また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1732399 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

蛇谷北尾根〜十八丁尾根(有馬へ下山する別ルート)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年02月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:阪急バス80系統東おたふく山登山口BS
帰り:神鉄有馬温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鉢巻山トンネル横の旧道脇に十八丁尾根の取り付きがあります。(ガードレールに赤い六文銭のマーク)

【取り付き→十八丁山】
踏み跡がはっきりしており枝道に注意すれば迷うことはありません。
斜面が緩くなるところで沢に誘い込まれそうになるポイントがあるので注意です。
部分的に急坂があるので、積雪時には簡易アイゼン持参が望ましいです。

【十八丁山→有馬】
十八丁山のピークの少し北の分岐を左手の尾根に下ります。
踏み跡はところどころ不明瞭になります。芦有ドライブウェイの手前は藪気味に。灌木をかき分けながら進む必要があります。
余り歩かれていないので落ち葉が厚く滑りやすいです。
その他周辺情報有馬温泉金の湯で湯浴みの後、酒市場でビール。
過去天気図(気象庁) 2019年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヤマレコMAP 水500ml カロリーメイト2ブロック タオル 着替え ダウンジャケット 手袋 ヘッドライト 雨具 ニット帽

写真

今回は東おたふく山登山口BSから出発です。
2019年02月17日 10:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は東おたふく山登山口BSから出発です。
3
東おたふく山への分岐を左手に見ながら華麗にスルー。
2019年02月17日 10:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふく山への分岐を左手に見ながら華麗にスルー。
1
土樋割峠に到着。蛇谷北尾根へ進みます。
2019年02月17日 11:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土樋割峠に到着。蛇谷北尾根へ進みます。
3
激坂に繰り返しいじめられていると・・・
2019年02月17日 11:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激坂に繰り返しいじめられていると・・・
3
休憩ポイントにとうちゃこ。
2019年02月17日 11:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩ポイントにとうちゃこ。
2
最高峰方面への眺望がありました。霞んで見えるのは雪です><。
2019年02月17日 11:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰方面への眺望がありました。霞んで見えるのは雪です><。
6
尾根道から少しはずれて蛇谷北山のピークへ寄り道しました。
芦屋市最高峰だそうです。
2019年02月17日 11:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道から少しはずれて蛇谷北山のピークへ寄り道しました。
芦屋市最高峰だそうです。
7
南側の眺望も雪で霞んで見えます。
2019年02月17日 11:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の眺望も雪で霞んで見えます。
2
最後の急坂を登ると石宝殿に到着。
2019年02月17日 11:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急坂を登ると石宝殿に到着。
2
山頂付近だけに霧氷がありました。
2019年02月17日 11:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近だけに霧氷がありました。
5
鉢巻山トンネルの北側の旧道へ進みます。
2019年02月17日 11:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢巻山トンネルの北側の旧道へ進みます。
2
十八丁尾根の取り付き。有名な赤い六文銭が目印です。
2019年02月17日 11:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁尾根の取り付き。有名な赤い六文銭が目印です。
5
ロープで行く手が遮られています。右手へ。
2019年02月17日 11:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープで行く手が遮られています。右手へ。
2
踏み跡明瞭な細尾根が続きます。
2019年02月17日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭な細尾根が続きます。
2
イワカガミでしょうか?葉が紫色に変色しています。
2019年02月17日 12:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミでしょうか?葉が紫色に変色しています。
4
斜面が緩くなると踏み跡が不明瞭になりました。
2019年02月17日 12:11撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面が緩くなると踏み跡が不明瞭になりました。
2
右手の沢に引き込まれそうになりますが、道は前方の尾根に続いています。この区間唯一の道迷いポイントです。
2019年02月17日 12:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の沢に引き込まれそうになりますが、道は前方の尾根に続いています。この区間唯一の道迷いポイントです。
2
左手に瑞宝寺谷西尾根が見えています。
2019年02月17日 12:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に瑞宝寺谷西尾根が見えています。
3
芦有ドライブウェイが見えてきました。
2019年02月17日 12:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦有ドライブウェイが見えてきました。
1
左手の尾根に進みます。
2019年02月17日 12:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手の尾根に進みます。
1
十八丁山山頂にとうちゃこ。眺望はありませんでした。
2019年02月17日 12:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十八丁山山頂にとうちゃこ。眺望はありませんでした。
8
松尾橋方面の案内標識に従い下山します。
2019年02月17日 12:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾橋方面の案内標識に従い下山します。
2
少し先のピークに再び松尾橋方面の案内標識がありました。
今回は有馬方面へ下山するため左手の尾根へ進みます。
2019年02月17日 12:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先のピークに再び松尾橋方面の案内標識がありました。
今回は有馬方面へ下山するため左手の尾根へ進みます。
2
有馬方面への尾根道には踏み跡が現れたり消えたり。
2019年02月17日 12:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬方面への尾根道には踏み跡が現れたり消えたり。
2
どなたかが灌木を伐採して山道を保全してくださっているようです。感謝。
2019年02月17日 12:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どなたかが灌木を伐採して山道を保全してくださっているようです。感謝。
3
ここで踏み跡が消滅。藪漕ぎぎみになってきました。
2019年02月17日 12:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで踏み跡が消滅。藪漕ぎぎみになってきました。
2
芦有ドライブウェイ直前の斜面。落ち葉で滑り2mほど滑落しました。
2019年02月17日 12:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦有ドライブウェイ直前の斜面。落ち葉で滑り2mほど滑落しました。
3
芦有ドライブウェイを越え、向かい側斜面へ進みました。尾根沿いの踏み跡は比較的明瞭でした。
2019年02月17日 12:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦有ドライブウェイを越え、向かい側斜面へ進みました。尾根沿いの踏み跡は比較的明瞭でした。
2
尾根沿いにいくつか電柱がありました。
2019年02月17日 13:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いにいくつか電柱がありました。
2
有馬の町並み越しに落葉山が見えています。この角度から見る温泉街は新鮮でした。
2019年02月17日 13:04撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬の町並み越しに落葉山が見えています。この角度から見る温泉街は新鮮でした。
9
こんなところに出てきました。十八丁尾根から有馬へ下山する時にだけ利用価値のあるルートです。
2019年02月17日 13:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに出てきました。十八丁尾根から有馬へ下山する時にだけ利用価値のあるルートです。
3

感想/記録

裏六甲で未踏の十八丁尾根を歩いてみようと思い立ちました。
東おたふく山登山口までバス利用する時短バージョンで。
今日は小雪が舞うコンディションで、iPhoneのタッチパネルが結露で時々効かなくなりました。ヤマレコが使えなくなると困るのでジャケットのポケットで温めながら進みました。本格的な雪山へ行かれる方はスマホの保温をどうされているのでしょうか?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:346人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ