また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1727597 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

四ッ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年02月11日(月) [日帰り]
メンバー
天候雪 風は普通
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平湯キャンプ場は除雪されている
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

03:00 平湯野営場
04:10 渡渉
08:30 四ッ岳
09:10 渡渉
10:00 平湯野営場
その他周辺情報下山後の温泉は無し。連休のひらゆの森は芋洗い状態らしい。残念。
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

からの癒しの樹林帯
2019年02月11日 06:36撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からの癒しの樹林帯
3
今日は視界があります
2019年02月11日 07:21撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は視界があります
4
3度目の四ッにて初めて三角岩を見た
2019年02月11日 07:34撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3度目の四ッにて初めて三角岩を見た
7
まったりっすなあ
2019年02月11日 07:55撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったりっすなあ
2
イワイワ地帯に入れば山頂はすぐそこ
2019年02月11日 08:16撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイワ地帯に入れば山頂はすぐそこ
3
仲良しレジェンド
2019年02月11日 08:29撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲良しレジェンド
12
今日は風が弱くて天国だった
2019年02月11日 08:39撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は風が弱くて天国だった
9
至福のとき
2019年02月11日 08:49撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至福のとき
8
トップすげー浮いてる
2019年02月11日 08:49撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップすげー浮いてる
8
タマランチ会長
2019年02月11日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマランチ会長
10
名人も転ぶ
2019年02月11日 09:01撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人も転ぶ
7
10年前のG3を縫って延長して使っているらしい。モノ持ちよすぎる名人さん。
2019年02月11日 09:27撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10年前のG3を縫って延長して使っているらしい。モノ持ちよすぎる名人さん。
7
帰りも渡渉
2019年02月11日 09:30撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも渡渉
6

感想/記録

先生、名人さん、僕の3人で四ッ岳へ。この組み合わせは初かも。
トレースはたくさんあるし昨日からの降雪もそれほど多くはない。
雪はカチカチなので早々にクトーを付けてまったりのんびり登ってゆく。
四ッ岳は年末以来となる。だいぶ雪が増えてどこでも歩けて快適だ。
先生と名人さんによる"山スキー黎明期の話"を聞きながら楽しく登る。
20年前はGPSも地獄ゴーグルも高性能LEDライトもウィペットもTLTも極太板も無い。
装備は貧弱でネットの情報も乏しいそんな時代に、
地形図を見て新たなルートを引いていくのは厳しくも楽しかっただろうなあ。
未開拓のルートは探せばあるとはいえ、当時のワクワク感を今味わうのは難しい。

森林限界の手前で耐風装備に身を包み氷にクトーを効かせてピークへ。
相変わらず視界は悪いが驚くほど穏やかだった。四ッで地獄でないのは初めて。
シールを剥がしたら極上のパウダーを頂こう。上の方は底つきが無く天国だった。
樹林帯はカリカリの上にパラッと軽い新雪が乗っている。板が走り気持ち良い。
あっという間に渡渉ポイントまで落ちてきた。シールで登り返して帰りは自動運転。
7時間の速攻だった。渋滞ができる前に帰ろう。
会ったのは1組3名のみ。静かな四ッ岳だった。

四ッ岳は「天気が悪い日に滑りを楽しむ山」というキャラだが、
晴れれば当然もっと楽しい。
いつか快晴の四ッ岳から乗鞍を見てみたいが、そんな機会は多分こない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2527人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

森林限界 GPS 渡渉 山スキー イワイワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ