また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1712519 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

【竜神峡周回】竜神ダム〜おかめ山〜明山〜竜神ダム

日程 2019年01月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
竜神ダムの無料駐車場に駐車しました。駐車場のトイレは閉鎖されていますが、すぐ近くの竜神カフェのトイレが使用可能です。車椅子利用者対応の、とてもきれいな温水洗浄タイプのトイレです。そのうえ、洗面所の手洗いからは、温水!が出ていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
2時間52分
合計
9時間20分
S竜神ダム07:1007:27竜神大吊橋07:58赤岩展望台08:0608:44荷鞍山08:4809:02地割集落方面分岐09:0309:36おかめ山09:3809:42おかめ山東峰&展望地09:5810:06下降ルートミス1回目10:1510:19下降ルートミス2回目10:5610:56おかめ山東峰で昼食11:4611:48下降ルートミス3回目12:1512:17踏み跡発見12:35鞍部(宝明集落方面分岐)13:06標高416m三角点13:1213:47猿渡ヶ沢渡渉13:5414:48明山14:5315:05三葉峠15:37亀ヶ淵16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

竜神ダムの駐車場に車を置き、07:10に出発しました。外気温は−5℃でした。
2019年01月23日 07:09撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神ダムの駐車場に車を置き、07:10に出発しました。外気温は−5℃でした。
1
まずはダムのうえを対岸に渡り、階段を上っていきます。
2019年01月23日 07:10撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはダムのうえを対岸に渡り、階段を上っていきます。
竜神大吊橋のたもとに到着。
2019年01月23日 07:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神大吊橋のたもとに到着。
大吊橋の隣にある物産センターは、平日のこの時間なので、開いておらず誰もいません。
2019年01月23日 07:24撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大吊橋の隣にある物産センターは、平日のこの時間なので、開いておらず誰もいません。
コースマップを確認。最初の目的地である、赤岩展望台へは、第二駐車場まで下って、そこからトレッキングコースに入ります。
2019年01月23日 07:25撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースマップを確認。最初の目的地である、赤岩展望台へは、第二駐車場まで下って、そこからトレッキングコースに入ります。
第二駐車場に向かうには、駐車場奥のバンジージャンプ受付所の右手の階段を下ります。
2019年01月23日 07:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二駐車場に向かうには、駐車場奥のバンジージャンプ受付所の右手の階段を下ります。
第二駐車場に降りていきます。
2019年01月23日 07:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二駐車場に降りていきます。
第二駐車場に到着。広い駐車場で、トイレや水道もあります。
2019年01月23日 07:31撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二駐車場に到着。広い駐車場で、トイレや水道もあります。
トレッキングコースの入り口です。
2019年01月23日 07:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレッキングコースの入り口です。
赤岩展望台や鷹取場方面のルートが書かれています。
2019年01月23日 07:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩展望台や鷹取場方面のルートが書かれています。
第二駐車場から3分ほどで、最初の指導標が出てきました。
2019年01月23日 07:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二駐車場から3分ほどで、最初の指導標が出てきました。
スギ林の中を登ります。
2019年01月23日 07:39撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギ林の中を登ります。
斜面を登りきったところに指導標があります。
2019年01月23日 07:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登りきったところに指導標があります。
赤岩展望台分岐。ここから展望台へ。
2019年01月23日 07:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩展望台分岐。ここから展望台へ。
赤岩展望台に到着。
2019年01月23日 07:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩展望台に到着。
眼下に竜神大吊橋が見渡せます。ポスターなどで見かける風景です。
2019年01月23日 07:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に竜神大吊橋が見渡せます。ポスターなどで見かける風景です。
5
明山(左端)、奥久慈男体山(中央奥)、中武生山(右奥の双耳峰)の展望。赤岩展望台からの眺めは素晴らしいです。
2019年01月23日 07:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山(左端)、奥久慈男体山(中央奥)、中武生山(右奥の双耳峰)の展望。赤岩展望台からの眺めは素晴らしいです。
4
パノラマ撮影。
2019年01月23日 08:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ撮影。
テーブルやベンチがあるので、休憩にもってこい。
2019年01月23日 08:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルやベンチがあるので、休憩にもってこい。
展望台から5〜6分で、赤岩集落に到着。
2019年01月23日 08:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から5〜6分で、赤岩集落に到着。
舗装された車道の行き止まりのところに降り、ここからは少し車道歩きとなります。
2019年01月23日 08:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された車道の行き止まりのところに降り、ここからは少し車道歩きとなります。
10分ほど歩くと分岐に到着。ここを右に進んでみました。
2019年01月23日 08:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほど歩くと分岐に到着。ここを右に進んでみました。
少し進むと、一面伐採された山のところに出ます。ここを適当に登っていきます。
2019年01月23日 08:33撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと、一面伐採された山のところに出ます。ここを適当に登っていきます。
林道に到着。宇都宮ナンバーの軽自動車が止まっていました。
2019年01月23日 08:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に到着。宇都宮ナンバーの軽自動車が止まっていました。
林道を北に2分ほど進むと、このような分岐に出ます。ここは左の林道へと進みます。
2019年01月23日 08:40撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を北に2分ほど進むと、このような分岐に出ます。ここは左の林道へと進みます。
林道入り口の白い看板の下に「おかめ山」の指導標があります。
2019年01月23日 08:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道入り口の白い看板の下に「おかめ山」の指導標があります。
1
荷鞍山の取付きに到着。折角なので、山頂に行ってみました。
2019年01月23日 08:45撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷鞍山の取付きに到着。折角なので、山頂に行ってみました。
2分で山頂に到着。三角点と山頂標識がありました。
2019年01月23日 08:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2分で山頂に到着。三角点と山頂標識がありました。
1
おかめ山方面を望む。
2019年01月23日 08:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ山方面を望む。
林道に戻って進むと、おかめ山方面の分岐を示すテープマークがありました。ここから山の中へ入っていきます。
2019年01月23日 08:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に戻って進むと、おかめ山方面の分岐を示すテープマークがありました。ここから山の中へ入っていきます。
1
テープに「おかめ山方面」の表示があります。
2019年01月23日 08:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープに「おかめ山方面」の表示があります。
さらに進んで竹林の中に入ると、ここにも「おかめ山」の指導標。
2019年01月23日 08:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んで竹林の中に入ると、ここにも「おかめ山」の指導標。
指導標から5分でおかめ山方面と地割集落方面への分岐点に到着。赤いたばこの吸い殻入れが目印。
2019年01月23日 09:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導標から5分でおかめ山方面と地割集落方面への分岐点に到着。赤いたばこの吸い殻入れが目印。
赤いたばこの吸い殻入れのところから南に進むと、地割集落に下れます(少し進んだところから振り返って撮影)。
2019年01月23日 09:03撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いたばこの吸い殻入れのところから南に進むと、地割集落に下れます(少し進んだところから振り返って撮影)。
分岐点から先は、踏み跡もしっかりして迷うことはありません。
2019年01月23日 09:08撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から先は、踏み跡もしっかりして迷うことはありません。
おかめ山が見えてきました。
2019年01月23日 09:10撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ山が見えてきました。
宝明集落方面への分岐点。右に下るルートがありました。振り返って撮影。
2019年01月23日 09:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝明集落方面への分岐点。右に下るルートがありました。振り返って撮影。
木の幹に赤い文字で何か書いてあります。
2019年01月23日 09:22撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の幹に赤い文字で何か書いてあります。
おかめ岩。
2019年01月23日 09:22撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ岩。
おかめ岩の上から、西側の眺め。
2019年01月23日 09:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ岩の上から、西側の眺め。
1
稜線を進むと、岩場の上に出て、展望が開けました。
2019年01月23日 09:27撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を進むと、岩場の上に出て、展望が開けました。
1
さらに良い眺めが続きます。
2019年01月23日 09:31撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに良い眺めが続きます。
3
あれが山頂かな、と思ったら、にせピークでした。
2019年01月23日 09:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが山頂かな、と思ったら、にせピークでした。
おかめ山の山頂はあちらです。
2019年01月23日 09:33撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ山の山頂はあちらです。
ここを登ります。
2019年01月23日 09:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ります。
おかめ山の山頂(西峰)に到着。
2019年01月23日 09:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ山の山頂(西峰)に到着。
ここは灌木が茂っていて、展望がイマイチなので、先に進みます。
2019年01月23日 09:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは灌木が茂っていて、展望がイマイチなので、先に進みます。
1
おかめ山の東峰。こちらのほうが標高が4mほど高く、展望も良いです。
2019年01月23日 09:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかめ山の東峰。こちらのほうが標高が4mほど高く、展望も良いです。
東峰からのパノラマ風景。
2019年01月23日 09:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰からのパノラマ風景。
1
16:9で北側の風景を撮影。
2019年01月23日 09:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:9で北側の風景を撮影。
2
16:9で北東側の風景を撮影。
2019年01月23日 09:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:9で北東側の風景を撮影。
東峰の東側に伸びる尾根を少し下ると...
2019年01月23日 09:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰の東側に伸びる尾根を少し下ると...
見晴らしの良い展望地に到着。
2019年01月23日 09:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い展望地に到着。
1
正面に荷鞍山を望む。
2019年01月23日 09:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に荷鞍山を望む。
1
目の前に広がるパノラマ風景。
2019年01月23日 09:52撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に広がるパノラマ風景。
1
東峰を望む。
2019年01月23日 09:52撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰を望む。
雪を抱いた那須連山が見えました。
2019年01月23日 09:54撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を抱いた那須連山が見えました。
3
東峰に戻りました。
2019年01月23日 09:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰に戻りました。
明山に縦走するには、宝明集落ルートとの分岐となる鞍部まで、一旦下降しますが、取り付き地点が分かりません。まずは、西峰の西側のピンクテープのところに狙いを定めました。
2019年01月23日 10:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山に縦走するには、宝明集落ルートとの分岐となる鞍部まで、一旦下降しますが、取り付き地点が分かりません。まずは、西峰の西側のピンクテープのところに狙いを定めました。
地形図で見ると、目的の鞍部までここから下れば最短ルートのはず。踏み跡も明瞭です。ところが、少し進むと傾斜が増して、踏み跡も消失。とても下れそうにないので、あきらめて、別のポイントを探します。
2019年01月23日 10:07撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図で見ると、目的の鞍部までここから下れば最短ルートのはず。踏み跡も明瞭です。ところが、少し進むと傾斜が増して、踏み跡も消失。とても下れそうにないので、あきらめて、別のポイントを探します。
次の候補地点は、西峰と東峰との中間地点。ここも、明確な踏み跡があります。
2019年01月23日 10:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の候補地点は、西峰と東峰との中間地点。ここも、明確な踏み跡があります。
よく見ると、踏み跡が左右に分かれていますが、まずは左手に降りて行きました。
2019年01月23日 10:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、踏み跡が左右に分かれていますが、まずは左手に降りて行きました。
10mほど下ってから、来し方を振り返る。
2019年01月23日 10:22撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mほど下ってから、来し方を振り返る。
さらに下ると、踏み跡が消失。下るほどに傾斜がきつくなり、危険を感じて東側の支尾根にトラバース。ところが、東側の尾根も、途中から急傾斜となり、先に進めません。仕方がないので、稜線に復帰しようと、この支尾根を直登しました。
2019年01月23日 10:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下ると、踏み跡が消失。下るほどに傾斜がきつくなり、危険を感じて東側の支尾根にトラバース。ところが、東側の尾根も、途中から急傾斜となり、先に進めません。仕方がないので、稜線に復帰しようと、この支尾根を直登しました。
1
すると、先ほどの下降ポイントに戻ってしまいました。
2019年01月23日 10:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると、先ほどの下降ポイントに戻ってしまいました。
一旦、東峰に戻り、昼食とします。
2019年01月23日 10:56撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、東峰に戻り、昼食とします。
1
風も弱く、穏やかな日差しの中、セブンイレブンの天ぷら鍋焼きうどんの昼食をとりました。
2019年01月23日 11:21撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も弱く、穏やかな日差しの中、セブンイレブンの天ぷら鍋焼きうどんの昼食をとりました。
2
昨年の1月に同じルートを歩いたtochimochiさんのトラックログを参照できるよう、スマホの地図ロイドにダウンロードしておいたので、画面で確認すると、確かにこのポイントから下降しているようです。そして、谷間を降りてから鞍部へと登ったようなルート取りです。先ほどよりもさらに下部に降りてみようと、再度、下降開始です。
2019年01月23日 11:48撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の1月に同じルートを歩いたtochimochiさんのトラックログを参照できるよう、スマホの地図ロイドにダウンロードしておいたので、画面で確認すると、確かにこのポイントから下降しているようです。そして、谷間を降りてから鞍部へと登ったようなルート取りです。先ほどよりもさらに下部に降りてみようと、再度、下降開始です。
このあたりは、薄い踏み跡がありました。
2019年01月23日 11:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは、薄い踏み跡がありました。
さらに下ると、傾斜が急なスラブ状の岩場となり、転落の危険も出てきました。これでは下れません。でも、少し西側の尾根は傾斜が緩く、手掛かりとなるような木々も生えていて何とかなりそう。登り返して、西の尾根を目指します。
2019年01月23日 12:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下ると、傾斜が急なスラブ状の岩場となり、転落の危険も出てきました。これでは下れません。でも、少し西側の尾根は傾斜が緩く、手掛かりとなるような木々も生えていて何とかなりそう。登り返して、西の尾根を目指します。
なんとか急斜面を登り返し、西側へと進むと、突然、明瞭な踏み跡のある下降ルートに出ました。これで一安心です。
2019年01月23日 12:17撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか急斜面を登り返し、西側へと進むと、突然、明瞭な踏み跡のある下降ルートに出ました。これで一安心です。
1
目印の黄色いテープもあり、この踏み跡で間違いないようです。
2019年01月23日 12:24撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印の黄色いテープもあり、この踏み跡で間違いないようです。
ヤブっぽいところですが、目印の赤テープがあったので、ここを下りました。
2019年01月23日 12:27撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブっぽいところですが、目印の赤テープがあったので、ここを下りました。
1
下りきったところから、西側に少し登り返すと、目的の鞍部に到着。右手(西側)に、宝明集落へ下ると思われる踏み跡がありました(北側から振り返って撮影)。
2019年01月23日 12:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきったところから、西側に少し登り返すと、目的の鞍部に到着。右手(西側)に、宝明集落へ下ると思われる踏み跡がありました(北側から振り返って撮影)。
1
鞍部から先は、踏み跡もはっきりして、問題なく歩けました。
2019年01月23日 12:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から先は、踏み跡もはっきりして、問題なく歩けました。
時折、このように木にテープのマークもあります。
2019年01月23日 12:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、このように木にテープのマークもあります。
鞍部から30分ほどで、標高416m三角点に到着しました。ここで水分補給の休憩。
2019年01月23日 13:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から30分ほどで、標高416m三角点に到着しました。ここで水分補給の休憩。
1
この先は、猿渡ヶ沢への下りとなりますが、下りは迷いやすいので、ルートを外さないようスマホで確認しながら進みました。
2019年01月23日 13:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は、猿渡ヶ沢への下りとなりますが、下りは迷いやすいので、ルートを外さないようスマホで確認しながら進みました。
このあたりも、踏み跡は比較的はっきりしています。
2019年01月23日 13:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりも、踏み跡は比較的はっきりしています。
明山を望みながらの下りとなります。
2019年01月23日 13:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山を望みながらの下りとなります。
猿渡ヶ沢に到着しました。東側の様子(下流側)。
2019年01月23日 13:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿渡ヶ沢に到着しました。東側の様子(下流側)。
西側の様子(上流側)。
2019年01月23日 13:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の様子(上流側)。
降りてきた尾根を振り返る。この周辺には、テープなどの目印はありませんでした。取付きポイントが分かりにくいと思います。
2019年01月23日 13:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた尾根を振り返る。この周辺には、テープなどの目印はありませんでした。取付きポイントが分かりにくいと思います。
ここから渡渉して、明山への登りに取付きます。
2019年01月23日 13:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから渡渉して、明山への登りに取付きます。
急斜面を適当に登り、支尾根に上がると、傾斜が少し緩みます。
2019年01月23日 14:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を適当に登り、支尾根に上がると、傾斜が少し緩みます。
落ち葉で滑りやすい斜面は、木の枝や笹を掴みながら登りました。
2019年01月23日 14:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉で滑りやすい斜面は、木の枝や笹を掴みながら登りました。
いつの間にか踏み跡が出てきました。
2019年01月23日 14:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか踏み跡が出てきました。
南西斜面のルートに合流。
2019年01月23日 14:29撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西斜面のルートに合流。
すぐに直角の木。tochimochiさんのレコにも写真がありました。
2019年01月23日 14:30撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに直角の木。tochimochiさんのレコにも写真がありました。
1
この大岩のところは、右脇から登ります。
2019年01月23日 14:31撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大岩のところは、右脇から登ります。
最後の急坂。
2019年01月23日 14:36撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急坂。
明山の山頂が見えた。
2019年01月23日 14:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山の山頂が見えた。
正面が登ってきたルート。右手前が明山からの下山ルート。振り返って撮影。
2019年01月23日 14:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が登ってきたルート。右手前が明山からの下山ルート。振り返って撮影。
1
明山の山頂に到着。
2019年01月23日 14:48撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山の山頂に到着。
2
北側の眺め。
2019年01月23日 14:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺め。
1
東側の眺め。竜神大吊橋も見えます。
2019年01月23日 14:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の眺め。竜神大吊橋も見えます。
3
南側の眺め。中央に先ほど登ったおかめ山が見えています。
2019年01月23日 14:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の眺め。中央に先ほど登ったおかめ山が見えています。
3
ズームアップで撮影。左から奥久慈男体山、白木山、中武生山。
2019年01月23日 14:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップで撮影。左から奥久慈男体山、白木山、中武生山。
竜神大吊橋のアップ。
2019年01月23日 14:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神大吊橋のアップ。
2
明山からの下り。
2019年01月23日 14:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明山からの下り。
三葉峠。
2019年01月23日 15:04撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三葉峠。
ところどころに標識があります。
2019年01月23日 15:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに標識があります。
このあたりは、岩が多く歩きづらい。
2019年01月23日 15:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは、岩が多く歩きづらい。
1
亀ヶ淵の北に聳える標高340m峰を見上げる。
2019年01月23日 15:30撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵の北に聳える標高340m峰を見上げる。
ここを降りると亀ヶ淵。
2019年01月23日 15:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを降りると亀ヶ淵。
亀ヶ淵。水量が少ないです。
2019年01月23日 15:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀ヶ淵。水量が少ないです。
橋を渡って、ここからは車道歩き。
2019年01月23日 15:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って、ここからは車道歩き。
1
車道から明山(右手)を望む。
2019年01月23日 15:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道から明山(右手)を望む。
竜神ふるさと村へと続く階段。
2019年01月23日 15:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神ふるさと村へと続く階段。
大吊橋の下を通過。
2019年01月23日 16:25撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大吊橋の下を通過。
竜神ダムの駐車場に戻りました。
2019年01月23日 16:29撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神ダムの駐車場に戻りました。
1
カシミールで展開した登降図。累積標高差は,1,500mを超えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カシミールで展開した登降図。累積標高差は,1,500mを超えていました。

感想/記録

・ 晴天予報の平日に休暇をもらって、竜神峡周辺を周回してきました。
・ 今回のルートは、tochimochiさんが昨年1月に歩かれたときのヤマレコの記録( https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1362085.html )を拝見し、ぜひトライしてみたくなって歩いたものです。
・ おかめ山から明山の区間は、登山道が整備されておらず、ルートに不安があったのですが、tochimochiさんのトラックログを参照できるよう、スマホの地図ロイドにダウンロードしておいたので、おかめ山から鞍部への下降ルート以外は迷うことなく歩くことができました。tochimochiさんには、感謝申し上げる次第です。
・ 今回のルートの核心部は、間違いなく、おかめ山から鞍部への下降ルートです。ここでルートミスを3度繰り返し、2時間近くロスしてしまいましたが、結果的には正しいルートを発見し、最後まで歩きとおすことができたのは、なによりでした。
・ 今回の経験を踏まえ、おかめ山周辺をもう少し実地調査すれば、次回は迷うこともなく、2時間ほどは短縮して歩きとおすことができそうです。
・ それにしても竜神峡エリアは、人が少なく静かで良いですね。この日は山中で誰にも会いませんでした。それに、赤岩展望台やおかめ山、明山など、素晴らしい展望に恵まれたスポットが点在し、飽きることがありません。
・ 今回のルート以外にも、いろいろなルート設定ができそうで、このエリアには今後何度も通うことになりそうです。
・ この3月に定年退職を控え、遭難事故など起こして家族や関係者に迷惑をかけないよう、退職するまでは雪山登山などは自重しておりますが、奥久慈や竜神峡エリアならば、それほど危険なところはないので、これからも楽しんでいきたいと思います。
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ