また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1728396 全員に公開 雪山ハイキング 谷川・武尊

平標山〜新雪のヤカイ沢、山頂でガスと強風の贈り物

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年02月11日(月) [日帰り]
メンバー
天候くもりのち晴れ 稜線上は強風、山頂は爆風とガス、ホワイトアウト
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みくに国際学園前駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間54分
休憩
13分
合計
8時間7分
S平標登山口バス停06:4710:56平標山11:0914:52平標登山口バス停14:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ガスと強風で周回予定を変更しヤカイ沢ピストンです。
コース状況/
危険箇所等
 ヤカイ沢はほぼ沢床が埋まっている。トレースもあるが外れると踏み抜く。
稜線上からも踏み抜き多数、稜線西側の湿原やシャクナゲ群生地辺りは注意。

 平標山山頂は爆風とガス、ガスに覆われた仙ノ倉山へは中止。また一ノ肩、松手山方面はホワイトアウトおよび強風でヤカイ沢へのピストンを余儀なくされた。
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

写真

6時前に、みくに国際学園前駐車場へ到着。日の出に合わせて20分仮眠後装備して出立。2台しかなかった車がほぼ満車に。ほとんどBCの方。
2019年02月11日 06:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時前に、みくに国際学園前駐車場へ到着。日の出に合わせて20分仮眠後装備して出立。2台しかなかった車がほぼ満車に。ほとんどBCの方。
4
気温−6℃、林道を歩むshilokoさん。楽しそうだ。別荘地先のトラバースがあるので、この先でアイゼンを装着。
2019年02月11日 06:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温−6℃、林道を歩むshilokoさん。楽しそうだ。別荘地先のトラバースがあるので、この先でアイゼンを装着。
8
ゲート前の分岐からヤカイ沢へ。
2019年02月11日 07:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート前の分岐からヤカイ沢へ。
3
風が無く暑くてハードシェルを脱ぐshilokoさん。今週16日はshilokoさんのお誕生日。永遠の二十歳。17日は出勤なので同行できず、これがプレ誕生日祝い登山となる。24日は休日なので、ポスト誕生日祝い山行を予定している・・・天気が微妙。
2019年02月11日 07:31撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が無く暑くてハードシェルを脱ぐshilokoさん。今週16日はshilokoさんのお誕生日。永遠の二十歳。17日は出勤なので同行できず、これがプレ誕生日祝い登山となる。24日は休日なので、ポスト誕生日祝い山行を予定している・・・天気が微妙。
16
ヤカイ沢から一ノ肩、山頂方面の稜線。雪が少ない。
2019年02月11日 07:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢から一ノ肩、山頂方面の稜線。雪が少ない。
2
前日までの降雪に先行者のトレース。軽量のshilokoさんはスイスイ登って行くが、総重量約100kgの私は踏み抜き連発。スノーシューにチェンジ。
2019年02月11日 08:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日までの降雪に先行者のトレース。軽量のshilokoさんはスイスイ登って行くが、総重量約100kgの私は踏み抜き連発。スノーシューにチェンジ。
6
稜線へ登り上げる急坂を登るshilokoさん。
2019年02月11日 09:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線へ登り上げる急坂を登るshilokoさん。
4
平元新道北側の東西に走る尾根。雪庇も小さい。
2019年02月11日 09:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平元新道北側の東西に走る尾根。雪庇も小さい。
5
平標山〜山の家、夏道は木階段がある尾根に向かう。shilokoさんがうずくまっている。どうやら踏み抜いたようだ。
2019年02月11日 10:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山〜山の家、夏道は木階段がある尾根に向かう。shilokoさんがうずくまっている。どうやら踏み抜いたようだ。
3
さすが!軽量を活かしてハイハイで進んでいる。ワカンを装備していなくても余裕だ。
2019年02月11日 10:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが!軽量を活かしてハイハイで進んでいる。ワカンを装備していなくても余裕だ。
8
稜線上は吹きさらしで強烈な南風。
2019年02月11日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は吹きさらしで強烈な南風。
3
大源太山、三角山、三国山。
2019年02月11日 10:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山、三角山、三国山。
6
平標山山頂。直立していられないほどの強風。三脚が倒れるのでザックが重り。平標山山頂で爆風に吹かれる誕生日プレゼント。
2019年02月11日 11:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山山頂。直立していられないほどの強風。三脚が倒れるのでザックが重り。平標山山頂で爆風に吹かれる誕生日プレゼント。
29
山頂標裏にはエビしっぽ。エビが大好きなshilokoさん。
2019年02月11日 11:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標裏にはエビしっぽ。エビが大好きなshilokoさん。
11
山頂から一ノ肩、松手山方面はホワイトアウトで見えず。仙ノ倉山方面も同様なので、帰路をピストンに変更する。
2019年02月11日 11:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から一ノ肩、松手山方面はホワイトアウトで見えず。仙ノ倉山方面も同様なので、帰路をピストンに変更する。
3
ヤカイ沢へ戻る。向かい風と飛んでくる氷雪で顔が痛い。
2019年02月11日 11:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢へ戻る。向かい風と飛んでくる氷雪で顔が痛い。
3
髪の毛が白く凍結したshilokoさん。
2019年02月11日 11:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
髪の毛が白く凍結したshilokoさん。
10
仙ノ倉山方面。ニセピークしか見えない。それでも何名か行っている方が見えていた。
2019年02月11日 11:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山方面。ニセピークしか見えない。それでも何名か行っている方が見えていた。
3
平標山の家。今年は埋没していない。
2019年02月11日 11:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山の家。今年は埋没していない。
6
苗場スキー場、稲包山。ガスで上ノ倉山方面すら見えず。
2019年02月11日 11:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場スキー場、稲包山。ガスで上ノ倉山方面すら見えず。
5
この急斜面をシリセードするshilokoさん。
2019年02月11日 11:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面をシリセードするshilokoさん。
5
ただ思いの外滑らず速度が出ない。
2019年02月11日 11:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ思いの外滑らず速度が出ない。
12
神楽ヶ峰、霧ノ塔、かぐらスキー場。
2019年02月11日 11:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰、霧ノ塔、かぐらスキー場。
7
ヤカイ沢へ滑走するshilokoさん。まさしくBCシリセーダー。
2019年02月11日 11:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤカイ沢へ滑走するshilokoさん。まさしくBCシリセーダー。
10
下りはトレースなど無視して、新雪を思う存分楽しむ。
2019年02月11日 12:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはトレースなど無視して、新雪を思う存分楽しむ。
5
正午の太陽が長い影を作る。
2019年02月11日 12:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正午の太陽が長い影を作る。
6
またシリセードしていくshilokoさん。斜面を歩くつもりなどないから凄い。
2019年02月11日 12:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またシリセードしていくshilokoさん。斜面を歩くつもりなどないから凄い。
11
樹林帯に柔らかい日差しが差し、雪原に独特の影を映す。
2019年02月11日 12:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に柔らかい日差しが差し、雪原に独特の影を映す。
3
一ノ肩先で松手山手前の雪庇。
2019年02月11日 12:15撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ肩先で松手山手前の雪庇。
3
ここで開脚し土の字奉納。
2019年02月11日 12:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで開脚し土の字奉納。
4
新雪が好きなshilokoさん。雪の装い。
2019年02月11日 12:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪が好きなshilokoさん。雪の装い。
14
いつも通り下山すると青空が見えてくる間の悪さ。
2019年02月11日 12:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも通り下山すると青空が見えてくる間の悪さ。
4
一の肩先、木階段がある斜面中央付近に大きなクラックがある。BCで行かれる方は要注意。
2019年02月11日 12:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の肩先、木階段がある斜面中央付近に大きなクラックがある。BCで行かれる方は要注意。
5
稜線上は地吹雪。強烈な風が吹いている。
2019年02月11日 12:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は地吹雪。強烈な風が吹いている。
2
青空が見え美しい風景に喜ぶshilokoさん。楽しそうだ。16日に誕生日を迎えられて良い想い出の一つになることを祈る。苗場山、佐武流山も祝福している。
2019年02月11日 12:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が見え美しい風景に喜ぶshilokoさん。楽しそうだ。16日に誕生日を迎えられて良い想い出の一つになることを祈る。苗場山、佐武流山も祝福している。
5
平らな場所を見つけて宴会場設営。BCAのRS EXTを購入したので早速使用した。
2019年02月11日 13:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らな場所を見つけて宴会場設営。BCAのRS EXTを購入したので早速使用した。
8
素晴らしい場所でのランチは格別。
2019年02月11日 13:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい場所でのランチは格別。
4
今日はモツ煮うどん。豆腐、油揚げ、ゴボウ、ネギを大量投入。うどんを2回に分けて入れざるを得ない具の多さ。
2019年02月11日 13:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はモツ煮うどん。豆腐、油揚げ、ゴボウ、ネギを大量投入。うどんを2回に分けて入れざるを得ない具の多さ。
12
モツを美味しそうに食べるshilokoさん。後ろには缶チューハイ。


安全な所まで戻ったのでライフガードをいただきました(し)。
2019年02月11日 13:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モツを美味しそうに食べるshilokoさん。後ろには缶チューハイ。


安全な所まで戻ったのでライフガードをいただきました(し)。
9
食後のデザートは、前日買ったジャック・ザ・タルトファンタジーの紅芋タルト。
2019年02月11日 13:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後のデザートは、前日買ったジャック・ザ・タルトファンタジーの紅芋タルト。
10
shilokoさんのデザートはかき氷。
2019年02月11日 13:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさんのデザートはかき氷。
14
さらば平標山。できれば今季もう一度訪れ、仙ノ倉山から主脈を眺めたい。
2019年02月11日 14:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば平標山。できれば今季もう一度訪れ、仙ノ倉山から主脈を眺めたい。
7
ダケカンバ林とshilokoさん。
2019年02月11日 14:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバ林とshilokoさん。
4
BCボーダーのシュプール。
2019年02月11日 14:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BCボーダーのシュプール。
3
雪原で撮影に余念がないshilokoさん。顕微鏡モードか。
2019年02月11日 14:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原で撮影に余念がないshilokoさん。顕微鏡モードか。
7
みくに国際学園と松手山、一ノ肩、平標山。
2019年02月11日 14:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくに国際学園と松手山、一ノ肩、平標山。
3
埋もれたブランコ、雲梯。旧三国小学校の遺産。
2019年02月11日 14:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋もれたブランコ、雲梯。旧三国小学校の遺産。
7
無事に到着。山頂で爆風に吹かれる誕生日プレゼント、気に入ってもらえただろうか?24日も期待してもらおう。
2019年02月11日 14:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に到着。山頂で爆風に吹かれる誕生日プレゼント、気に入ってもらえただろうか?24日も期待してもらおう。
6

感想/記録

 再び南岸的気圧が接近し降雪予報の関東。南ほど雲と降雪量が多い。上越山稜はその影響を受けず上層雲とにわか雪程度。正午近辺の薄日が望める平標山へ。ヤカイ沢から平標山へ、鞍部から仙ノ倉山へ行き、下山は松手山コースの予定。

 今週16日はshilokoさんのお誕生日。永遠の二十歳。17日は出勤なので同行できず、これがプレ誕生日祝いとなる。24日は休日なので、別なポスト誕生日祝いを予定している。

 前橋を4時に出発。早朝の関越道は日曜の渋滞が嘘のように空いている。月夜野から17号で三国峠へ。融雪剤散布で凍結が全くなかった。ただ車は真っ白になったが・・・。

 6時前にみくに国際学園前駐車場に到着。2台停まっていた。まだ早いので日の出まで20分仮眠。起きると車が増えほぼ満車になっていた。ほとんどBCの方々。

 装備して出立。気温−6℃、別荘地へと続く林道を歩いていく。除雪の終端でアイゼンを装着。この先は斜面を橋までトラバースして行くので履いたほうが歩きやすい。

 林道のゲートがある所からヤカイ沢へ入っていく。平元新道へのトレースもあった。沢の流れが手前は見えるが、あとはほぼ沢床は見えず、確りと積雪がある。

 薄曇りだが一ノ肩や山頂はまだ見えていた。前日の新雪を踏みしめながら歩いていく。先行者のトレースが確りとあり、またBCの方がピステンしてくれるので歩きやすい。ただトレースを外すと踏み抜く量が多く深みに嵌まる。

 軽量なshilokoさんはスイスイと登って行くが、重量級の私はトレースの上でも踏み抜く。shilokoさんに先を歩いてもらい、食材も移して背負ってもらった。傾斜が増すと更に踏み抜くので、スノーシューにチェンジ。稜線への急坂を登って行く。

 南側の雪庇がある稜線からは、大源太山や三国山だけが見え、あとはガスに覆われていた。シャクナゲ地帯に入ると踏み抜きが増え、クラストしたシュカブラゾーンを探しつつ登って行く。

 稜線へ登り上げると遮るものがなくなり、南からの強風が容赦なく吹き付ける。たまらずゴーグルを装着しシェルを着る。東側に見えるはずの鞍部や仙ノ倉山のニセピークすら見えないガスと地吹雪。

 強風に押し倒されそうになりながらも山頂に到着。三脚もザックを重りにして固定子記念撮影。直立し続けるには厳しい南からの爆風。それでも鞍部やニセピークには登山者がいた。

 強風とガスに覆われた仙ノ倉山へ行くの中止し、ホワイトアウトの一ノ肩、松手山方面への周回も断念し、ヤカイ沢のピストンへの変更を余儀なくされた。ソロなら気にもせず行ったと思うが、shilokoさんも同行しているので、ここは安全安心第一の山行に徹する。

 下山は南風と氷雪を受けて顔が痛い。途中からshilokoさんはシリセード。この急斜面を躊躇せず滑るのはさすがプロ。ただ新雪で抵抗が大きく滑りにくそうだった。

 稜線を下りるとトレースを無視して新雪ゾーンを歩いていく。モフモフの新雪を楽しみながらの下りは楽しい。少しクラストした所はシリセードで滑り降りていく。

 風の影響がないヤカイ沢から振り返ると、予想通り松手山よ一ノ肩の上に青空が見えてきた。下りると晴れる間の悪さ。ただ山頂はガスに覆われたままだった。

 平らなポイントを見つけて遅い昼食。BCAのRS EXTを購入したので、早速宴会場設営に使用してみた。スコップだけではなく天鍬になるのが使いやすさのポイント。

 今回の昼食はモツ煮うどん。豆腐、油揚げ、ゴボウ、ネギを大量投入。うどんを2回に分けて入れざるを得ない具の多さ。吹きこぼれないようにshilokoさんはつまみ食いをしていた。しかし良く食べる。見ていて気持ちがいい食べっぷり。

 私は前日買ったジャック・ザ・タルトファンタジーの紅芋タルトをデザートで食べた。shilokoさんは相変わらずかき氷を召し上がっていた。再装備して下山。

 気温2℃で暖かい。雪も重くなりアイゼンの裏には雪団子。歩きにくいので外して登山靴のみで歩く。

 南からの日差しに雪原がきらめいている。踏み跡の無い新雪を歩んでいく。樹林帯にはダケカンバの剥けた表皮が雪原を漂っている。見上げると青い空に白い雲が北へと流されていく。松手山や一ノ肩の稜線雪庇には地吹雪が舞う。カモシカの足跡を見つけ、二人静かにヤカイ沢を下っていく。

 別荘地から林道へ。駐車場には車が少なくBCの方々はすでに帰路へ。旧三国小学校校庭に行き平標山、松手山を眺める。校庭の端には雪に埋もれたブランコと雲梯。廃校の哀愁を感じさせる。

 平標山山頂で爆風に吹かれる誕生日プレゼント、気に入ってもらえただろうか?24日も期待してもらおう。

 着替えて帰路へ。 関越道からはガスに包まれ幻想的な子持山。獅子岩が夕日に向かって吠えていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:843人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 4298
2019/2/13 13:23
 今日も尻セードが爆発!
growmonoさん、shilokoさん
こんにちは
ここもshilokoさんの尻セードが爆発!
これが出来ると帰りが楽ですね。
この日やっぱりどこでもスッキリしませんね。
お疲れさまでした。
登録日: 2014/4/8
投稿数: 398
2019/2/13 19:16
 悪天候
風が強く寒かったでしょう。
午後2時半ごろになると日が出て一時天気も回復しました。
私達は、谷川岳からそちらを眺めていましたよ。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1632
2019/2/13 20:48
 BCシリセーダー
 こんばんは、iiyuさん。
浅間山や八ヶ岳より多少マシだろうと、行って参りました。
谷川岳はRWや駐車場の料金もかかりますのでやめました。貧乏山行。
ヤカイ沢の新雪を楽しみたかったのもありますね。

 ただ予想以上に風が強く、私一人なら仙ノ倉山を含め周回したと思いますが、shilokoさんも同行しておりますので、安全安心第一でピストンへ変更しました。

 稜線上やヤカイ沢でのシリセードは、よくやるなと思いましたよ。急斜面で雪庇もありますからね。雪庇の前に立ち、こっちは危ないから来るなと警告してました。

 予想通り正午辺りから青空が見えてきましたね。下りると晴れます。ただ山頂だけは終日ガスと風だったようです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1632
2019/2/13 20:54
 仙ノ倉すら見えず
 こんばんは、tomoさん。
Jimnyさんのレコ見たらそちらの方が多少は天気が良かったですね。
それでもオジカ沢から先は見えないようです。
ブロッケンも良い場所で見られて良かったですね。素晴らしい。
3月上旬に再訪しようかと思ってます。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2915
2019/2/13 22:06
 月曜日で‥・2人?
growmonoさん、こんばんは、
月曜日なのにしろこさんと一緒・・・祭日だったのですね。
今は、平標山の冬季コースはヤカイ沢が主流のようですね、
強風では松手山コースはもろに風を受けますね、雪庇はきれいな松手からの降り吹き溜まりではまった事がありましたよ・・・登りでしたが
何時の様に、お尻のそり全開ですね、しろこさんは。
それを見守るgrowmonoさんいい感じですね・・・適当にほっとく。
永遠の二十歳、しろこさん、今年の成人式はどこの開場に振袖で出かけたことやら、ヤマダドームかな?
登録日: 2013/5/8
投稿数: 244
2019/2/13 23:06
 祝!
祝! 永遠の二十歳!
ビバ! shiloko!

良い一年になりますように♪
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1632
2019/2/14 12:51
 ヤカイ沢
 こんにちは、yaisoさん。
祝日でい南岸低気圧がありましたから、北ほど天気に影響されませんでした。
ただ思いの他、風が強く、周回を断念せざるを得ませんでした。

 昨年4月に松手山から下りて、スノーシューでも踏み抜き地獄でしたね。ブロック雪崩に注意です。そこでもシリセードしてましたから強気です。

 2月16日がshilokoさんの誕生日ですが、17日日曜は仕事ですのお会いすることが出来ません。せめて楽しい山行をとヤカイ沢で楽しんでました。24日日曜は休みですので遠征を計画しています。ポスト誕生日プレゼントとなるような天候に恵まれれいいのですが。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1632
2019/2/14 13:01
 齢
 こんにちは、choco-tさん。
年度末のshilokoさんは仕事がとても多忙で大変そうです。
私のような昼行燈は優秀な若い方々に頑張ってもらい、適当に流しています。

 女性に年齢と体重を聞くのは失礼で粋ではないと思っておりますので、知り合った当時から聞きもしませんでした。白砂山ですね。その後平標山へ初めて同行した時に、尋ねもせずに年齢を聞かされました。童顔なのでびっくりしましたね。永遠の二十歳です。

 これからも一つ一つ齢を重ねて一緒に楽しく過ごしていけると良いですね。
登録日: 2013/6/10
投稿数: 973
2019/2/14 16:43
 ヤカイ沢BCシリセードは凄いです!
growmonoさん、shilokoさん、こんにちは。

平標山からヤカイ沢をBCシリセードで下りる人はこれまでに見たことはありません。よく下りたものと感心しています。これからのシーズンは気温変化により、凍結することもあるので、自分のようにテカテカアイスバーンで滑落しないよう細心の注意を払ってシリセードにチャレンジしてください。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1632
2019/2/14 20:15
 次は晴天時に
 こんばんは、hareharawaiさん。
思いの他、南風が強く山頂ではガスガスでピストンせざるを得ませんでした。BCの方がほとんどで、みなさん山頂からヤカイ沢へ滑走されてました。山の家方面へは向かい風になるので行かなかったのでしょう。ゼンノ沢方面はホワイトアウトで見られませんでした。

 一ノ肩先の木階段がある斜面にはクラックがありますので、そこも行かなかったようです。山頂からヤカイ沢へシュプールが何本もあり気持ちよさそうに滑走されてましたね。

 シリセードは新雪で滑りにくかったようです。shilokoさんはヤカイ沢に大きなシュプールを描いてましたから大したものです。昨年同様4月上旬の残雪期にまた訪れようかと思っております。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2019/2/19 6:57
 Re: ヤカイ沢BCシリセードは凄いです!
はれはらさんおはようございます。

新雪によりあまり速度が出ませんでした…。
デモ気を付けます。


まだ2月なのにふみぬく所もありました💧💧
春が来るのが早すぎるような…💧💧

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ