また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 171073 全員に公開 山滑走 十和田湖・八甲田

【動画】八甲田山バックカントリーツアー

情報量の目安: A
-拍手
日程 2009年02月06日(金) ~ 2009年02月07日(土)
メンバー
 chusakai(記録)
, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
酸ヶ湯温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間56分
休憩
0分
合計
4時間56分
S八甲田ロープウェー山頂公園駅09:5814:54宿泊地
2日目
山行
1時間37分
休憩
0分
合計
1時間37分
八甲田ロープウェー山頂公園駅13:4115:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山岳スキーマップ
http://bunsitu.sakura.ne.jp/Ph_skimap01.htm
http://bunsitu.sakura.ne.jp/skimap01.htm
リンク元PDFファイル
http://www.hakkoda-ropeway.jp/
八甲田ロープウェー株式会社 - スキー場のご紹介の「ツアールートPDF」
http://www.hakkoda-ropeway.jp/images/ski/tourroute.pdf

八甲田山〜バックカントリーの遭難事故
http://www.yama-ski.com/jiko/tohoku/hakkoda.html
過去天気図(気象庁) 2009年02月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

八甲田ロープウェー株式会社 - スキー場のご紹介の「ツアールートPDF」をファイル添付しました。

【追加写真のCD-ROM捜索中・・・】

初めてのバックカントリーがここ八甲田
酸ヶ湯温泉も風情があって低料金、とくれば連泊しますよね。

で初めての厳冬期の山頂はすごかった、スノーモンスターとは良く言いましたね。

ロープウェイ山頂から東へ600mほど行った谷を下るわけですが、BC初心者にはちと難易度が高く、初めての深雪でしかもノーマルカービングスキー・・・
板が沈む沈む、全く浮かず、バランスも悪くガイドの方には大変お世話になっってしまった、一本目。
そのわずかな谷で4回ほど転倒して深すぎて起き上がれなくなってしまいました。

でも、二回目はガイドさんのアドバイスもあり、何とか転倒はしなかったかな?。

で、ゲレンデ用のポールでは雪面に埋もれてしまい、横向きに登り歩きするにも力が入らず、、、
翌年からはブラックダイヤモンドのコンパクトトレッキングポールを購入し
直径100mmのスノーバスケットを装着して対応しました。
すごくいい!!

で、夜は混浴でしっぽりして自炊でご飯、、、これがまたいい、炊事場での語らいをしつつ夜が更けて行く。

あ、混浴はお年寄りとですね。
「若い女子はどこに行った?」は余計な一言か。。。

翌朝もまた滑ります。。。

【バックカントリーツアー】
だいたい一本滑るのに60〜90分掛かっているようです、降りたら迎えのバスに乗車してまたロープウェイ10分に乗って山頂へ。
指示に従ってツアーの方々と出発。
装備はビーコンをレンタル1日500円かな?2日500円?料金を忘れました。

◆氷点下10度前後でのハイドレーション
過去に何度か挑戦しているキャメルバックでの飲み物ですが、一旦チューブを通った液体を如何にして戻すか、もしくはチューブから無くすかが鍵です。
背負ったまま下を向いて息を吹き戻して液体をバックに戻すのは数回は成功しましたが、少しでも液残りしているとすぐに凍って下山するまでは使えません。
チューブに保温テープ(自作)を巻いてもだめでした。
メーカーが作ったサーマルインシュレーションはどの程度使えるのか誰か教えてください!!








お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1092人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ