また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1726707 全員に公開 雪山ハイキング関東

大幽洞窟〜綺麗な氷筍と華麗にシリセード

日程 2019年02月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈倉沢武尊山登山口前駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間14分
休憩
46分
合計
2時間0分
Sスタート地点11:1711:59大幽洞窟12:4513:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雪遊びです。
コース状況/
危険箇所等
宝台樹スキー場先は四駆でスタッドレス車必須。圧雪凍結しておりチェーン装着が好ましい。登れても下りは止まらない。

写真

奈倉沢武尊山登山口前駐車場に停車。宝台樹スキー場から上は圧雪凍結。かなり滑るので要注意。
2019年02月10日 11:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈倉沢武尊山登山口前駐車場に停車。宝台樹スキー場から上は圧雪凍結。かなり滑るので要注意。
5
豪雪の藤原でも暖冬で積雪が少なく、案内板やカーブミラーも露出していた。元気に出発するshilokoさん。
2019年02月10日 11:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪雪の藤原でも暖冬で積雪が少なく、案内板やカーブミラーも露出していた。元気に出発するshilokoさん。
5
雪原と化した草原に雪が舞う。
2019年02月10日 11:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原と化した草原に雪が舞う。
3
気温−5℃、雪が降るなか、歩んでいくshilokoさん。
2019年02月10日 11:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温−5℃、雪が降るなか、歩んでいくshilokoさん。
6
スノーシューツアー客が多く、トレースがありピステンされて歩きやすい。私はスノーシューだが必要がないほど。
2019年02月10日 11:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューツアー客が多く、トレースがありピステンされて歩きやすい。私はスノーシューだが必要がないほど。
2
小休止するshilokoさん。
2019年02月10日 11:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止するshilokoさん。
7
樹林帯を歩んでいく。
2019年02月10日 11:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を歩んでいく。
3
大幽洞窟分岐。昨年の秋はここを直進して武尊山と照葉峡を周回した。紅葉が美しかった。
2019年02月10日 11:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大幽洞窟分岐。昨年の秋はここを直進して武尊山と照葉峡を周回した。紅葉が美しかった。
2
沢沿いを歩んでいく。
2019年02月10日 11:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩んでいく。
1
ツアー客がウロの木の前で休憩中。
2019年02月10日 11:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツアー客がウロの木の前で休憩中。
1
ウロに入れるshlokoさん。ドールハウス。私の頭の中は虚無だが・・。
2019年02月10日 12:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウロに入れるshlokoさん。ドールハウス。私の頭の中は虚無だが・・。
9
私は面倒なので巻かずに急坂を直登。今日唯一の雪山登山らしい登りなので、無駄にパワーを発揮しガシガシ登る。
2019年02月10日 12:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は面倒なので巻かずに急坂を直登。今日唯一の雪山登山らしい登りなので、無駄にパワーを発揮しガシガシ登る。
3
ワカン装着のshilokoさんも登ってくる。歯が斜面に対して平行なので滑りやすい。ガニ股歩きは慣れているshilokoさん。
2019年02月10日 12:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカン装着のshilokoさんも登ってくる。歯が斜面に対して平行なので滑りやすい。ガニ股歩きは慣れているshilokoさん。
4
見上げる大幽洞窟。下がる氷柱も少なく、氷筍を見るまでもなくがっかり。
2019年02月10日 12:42撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる大幽洞窟。下がる氷柱も少なく、氷筍を見るまでもなくがっかり。
2
洞窟内の氷筍。いったいどうしたんだ!と思うくらい、今季は少なく小さい。
2019年02月10日 12:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟内の氷筍。いったいどうしたんだ!と思うくらい、今季は少なく小さい。
10
Jimny-hikerさんからE-gunmaさんへの置き土産。まだ何とか形を維持していた。そっと見守る。
2019年02月10日 12:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jimny-hikerさんからE-gunmaさんへの置き土産。まだ何とか形を維持していた。そっと見守る。
7
氷筍。大きさも数も例年の半分以下。春先には氷筍はなくなり、下一面が氷となる。
2019年02月10日 12:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷筍。大きさも数も例年の半分以下。春先には氷筍はなくなり、下一面が氷となる。
8
数は少ないが大きな氷筍も存在する。
2019年02月10日 12:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数は少ないが大きな氷筍も存在する。
13
透明度の高い氷の柱。天井から滴る水が醸し出す自然の造形美。
2019年02月10日 12:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透明度の高い氷の柱。天井から滴る水が醸し出す自然の造形美。
8
洞窟の天井には霜。これも薄い。
2019年02月10日 12:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟の天井には霜。これも薄い。
3
洞窟入り口には、かろうじて一本だけ天井と地面が繋がっている氷があった。
2019年02月10日 12:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟入り口には、かろうじて一本だけ天井と地面が繋がっている氷があった。
4
大幽洞窟前にて。氷筍のようにスリムなshilokoさんと、以前スノボに挑戦して滑ることは出来たが、背中側に体重をかける動作ができず断念。スノボは無理だがメタボは確定した鬼軍曹。
2019年02月10日 12:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大幽洞窟前にて。氷筍のようにスリムなshilokoさんと、以前スノボに挑戦して滑ることは出来たが、背中側に体重をかける動作ができず断念。スノボは無理だがメタボは確定した鬼軍曹。
10
下りはもちろんシリセード祭り開催。シリセードBCのプロがスターティングポジションに付いた。
2019年02月10日 12:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはもちろんシリセード祭り開催。シリセードBCのプロがスターティングポジションに付いた。
5
さぁ入った、初速度が桁違いに速い!ハーフパイプに入るショーン・ホワイト顔負け。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ入った、初速度が桁違いに速い!ハーフパイプに入るショーン・ホワイト顔負け。
7
雪を蹴散らしながら豪快に滑っていく。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を蹴散らしながら豪快に滑っていく。
6
プロは空気抵抗まで考慮し低姿勢。弾丸のように雪面を飛んでいく。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロは空気抵抗まで考慮し低姿勢。弾丸のように雪面を飛んでいく。
3
高速度を保ったままキッカーに入った。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速度を保ったままキッカーに入った。
3
雪煙を上げて豪快にビッグエアを決める。さすがプロの華麗なトリック。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙を上げて豪快にビッグエアを決める。さすがプロの華麗なトリック。
8
着地後も高速度を保ち笑みさえ浮かべる余裕。JA肥料シート「馬豚・Burton」が雪面をしっかりと捉えている。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着地後も高速度を保ち笑みさえ浮かべる余裕。JA肥料シート「馬豚・Burton」が雪面をしっかりと捉えている。
5
ワンメイクを決めてVサイン。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワンメイクを決めてVサイン。
8
華麗な演技をスノーシューツアー客に見せつけて退場。
2019年02月10日 12:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
華麗な演技をスノーシューツアー客に見せつけて退場。
5
雪原の所で可愛らしい犬がいた。
2019年02月10日 13:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原の所で可愛らしい犬がいた。
10
ご主人が雪玉を投げると、顔を雪に突っ込んでそれを探す。賢いのか?遊んでいるのか?
2019年02月10日 13:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご主人が雪玉を投げると、顔を雪に突っ込んでそれを探す。賢いのか?遊んでいるのか?
6
モフモフの新雪を楽しむshilokoさん。
2019年02月10日 13:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフの新雪を楽しむshilokoさん。
2
何か落としたのか?
2019年02月10日 13:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か落としたのか?
3
さきほどの犬の真似をしているそうだ・・・。気の済むように好きなだけやらせておく。
2019年02月10日 13:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さきほどの犬の真似をしているそうだ・・・。気の済むように好きなだけやらせておく。
8
雪が降っているが雪遊びを楽しむshilokoさん。
2019年02月10日 13:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降っているが雪遊びを楽しむshilokoさん。
2
駐車場は混み合っている。
2019年02月10日 13:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は混み合っている。
2
移動して雨呼山の駐車場へ。遅い昼食をとる。パジェロと三脚とブルーシートで簡易ツェルト。
2019年02月10日 13:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
移動して雨呼山の駐車場へ。遅い昼食をとる。パジェロと三脚とブルーシートで簡易ツェルト。
2
今日はちゃんぽん麺鍋。毎度具が多すぎて麺を二回に分けて投入。
2019年02月10日 13:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はちゃんぽん麺鍋。毎度具が多すぎて麺を二回に分けて投入。
10
待ちきれず豚肩ロース肉をつまみ食いするshilokoさん。食後は雨呼山へ登る気が失せたshilokoさんの要請でダムめぐり。
2019年02月10日 13:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ちきれず豚肩ロース肉をつまみ食いするshilokoさん。食後は雨呼山へ登る気が失せたshilokoさんの要請でダムめぐり。
4
奈良俣ダム。冬季のロックフィルダム。
2019年02月10日 14:59撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良俣ダム。冬季のロックフィルダム。
3
雪に覆われた照葉峡。
2019年02月10日 15:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に覆われた照葉峡。
4
藤原ダム。ここから利根川。
2019年02月10日 15:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原ダム。ここから利根川。
4
チーズタルトの店、ジャック・ザ・タルトファンタジーでお土産購入。
2019年02月10日 16:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チーズタルトの店、ジャック・ザ・タルトファンタジーでお土産購入。
5
定番のチーズタルトの他に、紅芋、プリン、焼きリンゴなど購入した。次ぐ日の山行に持っていく予定。
2019年02月10日 16:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番のチーズタルトの他に、紅芋、プリン、焼きリンゴなど購入した。次ぐ日の山行に持っていく予定。
12

感想/記録

 北海道には強烈な寒気、南関東にはダブルの南岸低気圧。関東平野部でもうっすらと積雪。上越の山々も雪模様。暖冬と言われる今季、小さく少ないと予想される、みなかみ町の大幽洞窟へ氷筍を観察に行く。新雪での雪遊びも兼ねる。

 前橋を8時に出立。渋川ICから関越道へ。渋滞のため赤城ICで降りる。綾戸を抜けて旧道からみなかみ町へ。最近は抜け道もナビやグーグルで知られるようになってきた。

 藤原湖を眺め、激混みの宝台樹スキー場を素通りして、奈倉沢武尊山登山道口前駐車場へ。手前の山の家やペンションの駐車場には停めないこと。スノーシューツアー客が多い休日は上まで除雪してもらえる。ただ圧雪凍結してあるので二輪駆動はチェーン必須、四駆でも侮れない。
 
 スノーシューツアー客が続々と到着し出発して行く。昨夜の新雪と降り続く雪の中だが、これだけ居れば圧雪されスノーシューなど要らないだろうが・・・。新雪ゾーンで遊ぶのだろう。私たちも装備して出発。

 一日で80cmの積雪を記録する豪雪の藤原でも、今季は暖冬で積雪が少なく、案内板やカーブミラーも露出していた。例年の半分以下。

 雪が舞う雪原を眺めながら樹林帯へ。しばらく行くと大幽洞窟との分岐。昨年の秋はここを直進して武尊山へ向かいデポした自転車で照葉峡を周回した。紅葉が美しかった。今年も行こうと思う。

 沢沿いを歩んでいくが、沢が雪で埋まっておらず少雪を改めて認識する。入山者が多いと楽に行けるが、数年前の豪雪時は分岐に行くまで1時間、3時間かけてウロの木に着くが埋もれており、4時間かけた急坂手前では身丈以上180cm近い積雪で撤退したこともある。その時の積雪は沢と登山道が同じ高さで、誤って沢に落ち、なかなか這い上がれなかった。

 ウロの木の前でツアー客が休憩し撮影などしている。先に行って貰いたいので、私たちは手前で待機。ツアー客が前に進み巻いて洞窟へ登り始めた。

 それを機に面倒なので巻かずに急坂を直登。今日唯一の雪山登山らしい登りなので、無駄にパワーを発揮しガシガシ登る。shilokoさんも続いて来る。巻くツアー客を抜いて洞窟へ。

 洞窟前面上の氷柱も少なく小さい。洞窟内を見るとやはり氷筍も少なく小さい。例年の半分以下だろう。氷は洞窟上の積雪量、洞窟内の気温に大きく影響されるからだ。ただ透明度の高い氷や大きな物も存在しており、観賞を楽しむことは出来る。

 氷筍を観賞し洞窟前で記念撮影して下りることに。帰りはシリセード祭り開催。私は重い身体とカメラがあるので途中までシリセードしてあとは新雪歩き。

 シリセードBCのプロshilokoさんのスターティングポジションは当然一番上で洞窟の前。JA肥料シート「馬豚・Burton」をすでに敷いている。そこから急坂に入る初速度が桁違いに速い。ハーフパイプに入るショーン・ホワイトさながら。

 スケルトンのように空気抵抗まで考慮し低姿勢。弾丸のように雪面を飛んでいく。さすがはプロ、滑る姿勢が素人とは全く違う。高速度を保ったまま小さなギャップ、キッカーをジャンプ。まさしくエアを決める。

 雪煙を舞い上げながらさらに加速。笑顔を見せながらの滑走は凄みすらある。余裕でVサインをしつつ下の沢まで滑っていった。沢の新雪を歩き下山。駐車場は満車で路肩まで車が停まっていた。

 移動して雨呼山へ。駐車場で遅い昼食。雪が降っているので、車のバックドアとブルーシート、三脚を使って簡易ツェルト。カインズブルーシートプロ仕様。

 ちゃんぽん麺鍋を作り体の芯まで温まる。お腹も満ちて温まり雨呼山へ登る気力も失せたshilokoさんの提案で、ダム巡りをすることに。奈良俣ダム、照葉峡、藤原ダムを見学した。

 途中みなかみ町にあるチーズタルトの店「ジャック・ザ・タルトファンタジー」でお土産を購入。次ぐ日の山行にも持参する予定だ。混み合う関越道の流れに乗り、のんびりと帰っていった。たまにはこんなゆるゆるの山行も楽しいものだ。
訪問者数:221人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/8
投稿数: 314
2019/2/12 18:49
 氷筍
その手がありましたか。
私は、朝の悪天候で昼寝をしていました。
氷筍は、また来年にしましょう。
登録日: 2014/8/1
投稿数: 2511
2019/2/12 20:24
 華麗なシリセード
growmonoさん shilokoさん こんばんは

スピード感溢れるshilokoさんのシリセードが素晴らし過ぎて…
びっくりするしかありません。実は、この連休中の買い物の時に
シリセード用のボードを購入しました。最終目標は、至仏山から
の滑走ですが、その前に、どこかで練習をしなければ…と思って
います。近日中にレコでご覧いただけるかもしれません。ご期待
ください。(あくまで予定です。笑)
                        埼玉のchii
登録日: 2014/9/30
投稿数: 2863
2019/2/12 21:41
 物凄い尻スキー恐れ入りました。
growmonoさん、shilokoさん
こんばんは
物凄い尻スキー恐れ入りました。
それにしても上手く撮れていますね。
さすが写真が趣味のgrowmonoさん
カメラもよいですね。
こちらも恐れ入りました。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 1455
2019/2/12 22:08
 いつもと違うゆるゆる雪山
お二人さん こんばんは。
たまには良いのではないですか、ゆるゆるハイク。
締めはやっぱり軍曹の鍋が待っていましたね。
シリセード格闘技があれば参加してみればいいかな、上位入賞間違いなしかな。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/13 9:37
 少ない氷筍
 おはようございます、tomoさん。
大幽洞窟は悪天時のエスケープにしてますので、行って参りました。
新雪がモフモフで楽しかったですが、駐車場脇の雪も少なくカーブミラーや案内板が出ていたので、今年はダメかなと思っていました。

 少ないながらもありましたので、鑑賞してきました。休日でしたのでスノーシューツアーがひっきりなしに来ますね。お蔭でラッセルせずにすみました。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/13 9:48
 無敵のJAシート
 おはようございます、chiiさん。
キャキャ言いながらも笑って滑走する姿はさすがプロです。雪にまみれることなど全く気にしませんからね。よほど楽しいのでしょう。

 至仏山の高天ヶ原やムジナ沢からのシリセード滑走で、shilokoさんはコースレコードを持つほどの強者です。本当に速いです。目線も低いので体感速度はかなりあるはずですが、全く恐れず滑ってます。

 ヒップそりはかさ張り携帯性が劣りますが、プラスチックで固く速度が出やすいです。ぜひチャレンジしてくださいね。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/13 9:58
 楽しい雪遊び
 おはようございます、iiyuさん。
氷筍を観賞に行ったはずが、ほとんど雪遊びでしたね。天気が悪くても行き先はいろいろと準備してあります。氷筍は小さく少なかったですが、新雪はモフモフで楽しかったです。

 shilokoさんは洞窟前から果敢に滑りますから強者です。恐れを知りませんね。小さな段差でジャンプしても笑ってます。カメラはフォーカスをコンテニュアス、顔追尾にして高速連射秒6枚で撮影しています。掲載は数枚ですが、撮影は30枚以上でした。下手な鉄砲は数撃てば当たります。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/13 10:19
 雪遊びと鍋
 おはようございます、yasioさん。
私の事情で出発が遅れてしまいましたが、ゆったりと楽しんできました。
暖冬で氷筍も少なく小さいですが、透明な氷の柱は美しいですね。
 
 悪天候で雪降るなかでしたが、そういう時に行こうと決めておりましたので、気にしませんでした。時間など気にせずに新雪遊びです。

 雨呼山へ移動しましたが、食後に動くのが面倒となったshilokoさん。氷筍も少ないだろうから行くのをやめました。湯の小屋温泉先の閉鎖ゲートまで行き、冬景色を堪能して帰ってきました。私の車なら行けますからね。たまには汗もかかない山行も良いものです。
登録日: 2011/5/14
投稿数: 1815
2019/2/13 11:47
 ダルマ
こんにちわ。
大囿洞窟、まだダルマさんが残っていましたか? 解けずに崩れず頑張ってくれてたようですね。
氷筍、例年より小さいのですか? 先月、初めて見た私はこれが普通と思っていました。
洞窟からの急斜面はもちろんシリセード!!
止まらない〜 が聞こえてきそうでした。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/13 13:23
 まるで肝試し
 こんにちは、yasubeさん。
悪天候でも楽しめる大幽洞窟へ行ってきました。ダルマも残っており、そのままにしておきました。ただ洞窟の前に近いので、溶け出すのが早いと思います。今年はもうこれ以上雪や氷が増えることはないでしょう。

 一昨年訪れた時のレコで、暖冬傾向の近年ではこの位がスタンダードだと思います。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1060323.html
今季と比較すると、洞窟前の氷柱や、氷筍の大きさや数が全く違うと思います。今年は何より積雪と気温ですね。5年前は積雪が多くて撤退し、4年前は通年ほどでした。

 私がスキーのついでに20年位前訪れた時は、洞窟前が大きな氷柱で覆われ、その上の岩場も氷柱があり大きかったです。洞窟内の氷筍は一面にあり、天井に届くぐらい大きなものまでありました。残念ながらもう見ることは出来ないと思います。

 新雪でのシリセードは楽しかったですね。ツアーの方々も喜んで滑ってましたよ。きゃきゃ言いながら笑うなんて、まるでお化け屋敷ですね。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/13 16:27
 Re: 氷筍
tomoさんこんにちは、コメントありがとうございます^^。

かねてから2月になったら氷筍を見に行く予定でした。
ちょうどよい天気と重なったので遊びに連れていっていただきました。

私どもは雨呼山が来年の宿題となりました♪
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/13 16:31
 Re: 華麗なシリセード
chii1961さんこんにちは、コメントありがとうございます♪

シリセードボード、使うの楽しみですね♪
高天ヶ原の滑降はトテモきもちのよいものでございます。

尾瀬ヶ原まで滑り降りたら、メスティンでご飯を炊いて・・・など
とても楽しそうです

GWまで雪が残ることを祈りましょう(^o^)丿
登録日: 2014/7/10
投稿数: 1363
2019/2/14 0:34
 雪ダルマ
growmonoさん

今年は氷筍と天井の結晶、どちらも小さかったですね。
来年は数も大きさももっと育っていてくれるよ良いのですが。
それにしても雪ダルマがまだ残っているとは思いませんでした
タルト美味しいので自分もたまに寄ります。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 948
2019/2/14 8:17
 面壁九年の如し
 おはようございます、Jimny-Hikerさん
山稜が悪天候にならないと行かないので、隔年ごとくらいですが訪れています。
今季は暖冬の影響をもろに受けていましたね。洞窟に入る前から岩稜の氷柱で少ないと分かりました。

 だるまは洞窟内で2週間修行してますね。原型は維持していました。今週は寒いのでそのまま残ると思います。E-gunmaさんにメッセージが伝わるといいですね。

 ジャック・ザ・タルトファンタジーは、3年前谷川の帰りに、川沿いに何か作っているなと思っていたら、あっという間に人気の店になってました。

 甘いものは全く食べませんが、shilokoさんが行きたそうでしたので、お土産方々初めて訪れました。ヤカイ沢で食べる紅芋タルトは最高でしたね。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/14 16:59
 Re: 物凄い尻スキー恐れ入りました。
いいゆさんこんにちは、コメントありがとうございます♪

いいゆさんとやまゆりさんの滑降のほうが断然安定感があってバランスよいデスね、
私も技術を習得したいです^^。
赤城山へ行けばよかったかな・・・

growさんは新しい長いこと所望なさっっていたカメラを手に入れて
最高に楽しんでいらっしゃるようです。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/14 17:02
 Re: いつもと違うゆるゆる雪山
やしおさんこんにちは、コメントありがとうございます♪

シリセードは本当に楽しいですね、
童心にかえって奇声をあげながら滑降してしましますw

雪がちらついていたのでお鍋のガソリンは結構消費したとのことです。
暖かいものをいただけてありがたいデス^^。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/14 17:05
 Re: ダルマ
やすべさんこんにちは、コメントありがとうございます^^。
氷筍カワイイですね♪
私どももやっと見に行くことができました。

スノーシューツアーの方々も、洞窟直下からシリセードしていました!
圧雪されてよく滑るかな?と思いましたが
新雪なのでそれほどスピードでませんでしたよぅ〜
登録日: 2016/3/2
投稿数: 523
2019/2/14 17:10
 Re: 雪ダルマ
Jimny-Hiker さんこんにちは、コメントありがとうございます。

洞窟の中で瞑想するだるまさん、播隆上人のようですね♪

タルトおいしいですね、あまり甘いものを食べつけないCLもお気に召したようでした。
気になるスイーツの謎がひとつ解明されました。

次に狙っているのは、”白毛門”という素敵な名前のおまんじゅうでございます。
夏季限定だそうなので、夏まで静かに待とうと思います( ˘ω˘)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ