また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1727785 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 妙高・戸隠・雨飾

火打山&三田原山(妙高山外輪山)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2010年04月29日(木) ~ 2010年05月01日(土)
メンバー , その他メンバー3人
天候初日曇り時々晴れ、2日目快晴のちくもり夜半吹雪、3日目晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
往路
東京6:24==あさま501号==8:54長野8:12==8:54妙高高原9:00 - (タクシー)-9:30笹ヶ峰
復路
笹ヶ峰13:10- (タクシー)-13:40妙高高原14:00==14:47長野15:27==あさま534号==帰京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間1分
休憩
48分
合計
3時間49分
S笹ヶ峰登山口10:3611:30黒沢橋手前11:4512:06黒沢橋12:47十二曲り上13:0814:08富士見平手前14:2014:25富士見平分岐
2日目
山行
3時間22分
休憩
41分
合計
4時間3分
富士見平分岐12:0606:22高谷池ヒュッテ06:22宿泊地06:30天狗ノ庭手前06:3907:44火打山08:1609:38高谷池ヒュッテ10:25富士見平分岐
3日目
山行
4時間40分
休憩
2時間47分
合計
7時間27分
富士見平分岐05:3806:40大倉乗越07:0007:42三田原山07:4908:55宿泊地11:0512:00十二曲り下12:1013:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に夏道はたどれません。赤テープもほとんどありません。
過去天気図(気象庁) 2010年04月の天気図 [pdf]

写真

笹ヶ峰登山口、雨が止むまで待ちます。
2010年04月29日 10:00撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ峰登山口、雨が止むまで待ちます。
踏み跡、赤テープなく地形が頼りです。
2010年04月29日 11:49撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡、赤テープなく地形が頼りです。
黒沢には橋が架かっています。
2010年04月29日 12:06撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢には橋が架かっています。
十二曲りは直登、かなり急です。先行者がいました。
2010年04月29日 12:28撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二曲りは直登、かなり急です。先行者がいました。
少しだけ藪あり
2010年04月29日 12:59撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ藪あり
妙高山は雲の中
2010年04月29日 12:59撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山は雲の中
踏み抜きはありませんが急です。
2010年04月29日 13:49撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きはありませんが急です。
稜線に出ると火打山が見えました。
2010年04月29日 16:07撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると火打山が見えました。
三田原山、妙高山はほんの少し頭を出しているようです。
2010年04月29日 16:08撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三田原山、妙高山はほんの少し頭を出しているようです。
林の中にテント
2010年04月29日 16:09撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中にテント
明朝、快晴です。
2010年04月30日 06:02撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明朝、快晴です。
高谷池ヒュッテを越えて
2010年04月30日 06:22撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池ヒュッテを越えて
一面、雪原です。
2010年04月30日 06:22撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面、雪原です。
踏み跡なし
2010年04月30日 06:22撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡なし
火打山山頂に到着
2010年04月30日 07:50撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山山頂に到着
焼山と金山の間に雨飾山
2010年04月30日 07:47撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山と金山の間に雨飾山
高妻山、左に黒姫山
2010年04月30日 07:48撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山、左に黒姫山
高谷池を抜けるとガスガスに
2010年04月30日 10:05撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池を抜けるとガスガスに
3日目の朝、黒沢池へ抜けます。
2010年05月01日 05:49撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目の朝、黒沢池へ抜けます。
このあたり烈風
2010年05月01日 06:12撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり烈風
大倉乗越へ上ります。
2010年05月01日 06:12撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越へ上ります。
乗越のやや南に着きました。
2010年05月01日 06:53撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越のやや南に着きました。
少し休憩し三田原山に向かいます。
2010年05月01日 06:53撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩し三田原山に向かいます。
右手に火打山が見えます。
2010年05月01日 07:19撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に火打山が見えます。
山頂と思しきところで妙高山撮影(逆光です)
2010年05月01日 07:45撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と思しきところで妙高山撮影(逆光です)
後立山の雪倉岳、朝日岳あたり
2010年05月01日 07:44撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山の雪倉岳、朝日岳あたり
焼山、火打山
2010年05月01日 07:47撮影 by EX-H10 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山、火打山

感想/記録

それぞれ東京駅、大宮駅からあさま号に乗車した3人は、前夜入りした顧問と長野駅で落ち合い、在来線に乗り換えて妙高高原駅へ移動する。駅で予約したタクシーに乗り込む(運転手の愛想は悪い)。朝から降り始めた雨は止まないが、天気予報ではじきに晴れるとのこと、登山口の笹ヶ峰で暫く様子を見ることにする。登山の準備を整え早めの昼飯を取るなどして待つこと約1時間、幸い雨も上がり山行開始。連休初日のため踏み跡はほとんど見つからず地図を頼りに進む。1本休んだ後に黒沢の橋を渡ると十二曲りの急登の始まり。蛇行しているはずの夏道は見つからず急斜面を直登することに。Uが雪の斜面に足を取られ苦戦するが何とか登り切り一休み。この辺りで日差しも現われる。ここから更に緩斜面の登りが続くが、黒沢池方面へ右に折れる富士見平の分岐点が見つからない。3年前に夏道を経験したTの記憶も当てにならず、高度計を信じて東側斜面へトラバースを開始する。暫く進むと左斜面前方の視界が開けてきたため、やや高度を上げると木々も少なくそこが富士見平と見受けられる。トラバースするのが早すぎたが結果的には大事に至らず。既に時刻は午後2時を回っているため、当初の予定を変更して幕営地を1本手前にすることに決定。尾根から20m程度緩やかに下り風もそれ程強くないと思われる場所にテントを設営。尾根に登ると明日登頂予定の雪を抱いた火打山を望むことができた。宴会〜夕食(カレーライス、サラダ等)の後、各自寒さ対策を施し20:30就寝。荷物を極力減らして臨んだリーダーには夜半過ぎからの寒さは大変堪えたが、他のメンバーも同様のようであった。

4月30日(金)
3:40起床、外はまだ暗い。もちラーメンで炭水化物を十分に補給する。皆の体調は良い。快晴の中、HとUはアイゼン装着、リーダーとTはアイゼン持参で6時前に出発する。黒沢岳の西腹をトラバースしながら進むと、間もなく視界が開け高谷池ヒュッテに到着する。まだ朝も早く人影は少ない。夏は湿原となる辺り一帯は一面雪景色。ここは休まず進み、同じく一面雪景色の天狗の池を望む高台で小休止。夏道よりかなり西側を進んできたことに気づく。天狗の池に一旦降りた後は、頂上まで約1時間の登り。斜面は所々氷結している。途中、リーダーはアイゼンを付けたため隊列から遅れるものの全員相次いで火打山に登頂。頂上のほんの一部分だけは雪がない。遠くの方は見渡せないものの、東に妙高山、西には微かに水蒸気を噴き上げる焼山、その向うに雨飾山、南に目を転じると黒姫山、高妻山、そして北西には糸魚川の町と日本海が見える。小休止の後、雪がチラついてきたため一気に下る。リーダーのみ所々シリセード板を使用する。高谷池を過ぎた所で早めの昼食をゆっくり取りテントへ帰還。軽い転寝の後、長い宴会〜夕食(麻房春雨、だし巻き卵、チャーハン、卵スープ等)と続く。いつの間にか外は吹雪いている。最後は恒例の顧問Tによる歌唱指導を経て21:00に就寝。この夜は更に寒かった。

5月1日(土)
3:00起床。外はまだ雪、昨夜からの積雪は5cm程度ある。朝食は昨夜用意したご飯とみそ汁で済ます。全員アイゼンを装着し出発。この頃には雪も止み晴れ間も見える。黒沢岳の東斜面をトラバースしながら進むと黒沢池の大きな雪原へと到着。日差しはあるものの強い南風で雪原は時々ブリザード状態。目印の黒沢池ヒュッテはまだ雪に埋まっているのか見当たらない。地図を頼りに雪原を斜めに横切り妙高外輪山の大倉乗越へ登る。大倉乗越からの下り斜面と眼前に広がる妙高山の登り斜面は、地図から読み取れる通りの急斜面である。昨夜の新雪による表層雪崩を懸念し妙高山のアタックは残念ながら断念。オプションとして考えていた外輪山・三田原山への登頂へ切り替える。雪庇に気を付けながらなだらかな稜線の登りを約40分進むと外輪山の頂上に到着。風は強いが見晴らしは良い。記念撮影の後、往路とほぼ同じ道を引き返しテント場へ帰還。テントを撤収し、11時過ぎに下山開始。連休も本格的に始まり登りの登山者は多く、踏み跡もしっかりしている。十二曲りの下りでは登りの登山者を避けて下りようとしたリーダーが10M程度滑落するもピッケルを刺して何とか制止。しかし元のルートに戻るのに体力を消耗し最後はHに引き上げられ面目なし。ひとつ休みを入れたのち踏み跡と赤符を頼りに下山する。黒沢を越えてからの緩斜面でやや東に逸れていることを認識するもそのまま進むと最後は出発地点より約200m東側で林道に無事帰還。

天候はまずまずであったが、残雪は例年以上だったようであり降雪にも見舞われた。雪質は新雪または新雪に近い状態で、春山特有のずぶずぶの状態は下山時の一部のみであった。妙高山のアタックは断念せざるを得なかったが、特に危険な個所は少なく、経験の浅いメンバーを含むパーティーに丁度良いレベルの行程であった。登山道を示す赤符は見つかり難く、また降雪により踏跡もなかったため、地図、磁石、高度計を頼りに行動したが、高度計はあくまで参考にしかならないことを改めて認識した。                  
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:131人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ