また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 172751 全員に公開 山滑走 道東・知床

斜里岳(北西尾根)(中退)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2012年02月06日(月) [日帰り]
メンバー
 0v0
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
豊里、富士林道入口付近に路上駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

豊里(4:15) - 北西尾根1450m地点(10:50〜11:05) - 豊里(14:15)
コース状況/
危険箇所等
・豊里から標高300m付近を通る富士林道まで除雪されており、ラッセルすることなく通過できた。昨年偵察したとき、ここは除雪はされていなかった。

・富士林道から、標高400〜450mを通る斜里岳林道までの間は、かなり樹間の狭い森の中を通過する。

・今回のアプローチでは、そのまま尾根を行くと北尾根へ登ってしまうので、北西尾根へ向かうなら適当な所で玉石沢を渡らなければならない。

・標高600〜1100mの間は、樹間も広く傾斜もスキー滑降に手頃な斜面が広がっている。

・標高1100mから尾根は狭くなり、1230mからは壁のような急斜面となる。1260mにスキーをデポ。以後はアイゼン、ピッケルに換えて登る。

・標高1450mの高みに背丈ほどの段差があり、周囲は絶壁となっている部分がある。先へ行けなくも無いが、単独でロープの用意も無く、今回は慎重を期し登高はここまでとする。
過去天気図(気象庁) 2012年02月の天気図 [pdf]

写真

夜が開け、斜里岳の山頂部が浮かび上がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が開け、斜里岳の山頂部が浮かび上がる。
2
斜里岳の裏から、ようやく太陽が昇ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳の裏から、ようやく太陽が昇ってきた。
2
標高1230mからの壁。この写真では傾斜感が表現できないが……。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1230mからの壁。この写真では傾斜感が表現できないが……。
隣の北尾根は、こちらの尾根よりも難易度が高い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の北尾根は、こちらの尾根よりも難易度が高い。
1
標高1420m、西尾根とのジャンクションを過ぎて、山頂との標高差も僅かとなったが……。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1420m、西尾根とのジャンクションを過ぎて、山頂との標高差も僅かとなったが……。
2
引き返し地点からの斜里岳山頂部。北面の壁が良く見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返し地点からの斜里岳山頂部。北面の壁が良く見える。
2
引き返し地点から登ってきた尾根を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返し地点から登ってきた尾根を振り返る。
2
海別岳から知床半島先端部の山々も良く見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海別岳から知床半島先端部の山々も良く見えた。
下山後、斜里岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、斜里岳を振り返る。

感想/記録
by 0v0

斜里岳周辺では、以前根北峠から南斜里岳へ登っている。この時、南斜里岳から斜里岳本峰を眺めながら、次はあの頂に立ってみたいと思った。いよいよそれを実現することにしたのだが……。

幾つかのルートから北西尾根を選んだのは、行程の中で最もスキー滑降が楽しめると読んだからだ。確かに下りでは厳冬期ならではの雪質の良さもあり、満足できる滑降が楽しめた。

しかし、天候に恵まれながら登頂できなかったのは、ちょっと残念。事前に問題の段差があることは知っていた。でもロープを携行しなかったのは、読みが甘かった。通過できなくもなさそうだったが、単独では僅かなミスも命取りになる。またいつか訪れたときには登らせておくれ。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1020人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ