。速い!。JA馬豚Burtonシートは素晴らしい。
2019年01月14日 10:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に滑り降りていく。速い!。JA馬豚Burtonシートは素晴らしい。
5
倒木をするりとかわし、歩くつもりなどさらさらないshilokoさん。
2019年01月14日 10:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木をするりとかわし、歩くつもりなどさらさらないshilokoさん。
7
広いタルミを歩くshilokoさん。
2019年01月14日 10:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いタルミを歩くshilokoさん。
3
大洞赤城神社前に出てきた。
2019年01月14日 11:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞赤城神社前に出てきた。
1
ビジターセンター脇の赤城第三スキー場を直登して小沼へ。ちなみに第二スキー場は青木旅館の脇。
2019年01月14日 11:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター脇の赤城第三スキー場を直登して小沼へ。ちなみに第二スキー場は青木旅館の脇。
1
積雪が少なく笹が多い。下はビジターセンターと第三スキー場。
2019年01月14日 11:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪が少なく笹が多い。下はビジターセンターと第三スキー場。
氷結小沼に到着。
2019年01月14日 12:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結小沼に到着。
7
小沼の氷上を歩くshilokoさん。
2019年01月14日 12:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼の氷上を歩くshilokoさん。
9
風も緩いので、氷上小沼の中央で昼食。
2019年01月14日 12:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も緩いので、氷上小沼の中央で昼食。
6
今日の昼食はちゃんぽん麺鍋。毎度具が多すぎて麺と具は二回戦。
2019年01月14日 12:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼食はちゃんぽん麺鍋。毎度具が多すぎて麺と具は二回戦。
17
青空に地蔵岳を眺めながら昼食。
2019年01月14日 12:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に地蔵岳を眺めながら昼食。
7
お腹が空いているshilokoさんは、お椀に盛らず直食い。
2019年01月14日 12:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹が空いているshilokoさんは、お椀に盛らず直食い。
9
最後はいつものかき氷。
2019年01月14日 13:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はいつものかき氷。
9
再装備して出発する。
2019年01月14日 13:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再装備して出発する。
小滝の氷瀑が見たいというshilokoさんをお連れした。一部が崩落している。
2019年01月14日 13:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝の氷瀑が見たいというshilokoさんをお連れした。一部が崩落している。
3
小滝の氷瀑。
2019年01月14日 13:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝の氷瀑。
5
西側は日当たりが良いので崖から崩壊していた。
2019年01月14日 13:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側は日当たりが良いので崖から崩壊していた。
4
見上げる氷瀑。
2019年01月14日 13:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる氷瀑。
11
融解と凍結を繰り返し、段のようになっている。
2019年01月14日 13:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
融解と凍結を繰り返し、段のようになっている。
8
赤ゾレに登り上から俯瞰。shilokoさんが小さく見える。
2019年01月14日 13:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤ゾレに登り上から俯瞰。shilokoさんが小さく見える。
3
鬼だろうか?牛か!牛歩。
2019年01月14日 13:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼だろうか?牛か!牛歩。
10
行動が小学校低学年男子と変わらないことに、呆れつつも納得してしまう私。人見知りで緊張ばかりするshilokoさんはここにはいない。
2019年01月14日 13:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行動が小学校低学年男子と変わらないことに、呆れつつも納得してしまう私。人見知りで緊張ばかりするshilokoさんはここにはいない。
20
滝が内部で流れている。
2019年01月14日 13:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が内部で流れている。
3
幅は小さいが、下から見ると迫力ある氷瀑。
2019年01月14日 13:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅は小さいが、下から見ると迫力ある氷瀑。
4
クラゲのような氷。
2019年01月14日 13:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラゲのような氷。
2
再び小沼へ。南岸の鳥居。
2019年01月14日 14:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び小沼へ。南岸の鳥居。
1
氷上を泳ぐ真似をするshilokoさん。気の済むまで好きなようにさせておく。
2019年01月14日 14:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷上を泳ぐ真似をするshilokoさん。気の済むまで好きなようにさせておく。
4
小沼は大沼より早い時期に凍結したので氷が白く霞んできた。
2019年01月14日 14:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼は大沼より早い時期に凍結したので氷が白く霞んできた。
1
八丁峠から第一スキー場へ下山。
2019年01月14日 15:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠から第一スキー場へ下山。
大沼湖畔でchoco-tさん、kotavさんとバッタリ。寒い中引き留めてしまいすいません。ワカサギを頂きました。ありがとうございました。後日天ぷらにします。
2019年01月14日 15:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼湖畔でchoco-tさん、kotavさんとバッタリ。寒い中引き留めてしまいすいません。ワカサギを頂きました。ありがとうございました。後日天ぷらにします。
17
緑のダウンが可愛らしいchoco-tさん、白いビーニーが可愛らしいshilokoさん、美しい女性二人に挟まれ両手に花状態、普段絶対に見せない満面の笑みの鬼軍曹。顔が赤いのは照れではなくガッツら日焼けの赤黒さ。
2019年01月14日 15:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のダウンが可愛らしいchoco-tさん、白いビーニーが可愛らしいshilokoさん、美しい女性二人に挟まれ両手に花状態、普段絶対に見せない満面の笑みの鬼軍曹。顔が赤いのは照れではなくガッツら日焼けの赤黒さ。
21
choco-tさん、kotavさんとお別れして大沼氷上を歩いていく。16時以降は立入禁止となるので注意が必要。
2019年01月14日 15:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
choco-tさん、kotavさんとお別れして大沼氷上を歩いていく。16時以降は立入禁止となるので注意が必要。
2
逆さ黒檜山。赤城神社。
2019年01月14日 15:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ黒檜山。赤城神社。
5
氷に青空と雲が写り込む。
2019年01月14日 15:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷に青空と雲が写り込む。
6
暮れ行く黒檜山駒ヶ岳。まだ撮影しているshilokoさん。よほど氷の美しさが気に入ったのだろう。
2019年01月14日 15:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暮れ行く黒檜山駒ヶ岳。まだ撮影しているshilokoさん。よほど氷の美しさが気に入ったのだろう。
5
西岸に上陸。
2019年01月14日 15:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岸に上陸。
2
ポツンと最後の一台となった。
2019年01月14日 15:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツンと最後の一台となった。
6
夕日が妙義山方面へ沈んでいく。
2019年01月14日 16:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日が妙義山方面へ沈んでいく。
6
蓼科山の右に日が沈む。今日も一日が終わり、また明日がやってくる。
2019年01月14日 16:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山の右に日が沈む。今日も一日が終わり、また明日がやってくる。
17

感想/記録

 信じる者は救われるとは限らない。あらゆる情報から自分の解答を出し、それを信じて行動したが、裏切られることなどしばしば。山の天気予報が良い例だということを今回改めて知ることとなる。

 昨日のガスガス武尊山から、予定としては日光白根山だった。当日4時に起床してSCWの局地予報を見ると、日光白根山、第二候補の四阿山は11時からガスが多そうな分布。諦めて赤城山大沼の氷上散策に切り替えた。

 裏山の赤城山行きなので出発は5時30分。赤城県道はワカサギ釣りへ向かう車で混雑していた。沼尻から夜明け、鳥居峠から日の出を眺めて再び沼尻へ。

 大沼西岸はワカサギ釣り人で混雑。一番端に停める。16時から翌朝7時まで大沼への立ち入りは出来ない。湖畔には監視する赤城漁業組合の車が複数台停まっている。

 7時を過ぎるとワカサギ釣り客が大挙して氷上へ流れ込んでいた。その様子を眺めてから私たちも出発。岸際は積雪しているが、100mほど行くとガラスのような氷上が現れる。磨かれたガラスのフロア。

 透明度の高い氷が湖などに出来るのは、湖底は気温差が少ないため外気に触れる水表面からゆっくり凍る。水中にある空気や不純物は底へと除外され、透明に近い氷が出来上がる。氷中の無数ある小さな気泡は、氷の表面に不純物があると、それを移動させながら上に凍結するため、跡として小さな泡が多数出来る。

 景色や空を映し出す美しい氷上はまるで鏡の様でもある。逆さに写る黒檜山や駒ヶ岳。氷上からの景色を堪能し赤城神社北側に上陸。黒檜山登山口から猫岩を登って行く。俯瞰する氷結大沼は巨大なガラス。ワカサギ釣り人たちのテントが鮮やかに写る。

 分岐を過ぎると少しだが霧氷があった。山頂で記念撮影し展望スポットへ。抜けるような青空と素晴らしい景色が出迎える。残念ながら展望スポットの白珊瑚や霧氷は落ちて無くなっていた。それほど今冬は暖かいのだ。

 志賀草津から武尊尾瀬まではガスだが、tomoさんが行かれている日光白根山は見えたいた。昨日のまま行先を変更しなければ、向こうに行けば良かったと後悔。黒檜山から隔てる距離はないが遠く感じた日光白根山。

 踵を返して山頂を過ぎ黒檜大神で参拝し下りこんでいく。大タルミからショートカット。トレースも無くふかふかの雪を歩んでいく。shilokoさんは得意のシリセード。林間の急斜面でも恐れず滑り降りていく。倒木などするりとかわして華麗に滑る。しかも速い。登り返しも同じようにお願いしたいものだ。

 大タルミで下ると途中でtomoさんから電話。登頂の様子を聞かせて頂いた。穏やかな山頂からtomoさんの嬉しそうな声が心地よく聞こえる。やはり知っている方が良い時に登頂すると自分も気分が良くなる。目に浮かび行った気になるのだ。また武尊山でお会いするだろう。

 大沼周回道路に出てビジターセンターへ。赤城第三スキー場を直登して小沼へ向かう。ちなみに第一スキー場は大洞駐車場前、第二スキー場は青木旅館脇。

 小沼湖畔から氷上へ。風も緩いので氷上で昼食にする。どうせならと中央付近に陣取り宴会場設営。氷上レストラン。今日の昼食はちゃんぽん麺鍋。氷上でも暖かい鍋に尽きる。shilokoさんがつまみ食いしてくれるので、入りきらない具を足しながら食べた。

 ゆったり氷上での食事と景色を楽しんで、オトギノ森へ向かう。小滝の氷瀑が見たいとshilokoさんからリクエスト。赤ゾレまで確りトレースもあり歩きやすい。私が年始に来た時より積雪が少ない。

 氷瀑に到着するが、西側は日当たりが良く崩落していた。2月にまた新たな氷瀑が出来るだろう。残る小滝本体の氷瀑は大きく広がったいた。ここ最近暖かいので、時々氷柱が崩落していた。当たらないように注意が必要。

 帰路はバリルートを止めてピストン。小沼へ戻る。登り返しにshilokoさんは苦労していたようだった。再び小沼を横断し八丁峠から赤城第一スキー場へ。雪はまだ少ないが子供たちは楽しそうに滑っていた。

 大沼湖畔へ下りこむと、見覚えのあるパジェロミニと荷室で荷物を整理する女性の後ろ姿。緑色のダウンが可愛らしいchoco-tさん、相変わらず細いkotavさん。尾白川駐車場以来のうれしいバッタリ。お兄さんのワカサギ釣りに付き合いで来た模様。多分レコをアップされるので要再確認。

 寒い中引き留めてしまいましたが少しお話をさせて頂き、ワカサギまで頂きありがとうございました。冷凍庫に入っていますので、今週末我が家の食卓に揚げられてから上がります。

 お二人とお別れした後、私たちは再び大沼氷上へ。15時を過ぎ釣り人もまばら。氷上では元気に子供が遊んでいた。暮れ行く日を浴びながら氷上を西へ向かう。振り返ると西日を浴びた黒檜山駒ヶ岳が氷上に映っている。氷上にも黄昏時。

 西岸に着くと16時。氷上は立入禁止となった。着替えて帰路へ。混雑する赤城県道を避けて裏道へ。富士見町の見通しが良い田園から夕日が沈むのが見える。夕焼け。一日が終わりを迎え、また新たな一日がやってくる。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:829人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/11
投稿数: 214
2019/1/16 5:42
 宴会、見かけたそうです。
昨シーズン、谷川でやすべーさんとバッタリの時に一緒にいた、hanyahanyaです。
この日、コーギーのさくら嬢とうちのパパさんが小沼で散歩していたら、
氷上で宴会されているお二人を見かけたそうです。
お邪魔してしまうのでお声はかけなかったとの事、なぜ赤城??と不思議がっていました。
レコ拝見していて、てっきりtomoさんと日光白根あたりだと・・・
でも一日ゆっくり赤城で過ごすのも良いものですね。

長七郎にゆうやけさん(sunsetさん)とnanacoちゃんも来ていたようで、一緒にワンコ同士遊んだようです。(お会いしませんでしたか?)

私は最近、木曜休みが多くてバッタリが出来ません。
鬼軍曹さんとキュートなshilokoさんに、雪の赤城でさくらとご挨拶したいのですが。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2943
2019/1/16 8:54
 打って変っての青空の下で
お二人さん、おはようございます。
武尊と変わって、青空の下で、思い切りはしゃぎまわるしろこさん、
growmonoさんの前だから素直な自分をさらけ出せるのかな。
思い切り頼っている様子ですね。
赤城山で武尊山の分まで青空を見てきましたね。
登録日: 2013/5/8
投稿数: 247
2019/1/16 11:13
 氷上ランチ♪
shiloko さん、 growmono さん、こんにちは。

先日は、お声がけありがとうございました。
ガッツリ山行されていると勝手に思っていたので
お二人を見た時は、超ビックリでした。

本当に氷上ランチされていたんですね。
最近寒いのが苦手で、ましてや氷の上で?
と思いましたが、お鍋美味しそうです。
あったまりそう(^^♪
アイスバブルも綺麗でしたね〜
また見たいです。

「両手に花状態、普段絶対に見せない満面の笑みの鬼軍曹。顔が赤いのは照れ・・・」
と、( ..)φメモメモ
「いつもは、おしとやかなshiloko さんが、grow さんだけにみせる素の自分」
も、( ..)φメモメモ

また、どこかでお会いしたいですね☆
では〜
登録日: 2012/12/27
投稿数: 194
2019/1/16 11:51
 早朝の赤城は幻想的で美しいですね
車を止めて荷積みを直していた妻がなにやら話している様子。

振り返ると大きくて黒い動物。熊の気配。やばい!襲われる!助けないと!

よく見たらそこには傭兵が。
「youは何しに日本へ」
「今日は本当は日光白根がなんとかかんとか…」
あれっ日本語喋れるの!?

隣を見ると可愛らしい女性。しろこさん。
ふー良かった。グローさんでしたか。

最後の最後に楽しい出会いがありました。

また、お会いしてお話ししたいです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/16 14:08
 氷上の宴
 こんにちは、hanyahanyaさん。
御無沙汰しております。昨年谷川岳ではお世話になりました。
それ以降はさくらちゃんともバッタリできず残念です。

 小沼氷上の西岸にて犬連れで遊んでいた方だと思います。私たちは中央におりましたので、なかなか端から来るのは面倒だったのではないかと思います。

 確かに前日の武尊山でtomoさんと、日光白根山は明日の様子で考えると打ち合わせをしました。翌朝SCW局地予想では11時からガスガスになるので、終日快晴と、凍結したばかりの大沼の氷は透明度が高く美しいのでお見せしたいのと、小滝の氷瀑を見たいと言うshilokoさんのリクエストに応えました。

 黒檜山展望スポットから見る日光白根山はきれいでした。私たちが大タルミで雪まみれの時、tomoさんから素晴らしい天気と山頂だったと電話を頂きました。目に浮かびます。

 ゆうやけさんも長七郎にいらっしゃったのですね。高田山以来お会いしたかったですね。しかもnanacoちゃんといっしょだったとは。

 またお会いする日を楽しみにしております。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/16 15:22
 氷上レストラン
 こんにちは、yasioさん。
日光白根山を中止して、赤城山氷の祭典を開催してきました。
日光白根山は正午前からガス予報で、立入可能となった大沼のきれいな氷を見せたくて行きました。時間が経つと白く濁り、積雪もありますから早めがお勧めです。

 shilokoさんは武尊山で少し疲れたようなので、赤城ぶらぶら散策です。人見知りが激しく、初対面に近い方ですと緊張するようです。剣ヶ峰の登り返しもいつも以上に頑張っていました。私は全く気にしませんが、tomoさんから遅いと思われたくないようです。

 ソロですと、さっさとガッツら行きますが、同行するとなると、ついてこられるように様子を見ながら歩いています。それで安心するようですね。

 青空の下の氷上レストランは最高でしたね。時々やってます。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/16 15:42
 氷の祭典スペシャル
 こんにちは、choco-tさん。
14日はありがとうございました。ワカサギまで頂いて感謝です。
尾白川以来ですね。あの暑い夏の早朝を思い出します。

 日光白根山に行く予定でしたが正午前からガス予報で、上越や北アは天気が悪く、天候が良い八ヶ岳、浅間山は行ったばかりですので、裏山氷の祭典スペシャルにしました。

 あの透明度の高い氷も1週間から10日過ぎると白く濁り、また積雪があると見られなくなります。アイスバブルは、大きい泡が層になったものが今年は出来ていて、見ごたえがありましたね。中央付近に多数あります。あの正体は沼底から湧き出るメタンガスです。

 まさしく両手に花で満面の笑みでした。50歳の強面のおっさんが嬉しそうですね。またどこかでお会いしましょう。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/16 16:23
 英語でも話しかけられる
 こんにちは、kotavさん。
14日はありがとうございました。
ジェットバッグのパジェロミニと、choco-tさんの後ろ姿ですぐに分かりました。
ワカサギはkotavさんが召し上がるのでは?と思いましたが、遠慮なく頂きました。
クマではないので生では食べません、文明を駆使する人間ですので揚げて食べます。

 数十年前ハワイに行った時、ホノルルで日本人からラーメン店の場所を聞かれましたね。しかも英語で。現地の人間と間違えたようです。拙い英語で教えてあげました。

 アメリカにいる姉の所へ行った時は、アメリカ人の御主人から、「お前は日本の海兵隊のようなところに所属しているのだろう?」と言われました。頭の周りを刈上げたクールカットをして日に焼け屈強な身体つきですので、そう思われたようです。

 またお会いする日も近いと思いますので、楽しみにしたいと思います。
登録日: 2014/9/30
投稿数: 4326
2019/1/16 22:49
 みっちり一日を有意義に過ごしましたね
growmonoさん、shilokoさん
こんばんは
赤城山でみっちり一日を有意義に過ごしましたね。
これぞ赤城山ですね
色々ありましたが最後の夕日が素晴らしい。
これだけ頑張れば明日が開けます。
楽しみですね。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 979
2019/1/17 4:46
 また赤城の黒檜山BCやりたくなってしまいました!
 growmonoさん&shilokoさんの赤城山レコを見ていたら、無性に黒檜山に登って滑りたくなってしまいました!
 フォトNo.52、53、54、56、57、58から察するに十分実行可能かと思いました。特にNo.53の「大タルミからノートレースの沢へ下りていく」ところとNo.56のshilokoさんのシリセードが印象に残った次第です。前回は登山道の一つ南の沢を滑走したので、今回は大タルミからお二人が下りた沢滑走かな?と思います。近いうちに実行したいと考えています。いつも情報提供有り難うございます。
 一つだけお聞きしたいのですが、「倒木などするりとかわして華麗に滑る」とありますが、シリセードでのジャンプターンは難しいでしょうから一体どうやってかわすのでしょうか? shilokoさん、秘伝をご教示ください。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/17 12:25
 次の日への活力
こんにちは、iiyuさん。
天気を読み違えて赤城山氷の祭典スペシャルです。
霧氷は少ししかありませんでしたが、透明度の高い氷とアイスバブル、氷瀑を観賞してきました。メインは氷上レストランでしょうか。景観も良く楽しく食事できました。

 夕日は帰路途中の富士見町からのものです。妙義山や荒船山のシルエットが素晴らしかったです。次の日への活力になる良い景色でした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1644
2019/1/17 12:35
 うわさをしてました
 こんにちは、hareharawaiさん。
平標山、苗場山のレコ素晴らしかったですね。特に苗場山山頂台地はBCの装備でないと登れそうにありません。時間と装備があればチャレンジしたいです。まさにマンダムなレコでした。

 大タルミからの下りは、すねから膝程度の積雪ですが、下の方はくるぶし程度で、ここ最近暖かく岩が露出しているかもしれません。ただ沢には股下まであるところもあり、結構楽しめました。

 下っているときにhareharawaiさんが滑ったのはあっちだよと。北側を向きながら二人で話していました。また滑りにくるかもね、とも。倒木は地面ではなく空間に障害物としてあるものです。屈みながら避けて滑ってましたよ。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/17 19:30
 Re: 宴会、見かけたそうです。
はなはなさんこんばんは(⌒‐⌒)。
コメントありがとうございます。

さくらちゃんとパパさんいらっしゃったのですね!
ゆうやけさんとななこちゃんも…!
それはお会いしたかったです、ザンネンでございます(涙)

木曜のお休みが多いのですね、
繁忙期が終わったら積極的に木曜にサボりたいと思いますw



…ヤマレコを始める前にはなはなさんご一家を黒檜山の展望スポットでお見かけしたことがあるのです。

赤城山と言えばはなはなさんご一家ですね♪


わかさぎ釣りをしていた方が『こんなに綺麗な大沼の湖面はそうそうない』とおっしゃってました。

日光白根山に行けば良かったかなぁとも思いましたが、赤城に来て良かったなと思いました。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/17 19:33
 Re: 打って変っての青空の下で
やしおさんこんばんは(⌒‐⌒)。

人見知りなので、growさんが居ると安心して山散歩ができる私でございます。

赤城山もだんだん馴染みのお山と思えるようになってきた…かな?


大沼の湖面の美しさといったらありません!
本当、行って良かったです♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/18 13:09
 Re: 氷上ランチ♪
choco-tさんこんにちは、
先日はバッタリありがとうございました♪
新年早々ラッキーです

growさんの方が先にお2人のことを気づいたんですヨ
パジェミカワイイながらも頼もしいですね。いいなぁ

アイスバブル、何気に話題になっているようですね。
綺麗なのが見られてホントに有意義な1日でした。

氷上レストランは、ガスの熱でだんだん氷が溶けてくるので、すこしずつ移動しながらの食堂でございましたw

ではまた(^o^)丿
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/18 13:13
 Re: 早朝の赤城は幻想的で美しいですね
こ〜たさんこんにちは、
先日はありがとうございました♪

日光白根は信じられないくらい風の弱いいいお日和だったみたいですね〜
鬼軍曹ったらチョット選択間違ったんじゃ?疑惑もありますがw、
大沼の綺麗〜な氷上歩きができたので、赤城で正解ですね。
お2人にも会えましたしw

きっとまた、そう遠くない未来に
また会えそうな気がしてなりませぬ(ΦωΦ)♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/18 13:40
 Re: また赤城の黒檜山BCやりたくなってしまいました!
hareharawaiさんこんにちは、
コメントありがとうございます。


斜度の割にはスピードが出ないので安全滑走になりました。
ジャンプターンなどは尻制動ではできません(汗。
でも、荷重を変えると多少は曲がれたりします。
倒木ですが、身体を地面と平行にして潜り抜けたので、
そのことを表記したのだと思います。

hareharawai さんは今シーズンも大タルミから滑走ですか(ΦωΦ)!
倒木をどうかわしますか、楽しみですー
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/1/18 13:58
 Re: みっちり一日を有意義に過ごしましたね
いいゆさんこんにちは、ありがとうございます。
赤城山はいつも受け入れてくれる
懐が深くて居心地の良い、いいところですね♪

この日も朝に昼に夕なに美しい情景を見せてくれました

・・・小滝の所は地盤が緩くて崩れてきていますね、
いずれは土砂に埋まってしまうと思うと切ないけれど

今、見て触って体感できるのってとてもありがたい稀なことですね♪
この日美しいものを見た貯金で、一週間を生きています
週末が待ち遠しいです(^o^)丿

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ