また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1709377 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山

日程 2019年01月19日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー7人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
1時間5分
合計
3時間43分
S高尾山・清滝駅10:5811:41稲荷山11:4412:35高尾山13:3013:53高尾山薬王院13:5914:13霞台園地14:17リフト山上駅14:28金比羅台園地14:2914:41高尾山・清滝駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年01月の天気図 [pdf]

感想/記録

放課後等デイサービス「トリプル・ハート」の中澤さんから「登山プロジェクトを一緒にやろう」とお声掛けいただき、初回ということで高尾山を設定しました。
集まったのは中学生4名、スタッフ3名、自分の計8名。

9時に中央区新富町のトリプル・ハートに集合し、車で首都高→東名→圏央道と進み、高尾山に向かいます。

念のため全員分の水、500ml×8名で4kgをザックに入れておきましたが、これが後々自分に重くのしかかってくることになります(汗)

高尾橋付近の駐車場(停めにくいけど1000円)に車を停めて、まずは清滝駅へ。
清滝駅で改めて自己紹介と軽くストレッチ、アイスブレイクをしてから、11:00に稲荷山コースに挑みます。

登り初めて10分で中学生の一人が汗だくで「もう無理・・・」と。登る前から「お腹が空いた」と言っていて配られたカロリーメイトを口にするように伝えましたが、足りなかったようです。
小休憩をとり、再びお菓子を口にして、無理せず再びゆっくりと進みます。(歩き慣れてきたのか、途中から元気になりました)

「あと30分くらいで頂上に着くからお昼ご飯だよ」の声掛けで俄然張り切る出す子どもたち。
さらに、頂上直下の階段で「この階段を登れば頂上だよ」と声掛けるとさらに元気に登り出す子ども達。
「そんなに飛ばすとバテるぞー」と思いながらも「これはこれで経験かな」と制止せず、それぞれに任せました。

階段の途中でバテている子ども達を追い抜き、頂上一番乗り。続いて子ども達も登頂。プールトレーニングを終わらせて駆け付けたスタッフが1名合流。

ベンチが空いてたので12:30お昼休憩に。
お湯を沸かしカップ麺を取り出したところ、みんなは持ってきていないと!
水は用意してましたが、カップ麺は用意してなかった・・・。すみません、確認不足でした。
カップ麺に熱い視線を送ってくる子ども達に半分食べられました(笑)

下りはせっかくだからお参りしていこうと1号路で。
若干トラブルがありつつも子ども達と話しながら進みます。
舗装路の下りに苦戦しながらも14:40清滝駅に到着。
甘い物で疲労回復して帰路に着きました。

子どもたちを送り届けながら、トリプル・ハートに到着。
ザックを下ろして一息ついた途端、腰に痛みが・・・。
少し前から腰を痛めていたのですが、体が安心したのでしょう。
一眼レフ持って行かなくて良かった・・・。

また計画したいです。
次はカップ麺を人数分用意します!
訪問者数:76人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック ストレッチ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ